幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

やってみよう

レインブーツやレインシューズのお手入れで、お気に入りを長く楽しんでみませんか。

梅雨入りし始めていることもあり、お気に入りのレインブーツの出番が増えてきた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 私も、愛用しているレインブーツを取り出しやすい位置に置き換えたところです。 季節を問わず雨の日に重宝するレインブーツで…

褒めまくるくらいが丁度イイ。そういう時季もあるのです。

真っ白な空から落ちてくる、押し寄せる夏に待ったをかけるような雨を眺めながら、 今年の、少し生ぬるい梅雨の匂いを吸い込んだ。 テーブルの上で震えたスマートフォンを覘くと、 遠方に住む友人が、「そろそろ送ってもいい頃かと思って」というメッセージと…

いつもの楽しみを、ほんの少し深めて、暮らしに優しい奥行きを。

愛飲していた紅茶葉が底をついた。 他にも常備している茶葉はあるのだけれど、買ってくるまでは、その紅茶を飲むことはできないと意識した途端、 その紅茶を無性に飲みたくなる、あの心理は何だろうか。 ないものねだりにも近い感情に脳内をかき回され、やれ…

スクラッチアートとは何ぞや?

色鉛筆やカラーペン、パステルを取り出して、ひと通りのお手入れを施した。 やはり、あるべき姿を取り戻した道具は、背筋がスッと伸びるような空気を醸し出す。 それらを所定の位置へ片付けていると、随分と前に購入したままになっていたスクラッチアートブ…

よろしければ、お魚の皮も召し上がって。

肉厚でぷりっとしたお姿がたまらない鮭を、じっくりと焼き上げた。 皮まで美味しく食べられるように、皮目はひと手間をかけてパリッと仕上げた。 何気ない焼き魚も、丁寧な気持ちで調理をすると、 心なしか、時間に追われるようにして焼いたそれと比べると、…

今年の小さな挑戦に、グリルエッグ作りなんていかがでしょうか。

久しぶりに、ふわトロッとした厚焼き玉子で作られた玉子サンドを口にした。 その安定した美味しさと共に至福の時を味わった。 日本では、安全性が高い卵をリーズナブルな価格で購入することができるため、 海外と比べると卵料理のメニューが非常に豊富だ。 …

線香花火の移り行く表情の変化、線香花火の一生は、こうして楽しんで。 

ふらりと立ち寄った和雑貨店の一角に、ひと足早い線香花火が置いてあった。 木箱に入れられているそれを手に取ると、 火薬が浴衣の柄のようなシックな和紙に包まれた花火がお行儀よく納まっていた。 毎年限定数で取り扱っている線香花火で、入荷すると3、4…

早めに眠りにつきたい日の朝食に加えたいもの。

ライフスタイルが不規則な私は、寝る時間も起きる時間も日々バラバラである。 慣れてしまえばバラバラであることが、一種の規則のようなものでもあり、 そこに不満や不便といったものを感じたことはないのだけれど、 ひとつだけ、困っていることがあるのだ。…

ペットボトル冷灸で夏日も爽やかに。

その日は、夏日と言ってもおかしくないくらいにエネルギッシュな1日だった。 駅のホームではスーツ姿の方々が、ハンカチやタオルで汗を拭う姿が印象的で、 既に夏の装いに近い方も大勢いらしたように思う。 昨年、数年前から地味に広がりつつある「ペットボ…

はんなり菊醤油体験、いかがでしょうか。

先日、出先で旬のお刺身をいただく機会があったのですが、 お刺身に負けないくらいの瑞々しさを解き放っている黄色い小菊が2輪も添えてあり、 嬉しくなった柊希でございます。 お刺身に添えられている小さくて可愛らしい菊、 安全なものだということも、食…

液体漂白剤に触れた手がぬるついてしまうカラクリと対処法。

考え事をしながら、詰め替え用の液体漂白剤をボトルに移し替えていたときのこと。 まるで、上の空である手元に注意を促すことを求めるかのように、 ボトルの底がつるりと滑り、行き先口を失った液体漂白剤がパックの口から排水溝へと流れていった。 もっと注…

暮らしを楽しむ先にあるもの。

早くも「冷やし中華、あります」の文字を目にした。 季節を楽しむことに長けており、季節を先取りすることが粋だとされてきた日本人の心は、 DNAレベルで組み込まれているに違いない。 そう思う瞬間のひとつである「冷やし中華、あります」「冷やし中華、…

簡単なテーピング技を使って、軽やかな足で楽しむ季節のイベント。

バッグの中身を取り出していると、内ポケットからテーピング用のテープが出てきた。 こんなところにあったのかと思いながら、 メモ帳の裏表紙にペタッとくっついた状態のそれを丁寧に剥がし取った。 先日、シューフィッターの方から偏平足のことを教えていた…

幸せホルモンを、使うペンの色で出してみる!?

愛用しているボールペンのインクが切れ、替え芯を求めて売り場を目指した。 いつもの買い置きの量では、そう長くはもたないことが分かり、 今回は、いつもよりも多い量の替え芯を購入することにした。 深い青色をしたそれを手に取り本数を数える。 10本も…

春の夜空から腸内環境まで!? 

「そら」が好きなこともあり、ただただ空を見上げているだけという時間がある。 それでも冬は、防寒をしていても、早々に切り上げて暖かい室内へと戻ることが多かった。 しかし、寒さが和らいでくると、星空を見上げる機会や時間は自然と増えてゆく。 それな…

自分に贈る花。

ここ数か月間の日課だった「エアコンのスイッチを押すこと」から、いつの間にか解放されていた。 ブラインドを開けて室内に取り込む朝陽も随分と暖かみを帯び、 昨日よりもまた少し、春が増したように思う。 コーヒーメーカーに、豆やフィルター、水をセット…

クエン酸を使いこなして、汗のニオイケアをしてみませんか。

暖かくなってきたからでしょうね。 ドラッグストアやバラエティーショップなどで制汗剤などが、 目に付きやすい場所に配置換えしてあるように思います。 このようなアイテムを使ったケアももちろん効果的なのですが、 粉末タイプのクエン酸をお洗濯や入浴に…

手のひらの上でコイウラナイ。

ぽっかりと中途半端に空いた時間を持て余し、 偶然目に入った雑貨店らしきドアを押し開け店内に足を踏み入れた。 様々な時代の雑貨が所狭しと並べられたそこは、まるでおもちゃ箱の中のようだった。 一見、スペースと言うスペースに、 ぎゅうぎゅうに押し込…

“いってらっしゃい”と“いってきます”は別腹でどうぞ。

マンションのエントランスを出ようとしたとき、後方から1人の少年が、私の横を疾風の如く走り抜けていった。 その少年を追うように聞こえた「行ってきます、は?」という母親らしき女性の声に 少し遠くから「いってきます」と少年の声が聞こえた。 そして、…

スキマ時間にチェアヨガ、してみませんか。

最寄駅から自宅へ向かう道すがら、新しくオープンしたヨガスタジオを2軒ほど目にした。 徒歩圏内に何軒あるのだろうか、そう思ってしまうくらい、ここ数年で随分と増えたように思う。 一見簡単そうに見えるけれど、呼吸を丁寧に行いながら作る一つ一つのポ…

あなたの名前と住所を電話で正確に伝えるためのシュミレーション。

先日、あるカスタマーサービスセンターへ電話を入れた。 込み合っていたようで保留音とメッセージを繰り返し聞きながら順番を待っていた。 不特定多数の人たちからの電話を受けるオペレーターというお仕事も大変だろうなと 想像を膨らませていると私の電話が…

スーパーブルーブラッドムーンに願いを込めて。

今夜は今月2回目の満月が見ることができます。 満月というだけではなく、今年注目されている天体ショーのひとつでもある「皆既月食」が起こることもあり、 様々な媒体で取り上げられているのを見聞きしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今夜…

静電気によってお洋服が体に張り付いたときの応急処置はこれでOK。

頭の中を空っぽにしたくて近所のカフェでお茶をしていたときのこと。 いつものように街行く人を目で追っていた。 声も想いも見えはしないけれど、人の数だけ声も想いもあるのだと思うと、 目の前の景色がぐっと力強く目に映るような気がした。 しばらくする…

少しずつ始める冬支度|靴専用カイロでオシャレを楽しみながら冷えない体を足裏から。

風が冷たい。 日に日にその冷たさが増しているように思い、 靴専用のカイロをシューズボックスに常備しておくべく、 出かけついでにドラッグストアへ向かった。 シューズアイテムを各種常備しているのだけれど、 靴専用のカイロはこの時期に追加するお決まり…

年齢を問わず、まつ毛ダニにはご用心。

友人からの電話に出ると挨拶もそこそこ、「まつ毛ダニって知ってる?」と尋ねられた。 「顔ダニなら知ってるけれど、それとは別?」 「別」 そう言って話を続けた友人は、ここ数か月間ほど、目の痒みが治まらなかったのだそう。 そして、長引く痒みに耐え切…

大人の特権、使っていますか?

「今だったら学校での授業をもっと真面目に聞くよね。」 「色々な余裕が持てるのなら、今一番興味があることを勉強し直してみたいよね。」 「とは言っても、無いものねだりのように思うこともあるけれど。」 「授業というより、もう一度、あの頃からやり直し…

貝の砂抜きはお湯でサクッと簡単に。

アサリが冷蔵庫の中で待機していたからなのか、 無性に、ボンゴレが食べたい、そう思いキッチンに立った。 随分と前に調理師免許を持っているという知人に、 お湯を使った砂抜きを教えていただいたのだけれども、 これを知ってから私が貝類の砂抜きにかける…

艶やかな赤を楽しみながら難を転じて福となす。

お店の前に置かれていた寄せ植えの鉢に視線を落とすと、南天の実が真っ赤に色づいていた。 赤く染まっていく南天を目にする度に、 すぐそこまで来ている本格的な冬の気配を感じるのも毎年のことだ。 南天は、5月から6月ごろに可愛らしい白い花を咲かせた後…

壁紙についてしまった手垢汚れや頑固な汚れを楽して落とす。

お掃除グッズや洗剤も多種多様ありますが、年末に向けてのことなのでしょうね。 専用の洗剤が陳列棚に並べられる時期になりました。 少しずつお掃除の話もさせていただいておりますが、 今回は壁紙のお掃除に関するお話を少し、と思っております。 年末のお…

忍び寄るファントムにご注意あれ。|ファントム・バイブレーション・シンドロームとは?

友人と食事をしていたときのこと。 食事中に「ごめん」そう言って友人がバッグの中からスマートフォンを取りだしては首を傾げ、 「柊希のスマホ、鳴ってない?」と言うことが数回続いた。 食事の手を動かしながら、鳴っていないと答える私を信用できなかった…