幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

たべもの

一番刈りのニラとの遭遇を狙って。

陳列棚からニラを取り上げて思わず二度見。 手にとった感触が普段よりも柔らかかったことから、ニラが旬を迎えたことを知る。 珍しさゼロと言っても過言ではないくらい年中手にするとこができるニラの旬は、3月から5月辺りである。 春キャベツや新玉ねぎの…

旬のレモンを使って、英国伝統の味・レモンカードを楽しんでみませんか。

レモン果汁を入れた白湯を飲むことを日課にしている。 面倒だとも感じないくらい習慣化してしまうと、体のリアクションが手に取るように感じられて面白い。 レモン白湯を寝起きの体に流し込むと、体がレモン白湯をぐんぐんと吸収していることが分かるのと同…

旬を迎えた春野菜とともに味わうカレイの魅力。

普段から繁盛している鮮魚店がある。 私は一度も利用したことがないのだけれど、聞くところによるとそのお店は、鮮魚だけではなく店主が店の奥で焼いた焼き魚や、煮つけなどのお惣菜の評判も高いのだそう。 その日もお店の前を通ると、いつものようにお客さ…

春告げわかめは、この時季のお楽しみの一つ。

私の、この時季のお楽しみのひとつに“春告げわかめ”を食すこと。というものがある。 今や、食材の多くが通年で手にすることができ、口にすることができるけれど、この環境が当たり前になってしまうと、 身勝手ではあるのだけれど、旬のものを旬に口にすると…

季節の変わり目に黒米のチカラを借りてみてはいかがでしょう。

雑穀を切らしていることを思い出し、外出ついでに購入して帰ることにした。 毎日口にしているわけではないのだけれど、体内環境を整えたいときに白米に混ぜたり、 サラダやスープの具、パンケーキを焼く際に生地に混ぜ込む具などとして使うなど、何かと重宝…

艶やかなピンク色をした豆、その名はルビーカカオ。

節分が終わり、本日は立春。 立春から立夏の前日までを春としており、暦の上では春が始まったわけなのだけれど、まだまだ厚手のコートやストールが手放せない。 それでも春は確実に近づいているようで、先日は少し小ぶりではあったものの、鮮やかな黄緑色を…

一方的な身勝手とともに味わった、いちご大福。

その日は、少しだけ残っていた大福茶を淹れ、お茶請けにと用意した“いちご大福”をお皿に乗せた。 お茶請けと一口に言ってもそのメニューは様々で、個人の好みや世代、その時々のトレンドや地域性が表れて面白い。 ここまでバリエーション豊かなのは、日本の…

多少萎んでしまっても、ハリが消えても大丈夫。本領発揮はこれからよ!

昨年の冬至に楽しんだ柚子湯。 いつもは2日間ほど楽しむことが多いのだけれど、昨年は思っていたよりも柚子の傷みが早く、1日のみとなった。 1日だけでも楽しめたのであれば御の字ではないかと、気持ちを落ち着かせていたはずなのに、 その後、足を運んだ…

一時期姿を消していたテフが再び!?|テフとは何ぞや?

今年に入り「テフ」を混ぜ込んでいるパンを幾度か目にした。 私の記憶も既に曖昧になってきているのだけれど、スーパーフードとして話題になったキヌアと同時期に目にするようになった食材だったように思う。 紹介されている画像などを見ると、キヌアやアマ…

「かぶ」は一石二鳥である。

今年は、「かぶ」を口にする機会が多い。 秋が深まってきた頃に手を伸ばした小かぶに始まり、大かぶ、赤かぶと楽しんでいる。 そして現在、我が家の野菜室には聖護院かぶらが、その時を待ち構えている。 生で食べても火を通しても甘くてジューシーな「かぶ」…

遺伝子組み換え食品って、どのような食品のこと?

とあるお店の前を通ったらシャッターが下りていた。 それくらいのことに反応することは滅多にないのだけれど、その日は違った。 初めて目にした、そのシャッターには大きなフランケンシュタインが描かれていた。 しかも、なかなかリアルなフランケンシュタイ…

健康も美味しさも楽しみ方いろいろ、お酒ではない煎り酒って何ぞや?

米どころで作られたお煎餅をお土産でいただいた。 薄すぎず厚すぎない絶妙な厚みをしたそれをパリッと割ると、内側からお米の香りが広がった。 まるで、しっかりと焼き目がついたお餅の焼き目部分を食べた様な気分だ。 パリッ、カリッといい音をリビングに響…

今年のラストスパートを前に、牡蠣のチカラを借りてみませんか。

12月は何かち忙しいという、この流れ。 そろそろ新しい流れにシフトしていくのではないだろうかと思いつつ、早何年が過ぎただろうか。 世の中の流れは仕方がないにしても、自分自身のことだけでもと思い、いくつかのモノゴトは前倒しするようにはなったの…

お好きな角度から「ゆず」を楽しんで下さいませ。

今年も冬至が近づいてまいりました。 これから本格的な冬がやってくるのですが、冬至は、一年で一番日が短くなる日。 ということは、冬至の翌日からは、少しずつ日が長くなっていくということです。 この様子を日本や中国では、冬至の日は太陽の力が一番弱く…

冬の“みかん”は、ここで選び分けて。

先日、日本の気象情報会社ウェザーニューズの、気象情報サイトをのぞいていたときのことだ。 ふと目に留まったのは、気象情報とは一切関係がない、美味しいみかんを選ぶポイントはヘタの大きさだという話題だった。 毎年幾度か手にするハズレのみかん(甘くな…

皆さんの体は冷えていませんか?調味料には体を温めるもの、冷やすものがあるんです。|体の冷え・調味料編

12月に入り、「体が冷える」という言葉を耳にする機会が増えたように思います。 皆さんの体は、冷えていませんか。いかがでしょうか。 冷えないように外側からの防寒対策を施すことも大切なことですが、今回は「調味料の使い方によって体を内側から冷えな…

ベラヴェカ(ベラベッカ)で、ほっと一息、いかがでしょうか。

朝食のパンを買いに、近所のパン屋へ向かった。 パンは必ずここで。と言えるくらいの情熱を向けている、特別なパン屋があるわけではないのだけれど、 幸い、満足できるパン屋が近所に点在しているため、都合や気分で向かう先を決めている。 その日は、用事つ…

薄力粉と中力粉、強力粉の違いを様々な視点で楽しみながら、何かしらの気付きのヒントに。

うどんを打とうかと思い薄力粉を取り出した。 薄力粉で作れないことはないのだけれど、やはりうどんは、中力粉以上の小麦粉で作る方が、 もっちりとした食感や、コシが短時間で整うような気がしている。 ここで言う「整う」というのはプロの味というレベルの…

米油(こめあぶら)とは?

ここ数年、揚げ物専用に使っている油を見直したくて数種類の油を使ってみた。 頻繁に揚げ物をするわけではないのだから、ある程度の条件を満たしていれば良いと思っていたのだけれど、 自宅で使う基本的な調味料は、塵も積もれば……だと改めて感じたことがき…

時季によって名を変えるフルーツ。あなたのお好みはどれですか? 

深い緑色と黄色のビタミンカラーの瑞々しい鮮やかさに惹かれ、早生みかん(わせみかん)を購入した。 自宅に帰り、袋からフルーツボウルの中へと移していると、 思っていたよりも実の大きさが疎らだったことに気が付いた。 しかしそれもまた、早生みかん(わせ…

アレルギーからアンチエイジングまでを網羅する旬のお野菜は、皮まで美味しく召し上がれ。

私の前を歩いていた女性が、4、5回ほど連続でクシャミをした。 とても辛かったのだろう。 歩きながら鞄の中からティッシュを取り出し、豪快に鼻をかんだ。 やはり、秋は秋で花粉は飛んでいるのだろうと思った。 私はアレルギー体質、花粉症ではあるものの…

常用オイルの見直し候補に、グレープシードオイルはいかがでしょうか。

先日、我が家の常用オイルであるオリーブオイルを、うっかり切らしてしまい買いに行ったのです。 オリーブオイルの種類は年々増えているように感じているのですが、 負けず劣らず、陳列数を増やしているのがグレープシードオイルです。 オイルのお話は、細胞…

里芋の、ちょっとイイトコのぞいてみませんか。

寝苦しさからも解放されたこの頃、 食卓に、秋の味覚が上がる割合も、随分と増えてきているのではないでしょうか。 気温が下がり始めるにつれ手が伸びる機会が増える、今が旬の里芋。 一見地味に見える食材ですが、和食にも洋食にもデザートにも使うことがで…

ウニから連想するもの。ウニがまとうもの。

美味しい魚介類が食べたくなり、観光地化して賑わっている市場へ行った。 建物内に足を踏み入れると、ヒンヤリとした冷たい空気と威勢の良い声に出迎えられた。 新鮮な魚介類や、その土地ならではの山の食材、加工食品などを覗き込み、 買って帰るものを吟味…

これからの季節に上手に取り入れたい“お餅”のチカラ。

白米の消費量が減ってきているという話はよく耳にするのだけれど、 近年、食の好みではなく、糖質制限によるダイエットを実践する方の数も増え、 お米やもち米の消費量が更に減少の傾向にあるのだそう。 そのような話をしてくれたのは、米粉を使ったパンも扱…

一度食べるだけで嬉しい効果が3日間も持続するフルーツって何?

目に留まったタルトに、たっぷりと乗せられていたのは、そろそろ旬を終えるパパイヤだった。 熱帯地域で栽培されているフルーツで、国内では沖縄や鹿児島などで栽培されている。 しっかりと熟した黄色いパパイヤは酸味や苦みがなく、まったりとした甘さが人…

似ているけれど、ちょっぴり異なるトマトの加工品。

食材が煮込まれていくときに出るグツグツという音をBGMに、 キッチンに持ち込んだ資料に目を通す時間が好きだ。 きっと、少しずつ在り方を変えていく音や香りに五感が程よく反応するからだろうと思う。 いくらエアコンが効いている場所だとは言え、少し前…

冷凍食材のチカラを知ってみる。

冷凍庫に忍ばせていたはずのパイ生地が見当たらない。 何処へ消えてしまったのだろうかと隅々まで見渡してみたけれど、やはり無い。 当然、私が使い切ってしまったのだけれども、脳内にある記憶は書き換えられておらず、 パイ生地があるという前提で作ってし…

オーストラリア発祥の、体に優しいブリスボールとは何ぞや?

最近は、日本でもSNSでオリジナルレシピを公開する人が増えているブリスボール。 私は自分で作ったことはなく、数年前だっただろうか。 ヘルスボムという商品名で、オーストラリアから輸入されたものを何度か口にしたことがあるのだけれど、 その食感は、…

この時季に食べておきたい茄子の栄養と、食べ合わせのコツ。

陳列棚にズラリと並べられた茄子を眺めながら、茄子の種類も年々増えているのかしらと思う。 どの茄子も皮がパンッと張っており、まだまだ旬であることが分かる。 焼き茄子の香ばしい香りを想像しながら、それに合いそうな茄子を手にとった。 茄子は和食にも…