読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

愛犬の名付けに残る若気の至り。

ここ数日、外を歩いていると散歩中の柴犬とすれ違うことが多かった。 艶やかな毛並みとキュッと上がったお尻の上に クルッと軽く渦を巻いたご自慢の尻尾を乗せてリズミカルに歩く姿には、しばしば目を奪われる。 私も子どもの頃、柴犬を飼っていたことがある…

ひと足お先に春を運んできたラナンキュラスの切ないエピソードとは?

春の香りに吸い寄せられるかのようにフラワーショップへと足を踏み入れた。 自宅から徒歩圏内にあるそこは、みずみずしい元気なお花の宝庫で、 私のフラワーライフを支えてくれている存在だ。 フラワーショップと言えば、店員に声をかけてお花を取ってもらう…

今日はあなたの中にある愛と希望と勇気を覗いてみませんか?

毎年1月14日は「愛と希望と勇気」という言葉と「タロとジロ」という名が目に、耳に届きます。 これは1959年の今日、 南極大陸でタロとジロの生存が確認されたことが由来となっています。 タロとジロには『南極物語』や『南極大陸』などの映画やテレビ…

どのような世界にも「愛情」や「自分の未来は自分で決める、選ぶ」という強い意志は存在する。

中途半端に空いた時間を使って近所の猫カフェへ行ってみることにした。 ドインクを手にソファーに腰を下ろすと少し離れた所からこちらを見ている猫と目があった。 「あの膝で暖でも取るか」 「どうぞお好きに」 私たちは、そのような、テレパシーにも似たや…

もしかしたら、あなたのすぐ傍にも。

近くの非日常を探しに散歩に出かけた。 と言えば余裕のある日常のひとコマのように聞こえるけれど、 私の場合、その多くは全く逆のことが多い。 パソコンのキーボードを叩く指がうんともすんとも言わなくなったときの荒療治のひとつだ。 その日はお気に入り…

大切な方々と素敵な愛を交し合えていますか?

クリスマスが近づいてくると、 「愛」がいつにも増して様々な所に溢れているように感じます。 愛の在り方も、愛し方も、感じ方も、伝え方も、届け方も、種類も、 人の数だけ、関係の数だけ在りますが、 皆さんは、大切な方々と素敵な愛を交わし合えています…

あなたの素直な気持ち、大切にできていますか?

夕方、ぽっかりと時間ができた。 何となく過ごしたとても、体を休めたとしても、何かをしたとしても、 あっという間に過ぎてしまうほどの時間だから迷っている暇はない。 このような時の為に頭の片隅に書き留めてある「したいことリスト」を脳内でスクロール…

ガジュマルからのありがとうのキス。

朝起きてリビングに入ると、ここは熱帯雨林か!と思うような日がある。 各方角の窓を全て開け放って冷房のスイッチを入れるのだけれども、 一向に室内が冷える気配はない。 乾いた体にお白湯を流し込み、薄っすらと汗を滲ませながらリビングの観葉植物にお水…

結婚指輪の始まりから見る大切な人と心で繋がるために必要なことは?

ぽっかり時間が出来たので、 自分のアクセサリーボックスをリビングへ持ち出してお手入れを始めた。 アクセサリーやジュエリーに限らず見返りを求めずに注いだ愛情は、 様々な形で返ってくるのかもしれない、そのような事を思いながら。 最後の指輪をクロス…

かぐや姫は自らが犯した罪を償うために地球へやってきた!?

眠い目をこすりながら机上に広げた資料を片っ端から捲る。 この日の机上を占領していたのは翻訳者が異なる万葉集や源氏物語に 学生の頃から愛用している古語辞典だった。 今は何でもインターネットで調べられるのだけれども、 あの薄くて丈夫でしなやかな肌…

改めて思った、愛情のカタチは十人十色。

日本には古から子どもが健やかに成長するように、 頭脳明晰に育つようにという願いを込めて胎毛で筆を作る習慣がある。 今は、胎毛筆という呼び方よりも 「誕生筆」「赤ちゃん筆」という呼び方の方がメジャーだろうか。 この筆に使われる毛は、妊娠5ヶ月頃…

私も誰かに優しくしたくなった「お先にどうぞ」

水炊きをするのに、ポン酢をきらしている事に気が付いた。間に合わせの簡単自家製ポン酢を作ればいいかな?とも思ったのだけれども外の空気も吸いたかったのでお散歩がてら近くのスーパーへ行くことにした。 時間が時間だったこともあり、スーパーの中は夕飯…

一生をかけて探し求める何かとは

大切な人を本当の意味で想う、愛するって難しいですよね。 始まりは想いや愛情だったのに、 気が付けば、 最終目的や結果に執着してしまい、 願いばかりに気持ちが向いてしまい、 大切な人を真に愛す、という事から少し逸れてしまう事、 あると思うのです。…