幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

世の中をチラリ覗き見

『アニマルウェルフェア』とは何かしら?|私たちの暮らしをアニマルウェルフェア視点で見てみませんか。

今年の夏、久しぶりに食材に関する知識をブラッシュアップさせる機会があった。 もともとは、必要に迫られて家族の為に得た様々な知識だったけれど、 それらがベースとなり、年月を経る中で少しずつ暮らしや美容、健康にと幅広くリンクし、 気付けば私の生活…

転がる1円硬貨から覗いた世界。

コンビニのレジに並んでいたときのこと。 私の前にいたサラリーマンが店員から受け取った小銭をバラバラッと落とした。 私のもとへ転がってきた硬貨を拾い上げようとしゃがんだら、 硬貨が軽やかに方向転換し、私の横をすり抜けて転がっていったものだから、…

ドローンと、イチゴと、てんとう虫と。

天日干しをしていたお布団を取り込もうとベランダへ出た。 ここで以前、「天日干し後のお布団の香り」への複雑な思いを解き放ってから、 もう、お日様の匂いに簡単に浮かれることはないのかもしれない、と思っていた。 だけれども、あのふっくらとしたお布団…

ありがとうの気持ちから始まった想いが笑顔と共に広がる日。|日比谷松本楼の10円カレーチャリティ

9月25日は10円カレーの日。 これは、東京の日比谷公園内にあるレストラン「松本楼」の再建を記念して制定されたもの。 日比谷松本楼は、明治36年に日本で初めての洋式公園として誕生した日比谷公園と 時を同じくしてオープンした、今年で創業114周…

未来を前向きなものにするのは些細なこと。

何度か足を運んでいる水族館があるのだけれど、 私のタイミングが悪いのか、ご縁がないのか、どういう訳だかサメにだけ会えない。 時々、テレビや雑誌でも見かける水族館で、 取り上げられる際には必ずと言っていいほど、サメも紹介されている。 サメに会え…

コシャリとは、何?誰?どこ?

久しぶりにコンタクトをとった友人と、 各々が最近夢中になっていることや、気になっていることなどを話した。 ライフスタイルや趣味趣向が同じ場合はベースを共有できている上で、 互いの感性の違いから、その世界を更に多面的かつ深く知ることができること…

エイリアンのお味はいかに!?

普段は、ほとんど連絡を取ることもないのだけれど、 4、5年に一度ほどだろうか、旅に行く同世代のメンバーがいる。 頻繁に近況報告をしあう程べったりではないのだけれど、 企画が持ち上がればスッと集合できる間柄に、 私自身、思っている以上に助けられ…

「フェス」の意味、正しく理解できていますか?

すれ違いざまに、「最近、何でもフェスだね。」という言葉が耳に届いた。 他人様の会話の一部だったのだけれども、 心の中で「確かに」と頷きながら、横断歩道少し手前で立ち止まり、赤信号を見上げた。 2、3年ほど前だっただろうか。 外国の友人たちとSNS…

「自分で選ぶ」ということにストレスを感じることはありますか。

先日、ある紙面に目を通していると興味深い記事に遭遇した。 それは、ニューロナビと呼ばれる、 脳波を使った観光ナビシステムの体験イベントが行われたというもの。 これだけでは、どのような観光ナビシステムなのか、 いまひとつ分かり難いので簡単に説明…

じゃんけんに登場する「ぴゅい」ってなあに?

先日、あることを決める際に「じゃんけん」を使った。 オトナになると「じゃんけん」をする機会も減るものなのだな、とふと思う。 どこの国にも「じゃんけん」のようなものがあるけれど、 日本発祥のそれとは少々異なるスタイルの国もある。 それを知ったの…

カタログを捲ると現れる異国の世界をちらり覗き見。

休憩ついでに、あるカタログをペラペラと捲っていた。 ウェブカタログも多くなってきているけれど、 限りある資源を使ってゴミを出してしまうということと処分する手間を除いては、 紙を捲るときの指先の感触と紙の音はなかなか良いものだと思っている。 つ…

日本の日傘文化から世界を覗き見してみませんか?

これって本当なの? 友人が私に送ってきた動画には、 日傘を差しながらスクランブル交差点を行き交う女性たちの姿が収められていた。 友人の母親が初めての日本を旅行中とのことだったのだけれども、 彼女の母親にとって、一番の驚きは日傘を差す日本人女性…

世の中をチラリ覗き見|今どきのキノコは食べて楽しむだけではないようです。

立派なシイタケが届いたものだから、 シンプルに焼き上げてバター醤油でいただいたのです。 食べごたえのある肉厚さと旨みがたっぷりと溢れ出るジューシーさに、 お酒も文句なしにすすんだのです。 そのような話を友人にしたところ、今どきのキノコは食べる…