幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

外国のおはなし

狼の口と、どこの国にもある十人十色。

昨年末に準備したお正月用の切り花が未だに元気に咲いてくれている。 幾度となく行った水あげが功を奏したのだろう。 一度はそのお役目を終えようとしていた花たちが息を吹き返し、 気付けば一か月ほど咲き続けてくれている。 もちろん、随分と小さなブーケ…

常識は非常識に、非常識は常識にもなり得る。

仕事の都合でヨーロッパへ引越した友人が、 「髪の毛がこんな風になってしまいました」というメッセージと共に 豪快な寝ぐせが付いた写真を送ってきた。 始めは、その豪快な寝ぐせを見て笑わせてもらっていたのだけれど、 艶やかなロングヘアーがトレードマ…

ゴボウを“ただの根っこ”だと侮るなかれ。

しっかりと味がしみ込んだゴボウをキッチンで摘まみ食い。 地味な出で立ちとシャクシャクとした歯ごたえは、癖になる。 摘まみ食いをするその時まで、 私の記憶からはすっぽりと抜け落ちていたのだけれど、 高校生の頃に素敵だと思い眺めていたモデルさんが…

思わず口ずさんでしまうメロディーに紛れ込んでいる、真実とは。 

近所にあるプレスクールの前を通ると可愛らしい声でロンドン橋が聞こえてきた。 ※ここで言うプレスクールとは、0歳児から小学校に入る前までの子どもたちに対して、英語で保育が行われる日本の育児施設のことで、幼稚園のような位置づけの場所のこと。 久し…

今年は“クリスマス・クラッカー”を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

日本でも少しずつ見かけられるようになってきた“クリスマス・クラッカー”。 今回は、クリスマス・クラッカーのお話を少し、と思っております。 ご興味ありましたら、ちらりと覘いていってくださいませ。 このクリスマス・クラッカー、 イギリスのクリスマス…

月の金属と太陽の雫。

少し前に、ピカールのお話をしたからだと思うのだけれども、 最近、磨きたい、いや、磨き上げたい気分が沸々と湧き上がっている。 それならば、目につく場所を徹底的に磨きあげれば大掃除も完璧で一石二鳥じゃない! と思うのだけれども、そうは問屋が卸さな…

蛍の光でココロ旅。

どこからか「蛍の光」が聞こえてきた。 卒業式や、お店の閉店時間を知らせるとき、 これからであれば、NHKの紅白歌合戦をご覧になる方は、そのエンディングでも耳にするであろう、あのお馴染みの曲だ。 日本人が「蛍の光」を耳にするとき、 胸の奥をキュ…

“肩こり”が“カタコリ”になる日がくるのかも?

先日、今年初めての「よいお年を」という言葉を発した。 お互いにそう発したあと、「今年も何だかんだ早いですね」と笑い合った。 人に限らず、時間にも季節にもそれぞれ自分のペースがあるようで、 相変わらず、私を待っていてはくれないようだ。 どのよう…

オトナの知識|クリスマスオーナメントに込められている意味とは?(オーナメントボール編)

学生の集団とすれ違った。 輪の中から漏れ聞こえてきた「冬休み」という言葉に釣られて、 今の私にとっての素敵な冬時間を妄想した。 少々壮大が過ぎた妄想世界から私を現実世界に引き戻したのは、 歩行者信号機から流れる青のメロディー。 大切な、大好きな…

信頼の乾杯と悪魔祓いの乾杯と。

飲み物が運ばれてくるのを待っていると、 「「カンパーイ」」とあちらこちらのテーブルから聞こえてきた。 どのテーブルからも、肩の力がふっと抜けたような穏やかな空気が感じられ、 その空気は、こちらまで伝染してくるようだった。 世界各国に乾杯は存在…

プリンセスアリエルのお父さんはマンホールの蓋!?ってどういうこと?

年末の大掃除も兼ねて古い写真を整理していたら、 “真実の口”の名で知られているモニュメントの前で撮った写真が出てきた。 幼い自分を懐かしく思いつつ、 教会の奥に設置されていた真実の口を間近で見るために並んだ当時のことを思い返した。 “真実の口”と…

誤読されたままのアラフォー男性の熱い想い。

電話をかけた。 調べものをお願いしたこともあり、しばらくの間、保留音を楽しむことになった。 流れてきたのはベートーヴェン作曲の『エリーゼのために』。 保留音とは言え、こんなにゆっくりと『エリーゼのために』を聴くのは久しぶり。 この曲は、学生の…

黒いサンタクロースがいるって本当?

クリスマスオーナメントだけでなくクリスマスコスチュームを目にする機会も増えたように思う。 ハロウィンの仮装が定着したこともあり、 仮装することに恥ずかしさを感じていた人たちのハードルも下がりつつあるのだろうか。 そのようなことを思いながら店内…

日本のハロウィンを見て思うこと。

Happy Halloween! 既にハロウィンパーティーを終えた方々も多いかと思うのですが、 今年もやってきましたね、ハロウィン。 今年の我が家は少々慌ただしくしていることもあり、 小さなハロウィンインテリアをお手入れも兼ねて引っ張り出して、 カボチャを味…

フリーマーケットは自由な市場ではない!?正しくは……?

曜日感覚が乏しい私は、人の往来多さで祝祭日に気付くことが多い。 その日も家族連れを多く見かけるような気がして、 バッグの中からスマートフォンを取り出すと、カレンダーが日曜日を示していた。 すれ違う人たちが向かう先を目で追う途中でフリーマーケッ…

雨の日も、ちょっぴりついていない日も、小さな魔法で晴れの日に。

雨は嫌いではないのだけれど、外出するとなると少々話が変わってくる。 その日は、雨を押してでも外出しなければいけない時用にと準備してある、 お気に入りのレインブーツに足を入れ、玄関ドアを押し開けた。 雨の日にだけ使うことができるアイテムに気分が…

ドローンと、イチゴと、てんとう虫と。

天日干しをしていたお布団を取り込もうとベランダへ出た。 ここで以前、「天日干し後のお布団の香り」への複雑な思いを解き放ってから、 もう、お日様の匂いに簡単に浮かれることはないのかもしれない、と思っていた。 だけれども、あのふっくらとしたお布団…

コシャリとは、何?誰?どこ?

久しぶりにコンタクトをとった友人と、 各々が最近夢中になっていることや、気になっていることなどを話した。 ライフスタイルや趣味嗜好が同じ場合はベースを共有できている上で、 互いの感性の違いから、その世界を更に多面的かつ深く知ることができること…

世に飛び出したフレンチトーストよ、胸張っていこ。

自宅から少し離れた所に、時々、足を運ぶパン屋がある。 入り口の重いドア-を引き開けると、美味しそうなパンの香りと、 真っ直ぐな眼差しでパンを選んでいる先客たちの空気が出迎えてくれる。 シンプルな食パンやバゲットを筆頭に各種フランスパン、 季節…

所変われば品変わる、なのである。

自分でもびっくりしてしまうくらい大きな音でお腹が鳴った。 時計を見ると午後4時だった。 我が家の夕食は少々遅い時間に始まるため、 この時間が私にとってのティータイムだ。 小腹も空いたこともあり少し甘めの柚子茶を淹れた。 爽やかな柚子の香りと甘い…

「ml(ミリリットル)」と「cc (シーシー)」の分量の違いとは?

国内外の食品や調味料、お酒などを幅広く扱っているお店に、ふらり立ち寄った。 調味料とワインをカゴに入れ、鮮やかなパッケージが目を惹くスイーツコーナーへと向かった。 外国もののスイーツコーナーへ向かっておきながら勝手なのだけれど、 甘すぎない程…

オクトーバーフェストって何かしら?

ドイツを大好きな友人が、今年はオクトーバーフェストに行けなくて残念だとぼやいていた。 もう、オクトーバーフェストの時季なのかとカレンダーへ視線を落とし、 今年のカレンダーの残りを見て見ぬふりをした。 私は1度だけ雰囲気を味わいにオクトーバーフ…

ブイヤベースは自家製ルイユと一緒に召し上がれ。

最近、溜め込んでしまいがちな資料やデータの断捨離に精を出している。 今の自分にそぐわないものや、十分学ばせてもらったもの、 いつの間にか自分の一部になって馴染んでしまっているものなどが入り乱れており、 それらをひと眺めし、処分していると様々な…

眠れぬ夜に羊を数えても眠れないのはどうして?

睡魔に襲われてベッドに潜り込んだはずなのに、 誤って起床スイッチをポチっと押されてしまったみたいに眠れなくなってしまった。 眠れなくなった自分を持て余していると、 暗闇だったはずの寝室内には、天井の模様や家具の輪郭が浮かび上がり、 それらから…

ナポリタンで文明開化の切れ端に触れてみる? 

古い石造りの洋館を改装した洋食店の前を通りすぎた。 お店の存在は随分と前から知っていたのだけれど、通りすぎるだけのお店だった。 その日も、いつも通り、お店の前を通り過ぎようとしていた。 すると、お店の扉が開き中から満足気な表情の女性たちが出て…

最後のワインと目ヂカラに怯んだあの日。

お料理などを取り分けていて最後に少しだけ余った分をどうするか、 誰のお更に乗せるかなど、ちょっと気になることはないだろうか。 春先だっただろうか。 10年振りくらいに顔を合わせた方々とワインをいただいた。 その時に向かいの席の方のグラスに ボト…

じゃんけんに登場する「ぴゅい」ってなあに?

先日、あることを決める際に「じゃんけん」を使った。 オトナになると「じゃんけん」をする機会も減るものなのだな、とふと思う。 どこの国にも「じゃんけん」のようなものがあるけれど、 日本発祥のそれとは少々異なるスタイルの国もある。 それを知ったの…

え!?それなの!?体調不良の時に飲む意外な飲み物。|フランス編

スーパーのレジでお会計を済ませると店員が「1枚どうぞ」と 大きなくじ引きの箱を差し出した。 1000円以上のお買い物で1枚引くことができるそうで、 箱の中に手を突っ込んで1番最初に指先に触れた1枚を摘まんで引き抜いた。 丁寧に糊付けされたくじ…

トランプでモデルを務めている彼らとは?

先日、第45代アメリカ合衆国大統領であるドナルド・トランプ氏の名を出したからだろうか。 最近の私は「トランプ」という言葉が鍵となり、 カードゲームで使用するトランプ絡みの様々な記憶が引き出されている。 トランプゲームは老若男女を問わず、 国内…

各国のお城の在り方、使い方にもお国柄?

外出したまでは良かったのだけども、 少し早く家を出てしまったものだから中途半端に時間ができてしまった。 ティータイムでもと足を踏み入れたお店で、たまたま目に入った外国の記事を読んでいた。 どのような記事だったのだかと言うと、 ヨーロッパで古城…