幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

オトナの知識

お酒の席でのペナルティーは、お手柔らかに。

初めて入ったそこは、全席が半個室のような作りになっており、店内が迷路のように入り組んでいた。 席へと案内されながら、これは、お化粧室から出たら自分の席がどこなのか分からなくなるパターンだ、と思った。 プライバシーが守られはするのだけれど天井…

“ダイエットとはこういうものだ”という思い込みを少しずつ書き換える!?

先日、知人とのやり取りの中で、ダイエットサプリメントに関する話題があがった。 どこどこのあれが効く、効くらしい、といった類の話ではなく、 ダイエットサプリメントと一口に言っても、国内外でその傾向は異なるという話だ。 これだけ、流通システムが発…

『麒麟』数珠繋ぎ。

収納庫の中に、置き場所が決まっていないものを入れておく仮保存ボックスがある。 先日の、夏越の大祓ついでに久しぶりに、その箱の中を覘いてみた。 プチプチに包まれた小さなそれを手にとり、中身を確認した。 それは繊細な木彫りで作られた一対の麒麟の置…

今更聞けないオトナのために|“心配り”“気配り”“気遣い”の違いを、こっそり再確認。

日本語は難しいけれど面白い、そう言ったのは、イギリス北部で暮らしている知人だ。 大らかな性格と、少々聞き取りにくいと感じる訛りが、愛らしい。 外国人観光客と接する機会がある仕事をしているため、 簡単な意思疎通くらいは各国の言葉で交わすことがで…

ブドウのブルームとは何ぞや?

旬ならではの華やかさをまとったフルーツを見ると、ついテンションがあがってしまう。 形状さえ拘らなければ、いつだって口にできるフルーツが多いけれど、 あの果実ならではの華やかさは、果実自身が自分の熟れ時や食べ頃の、 見せ方、知らせ方を知っている…

保冷バッグに入れてはいけないもの、分かりますか?

保冷バッグの中に入っていた保冷剤を冷凍庫へ入れながら、 先月だっただろうか、最近SNS上で話題になっていた話を思い出した。 これから保冷剤同様に活躍するであろう保冷バッグだけれど、 この中に入れてはいけないものがあるという。 そう言われて、皆…

名刺の扱いに添える心遣い。

一年振り?いや、もっと? そのような返しから始まった外国の知人とのやり取り。 また少し、自分のボキャブラリーが、ザルの目から抜け落ちているように感じ焦ったりもして。 残念ながら、私の場合、三つ子の魂百までといったレベルではないのだろう。 次の…

懐かしさが運んできた驚きと切なさと。

公園の前を通ると小学生くらいの女の子たちが楽しそうにブランコを漕いでいた。 年々、公園から姿を消していると聞くブランコだけれども、この公園にはあるのだなと思った。 ブランコを最後に漕いだのはいつだろうとふと思う。 思い出せないほど遠い日なのだ…

旬とイチジク数珠繋ぎ。

以前、食育に携わっている知人から、このような嘘のような本当の話を聞いた。 それは、小さな子どもたちの中には、水族館やテレビ、絵本などの中で目にする魚と、 食事として出る魚が同じものだと認識していない子がいるのだとか。 自分が口にしている魚が海…

鮎に魅了されるわけ。

時間を持て余し、パラパラと情報誌を捲っていると鮎の塩焼きの画像が目に入った。 梅雨明けはいつ頃かしらと思っていると、こうして初夏の訪れを告げる鮎が目に入る。 日本には、四季があるだけではなく、 その四季が移り行く過程までも、丁寧に感じられるき…

スナック菓子の野望をのぞく。

ある場所でお酒をいただいていた時のこと。 目の前のお皿の上には、ナッツやチーズの横に、ちょっとしたスナック菓子が盛られていた。 時折、そのお皿に手を伸ばしていたのだけれど、 同席していた一人が「こういうスナック菓子は、一度手を伸ばしたら最後、…

杏仁豆腐のカラクリとは。

赤いクコの実が映える杏仁豆腐が目に入り、思わず手を伸ばした。 杏仁豆腐と一口に言っても、お店や作り手によって、その食感や味の振り幅が大きい。 私は、もっちりとした、スプーンに吸い付いてくるような食感で、 杏仁がこれでもかと濃く感じられる杏仁豆…

秋刀魚のヒミツ。

秋刀魚の塩焼きを味わっていたときのこと。 ふと、さかなクンのように、豊富な魚の知識を持った方がいたことを思い出した。 その方とは仕事をご一緒したのだけれど、彼が使っていたPC画面には、 初めて目にするような魚の画像が壁紙として使われていたし、…

発展するものと衰退するものはコインの裏表のようだ。

デジタル錠剤というものがあるという。 昨年末、アメリカで初めて、センサーを内蔵しているデジタル錠剤の製造が承認されたのだそう。 この錠剤の開発には日本の製薬会社も携わっているのだそう。 そもそも、デジタル錠剤とは?と思い少し調べてみることにし…

身近なもののルーツを覘く旅|私たちの体内では作ることができないビタミンC。

酸っぱい。 フレッシュなレモンを絞った常温のレモン水でひと息ついた。 この酸っぱさが、いかにもビタミンC補給中という感じがしてイイ。 しばらくの間、指先からも爽やかな香りが漂い、午後の作業も捗りそうだと思った。 ビタミンCを補給しなくては!と…

“なんちゃってシンメトリー”の、アンバランスなバランスに魅せられる。

先日、西洋のシンメトリー文化、日本のアシンメトリー文化の話題に触れたからだと思っているのだけれど、 そのような視点に絡む話がポツリ、ポツリと舞い込んできている。 それならば、この流れに身を任せ、今回は、先日の視点とは少し異なる、 それぞれの様…

言葉と雨と仇討と。|梅雨には性別がある!?今年の梅雨はどちらかしら。

数日前のこと。 少し肌寒いかもしれないからと選んで着た洋服が、一歩外に出てみると既に「暑いっ」と感じた。 その翌日、もうすっかり日も暮れたというのに家の中が蒸し暑く、家中の窓を豪快に開け放った。 また一歩、夏が近づいてきたと思うや否や「梅雨」…

キューピッドよ、弓矢の技術を磨きたまえ!?|ギリシャ神話から見るアネモネ編

電車内の座席に座っていた。 途中、ドアが開き、大勢の乗客が降りていった。 すぐに、外の新鮮な空気を車内に連れ込むようにして、新たな乗客が乗り込んできた。 そのような普段通りの光景を眺めていると、どこからともなく、花の香りが漂ってきた。 それは…

ベジタブル・フィッシュに寄せる期待。

肉と魚を食べることができない友人がいる。 好き嫌いではなく、ある時からアレルギーが出るようになり、ドクターストップがかかったという。 私が出会った時には、既に、その状態が友人にとって当たり前の生活となっていた。 大勢で食事をすることがあっても…

“魔女の一撃”は使える?使えない?

知人から、ぎっくり腰を患ったと連絡がきた。 違和感を抱いたままの無理な体勢で、非常に重いダンボールを持ちあげるや否や、 腰に、今まで感じたことがないような激痛が走り動けなくなってしまったのだそう。 知人は、その時のことを、急にやってくる激痛と…

線香花火の移り行く表情の変化、線香花火の一生は、こうして楽しんで。 

ふらりと立ち寄った和雑貨店の一角に、ひと足早い線香花火が置いてあった。 木箱に入れられているそれを手に取ると、 火薬が浴衣の柄のようなシックな和紙に包まれた花火がお行儀よく納まっていた。 毎年限定数で取り扱っている線香花火で、入荷すると3、4…

読書気分で要点だけをつまみ食い|恋路の邪魔をするニンニク臭。

書棚を整理していると、1冊だけ、随分と古くなっている源氏物語が目に入った。 源氏物語は、純粋に作品として楽しむこともできるものだけれど、 物語の中には当時の人々が触れていた香りや、感じていたにおいに関する記述も多く登場するため、 香りやにおい…

和食とトッピングと苺のヘタ。

小料理屋で食事をしていた時のこと。 席をひとつ空けて隣に座っていたご年配の方と店主との会話が耳に届いた。 ご年配の方が言うには、最近は、トッピングを選ぶことができるお店が随分と増えており、 多種多様な選択肢の中から、いくつかのトッピングを手際…

この豪快さ、嫌いじゃないわ。

近所にある、リニューアルオープン間近のお店の前を通り過ぎようとしていた時だ。 作業中の一人が、「間違ってるぞ」と大きな声を上げた。 その声につられて、声が向けられた先へ視線を向けると、 掲げた看板の文字に間違いを見つけたようだった。 道具を使…

はんなり菊醤油体験、いかがでしょうか。

先日、出先で旬のお刺身をいただく機会があったのですが、 お刺身に負けないくらいの瑞々しさを解き放っている黄色い小菊が2輪も添えてあり、 嬉しくなった柊希でございます。 お刺身に添えられている小さくて可愛らしい菊、 安全なものだということも、食…

日本古来の藤の花から見る世界。

藤棚が美しい季節になった。 紫色の花房が垂れ下がる姿が美しい、日本古来の花と言われる藤(ふじ)は、 古くから人々の心を魅了し、古典や絵画などの中にも多く登場するモチーフだ。 その見た目の印象から想像するよりも強く、はっきりとした甘い香りは、 今…

チーズと夢を楽しむ遊び心。

起床を知らせる目覚まし音がベッドルームに響いた。 出来るだけ穏やかに起きられるようにと“鳥のさえずり”を選んでみたのだけれど、 朝に弱い私にとってその音は、“鳥のさえずり”と呼べるほど穏やかなものではなく、 心地より眠りから私を強引に引きずり出す…

伝える責任、伝え方の責任。

お洗濯が終わった衣類をたたみながら思い出したことがある。 それは、「お洗濯をして干した衣類は、一度たたんでから着用しなくてはいけない」という風習だ。 様々な出身地の方と、この話題で話したことがあるけれど、 そのように言われて育ったという方もい…

カニステルとは何ぞや?

ここに足を運んでくださっている方の中に、 沖縄とのご縁が深い方がどれほどいらっしゃるかは分からないけれど、 ワタクシ最近、遅ればせながら沖縄の“カニステル”という名の不思議なフルーツの存在を知ったのだ。 沖縄に恋焦がれている友人が、沖縄へ足を運…

黄色いカロライナジャスミンにご用心。

この時季は、掃除を終え、ハチミツを入れたミルクティーでひと息ついていると、 開け放っている窓から入ってくる風が季節の香りを運んでくる。 春の香りも日々異なっており、その全てを記憶しておくことができないことを、 少しばかり惜しく思うことがある。…