読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

イースターの時に食べる「クグロフ」とは、どのようなものかしら?

今年も、大々的ではないものの日本でもイースターエッグなどの装飾を見かけますね。 昨年のイースターは3月27日だったのですが、今年のイースターは4月16日です。 どうして、日にちに大きな開きがあるのかと言いますと、 古の時代に開かれた会議で、 …

知っているはずの「お彼岸」。お彼岸ってなあに?と尋ねられたら答えられますか?

先日、街中を歩いていると幾度も“こしあん”の“ぼたもち”が目に飛び込んできたのです。 何度目かの“ぼたもち”を見かけた時に、「あ、そろそろお彼岸か」と気付きまして、 なかなかお墓参りへ行くことができない遠方のご先祖様たちへ思いを馳せたところでござ…

今年の春は、春の味覚のひとつでもある「よもぎ」を見直してみませんか?

今年もあっという間にひな祭りが過ぎてしまいましたが、 皆さんのお宅では春の訪れを、どのようにお祝いされたのでしょうか。 ひな祭りは女の子だけのものというわけではなく、 春をお迎えできることを喜んで、皆が笑顔で過ごせるように願う機会でもあります…

ホワイトデーは、あのエピソードの後日談がきっかけ。

ホワイトデーを前にしてワタクシ、 毎年バレンタインデーにチョコレートなどを贈ってくれる 遠方に住む友人へのお返しを考え始めたところです。 相手の喜ぶ顔を想像しながら考える楽しい時間でもあるのだけれど、 趣味嗜好を知り尽くしているからこその難し…

今月は、いなり寿司・お稲荷さんを楽しんでみませんか?

慌てているオーラを纏うにはどうしたらよいものか。 今に始まったことではないのですけれど、 わたくしは、どういうわけだか“慌てている空気”というものを上手く纏えないようなのです。 その日も、そこそこ慌てておりました。 慌てつつもデパ地下という誘惑…

お事汁(おことじる)を召し上がってみませんか?

もうすぐ「事八日(ことようか)」がやってきます。 12月に2人の神様の引継ぎの様な日なのだと お話をさせていただいたのですが、 12月8日と2月8日を「事八日(ことようか)」と言います。 「事(こと)」という文字には祭りごとを表す意味があり、 「事…

こうあるべき、という思い込みは脇に置いて自由に楽しんでみませんか?

今年もこの時季の節分がやってきましたね。 皆さんのご自宅は、豆まきや恵方巻などの準備はお済みでしょうか。 先日、お豆の準備をしながら私、思ったのです。 「(いつからだろう。お豆を全部食べずに福豆茶にするようになったのは。)」と。 幼い頃、口に出…

女性の皆さん、今日は「小正月」ですよ。ホッとひと息つきませんか?

「鏡開き」や「どんど焼き」という行事が終わると、 さすがにお正月の名残も辺りから姿を消しますね。 時季を知らせてくれる言葉に「小正月(こしょうがつ)」というものがあります。 この小正月(こしょうがつ)の日や期間はいくつかのパターンが存在しますが、…

今更聞けないオトナのために|「どんど焼き(どんと祭り)」、お正月飾りを燃やすためのものだと思っていませんか?

少しずつ街中の空気からお正月の空気が薄れている今日この頃。 皆さんの新年のスイッチはカチリと入りましたでしょうか。 我が家は、年が明けてもしばらくの間は 前年の干支飾りと新年の干支飾りが仲良く並んでおります。 前年の干支飾りへの労いと干支間で…

本日は七草粥の日だけではありません。「七草爪」をご存知ですか?

本日は七草粥を食べて胃腸を労わりながら無病息災を願う日ですね。 とは言え、年末年始のご馳走に続いて新年会に大忙しという方も多いかもしれません。 胃腸の調子はいかがですか? 年末年始のお食事は、私たちの体に不可欠な酵素が不足していますので、 七…

現在の初詣は新しいスタイル!?初詣のもとは何?

新しい年が始まったばかりというのは、 辺りの空気がとても澄んでいて気持ちがいいものですね。 多くの人が新しいスタートをきったのであろうことも肌で感じられるような気がして 私の背筋もピンッと伸びるようです。 新年を迎えると初詣へ行かれるかと思い…

オトナの知識|年の瀬という言葉を粋に使い分けてみませんか?

今年も残すところ今日を入れて2日となりました。 お休みに入られた方、お仕事をされている方、様々だと思います。 年の瀬も押し詰まってまいりましたが、 我が家には連日、宅配便の配達員の方が度々足を運んでくださっています。 私がお世話になってるクリ…

季節のご挨拶|お年賀の由来と共に、お作法やちょっぴり聞きにくいことなどを確認しておきませんか?

新しい年を迎えますと、お年賀を贈ったり贈っていただいたりという事がありますが、 お年賀の由来やお作法をご存知でしょうか。 そう言えば、習慣として贈ったり、贈っていただいたりしているけれど、 その辺りのセルフチェックをしばらくしていないわ、とい…

お正月飾りの羽子板に込められていることってなあに?

毎年大晦日の午前中に、お正月を迎えるためのお花を生けているのですが、 大晦日ギリギリまで奔走している私は、 お花を買いに行く時間が惜しい、と思っておりました。 様々なことを余裕を持って済ませていれば、このような事にはならない。 そう分かっては…

「きよしこの夜」誕生のキッカケはネズミ。

週末、お仕事がお休みの方は クリスマスのイベントを楽しまれている方も多いのかもしれませんね。 我が家はカレンダーとは無関係のタイムスケジュールなので、 外出して初めて辺りに漂う普段とは異なる空気にハッとさせられることもしばしばです。 それでも…

意外と知らない「お屠蘇」ってどんなお酒かしら?お作法はご存知かしら?

日本の風習なのだけれども簡素化が当たり前になり、 本来の形を知る機会が失われがちの世の中です。 例えば、今回のお話コードの「お屠蘇」ですが、 皆さんお屠蘇はどのようなお酒だと思いますか? ひょっとして、清酒を飲むものだと思っていませんか? え?…

お節料理のルーツを辿ってみませんか?

お正月商品も随分と店頭に並んできましたね。 皆さんのご自宅ではお正月の準備を始められていますか? 私は、普段のお掃除を少し念入りにするようになってはいるものの、 その他の本格的な準備の部分は手付かずのままで、 姿なき「焦り」ににじり寄られてい…

大掃除のもとになっている「御煤納め」から現代の師走を覗いてみませんか?

今日は、先日お話させていただいた事始め、事納めの日ですね。 もともとは12月の中旬頃からお正月の準備をしていたようなのですが、 地域によっては本日からお正月準備を少しずつ始めるところもありました。 現代ではお正月の前にクリスマスイベントや忘年…

クリスマスソングに登場するいちじくプディングってなあに?

我が家も少しだけクリスマスの装いになりました。 今年は少し早めに取り掛かることができたので、 例年よりもクリスマス期間をゆったりと味わえております。 十数年以上も前に両親からの贈り物として 私の元にやってきたサンタクロースのオルゴールは、 今年…

オトナの知識|どうしてクリスマスツリーに靴下のオーナメントを飾るかご存知ですか?知ってしまうと靴下オーナメントが欠かせなくなりますよ。

私、イギリスに住むまで、 クリスマスオーナメントのひとつひとつに意味があることを知りませんでした。 可愛らしいオーナメントの中から好きなものを飾りつければいいのよね。 そのように思っていたのです。 自分好みのオーナメントばかりを手に取り、 少し…

オトナの知識|12月8日は事始め?事納め?少しややこしい事八日(ことようか)を簡単に知ってみませんか?

12月8日や2月8日にテレビや新聞、各種ニュースなどで、 事始め、事納めという言葉を耳にする機会があるかと思います。 ただ、この言葉にある「事(こと)」が何を表しているのか区別できなければ、 正しいメッセージを受け取ることができない言葉でもあり…

オトナの知識|クリスマスツリーのてっぺんに飾られている星の名前をご存知かしら?てっぺんの星が持つエピソードとは?

もう何年も自分好みのクリスマスツリーを探し続けているのですけれど、 なかなか良い出会いがありません。 ですから、この時期になると我が家の観葉植物たちの中から、 背丈もボリュームもそこそこある2つの鉢植えが 強制的にクリスマスツリーへと変身させ…

七五三と千歳飴を覗いてみませんか? 

本日11月15日は七五三のお祝いの日ですね。 日本に定着しているお祝いごとですが、これも元を辿ると陰陽説に辿り着きます。 奇数は陽数と言っておめでたい数であること、 そして、3歳、5歳、7歳は子どもの厄年にもあたること、 更に、子どもは7歳ま…

勤労感謝の日をもう少しだけ深くしってみませんか?|勤労感謝の日のもとになっている新嘗祭ってなあに?

もうすぐ勤労感謝の日ですが、 勤労感謝の日のもとになっている新嘗祭(にいなめさい)という、 宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)をご存知でしょうか。 今回は勤労感謝の日を、もう少しだけ深く知ってみませんか?という視点からお届けします。 始めから普段聞き…

本日11月7日は「立冬」です。どのように過ごしますか?

手帳を捲っていると「立冬」の文字が目に飛び込んできてハッとした。 立冬の日は、毎年変わりますが2016年、今年の立冬は11月7日、本日です。 これは二十四節気という1年間を24に分けた季節区分による表現で、 11月7日から21日までの15日間…

Happy Halloween!ハロウィンに欠かせない食べ物はカボチャではなくて、あのフルーツです!

Happy Halloween! 本日はハロウィンですね。 幸せのレシピ集では、数回に分けて様々な視点からハロウィンを覗きましたので ハロウィン当日の今日は私が経験したイギリスでのハロウィンのお話を少し、 と思っております。 お時間ありましたら、のんびりとお…

読書気分で要点だけをつまみ食い|ハロウィンに欠かせないジャック・オー・ランタンが持つお話をご存知ですか?

先日、「今更なのですが、ハロウィンとは何ぞや?」というタイトルの元、 本来のハロウィンについてご紹介させていただきました。 その時にも登場した、かぼちゃで作るジャック・オー・ランタンのことを覚えていますか? カボチャにはお守りの意味があり、 …

今更なのですが、ハロウィンとは何ぞや?

夏が終わる前からショップに並ぶハロウィングッズやハロウィンパッケージのお菓子たちに 何だか日々を急き立てられているような感じがしていたけれど 気付けば今年のハロウィンも目と鼻の先まで来ている。 ハロウィン用のアイテムを引っ張り出さなくてはと思…

本日は十三夜(栗名月)です。月に住む「漢方うさぎ」の存在をご存知かしら?

本日は2度目のお月見の日、十三夜(じゅうさんや)ですね。 「十三夜に曇り無し」という言葉があるのですが、 皆さんのお住まいの地域のお天気はいかがでしょうか? 先日の十五夜のお話の中でも少し触れたのですが、 十三夜は栗をお供えすることから「栗名月(…

神無月のお留守番役の恵比寿様が所属している七福神というグループを覗いてみませんか?

今日から神無月ですね。 旧暦の10月1日は、お留守番してくださる神様を除いて 日本全国にいらっしゃる八百万の神様たちが 出雲大社で行われている神様会議に出席するために出雲へ向けて出発します。 そして皆さんが出雲に到着するのは10月10日(旧暦)…

神無月にお留守番を任されている神様がいるんです。さて、誰でしょう。

今夜は普段よりも星が見えるなと空を仰ぎながら家路を辿っていると スズムシだろうか、マツムシだろうか、 秋の虫の声が辺りに響いていることに気が付いた。 つい、往来する車のエンジン音に気をとられ、拾えていなかった虫の声。 長月に残された時間を指折…

今夜は中秋の名月(十五夜)です。お月様とうさぎの関係を覗いてみませんか?

今夜は中秋の名月(十五夜)ですね。 満月は2日後ではありますが、 お天気がよければ丸いお月様を愛でることができるのではないでしょうか。 先日、「お月見は1回見ただけでは縁起が悪い」 と言われている理由などをご紹介しましたが、 十五夜と言えば「月う…

もうすぐ中秋の名月ですが、お月見は1回見ただけでは縁起が悪いってご存知ですか?

そろそろ、中秋の名月がやってきます。 皆さんのご自宅ではお月見を楽しまれますでしょうか? 年々、海外にある伝統行事の華やかさに押されて、 日本古来から受け継がれてきた季節折々の行事が、 隅に追いやられつつあるような気がして少々残念に感じており…

瞬間接着剤が手に、家具に、お洋服に着いちゃった!そのような時も慌てず対処を。

突然ですが、皆さんは瞬間接着剤を使うことはありますか? 私、数日前に瞬間接着剤を使っておりました。 細心の注意を払って作業をしていたのです。 瞬間接着剤を洋服に付けてしまわないように、 テーブルに付けてしまわないように、 何より指に付けてしまわ…

今日は、重陽の節句を楽しんでみませんか?

本日、9月9日は五節句(ごせっく)のひとつ、重陽(ちょうよう)の節句の日ですね。 皆さんのご自宅では重陽の節句を楽しまれますか? かつて江戸幕府が数ある節句の中から5つを選び公式な式日としました。 この5つを「五節句(ごせっく)」と呼びます。 幸せ…

秋の七草は、どのようにして選ばれたのでしょう。

そろそろ秋の七草を楽しむ季節がやってきました。 春の七草は七草粥などにして食しますが、 秋の七草はご存知の通り、愛でて秋を感じながら楽しみます。 秋に七草があることは知っているけれど、 どのようなお花が秋の七草なのか尋ねられると、 なかなか答え…

「おはぎ」と「ぼたもち」の違いをサクッと覗いてみませんか?

日差しの中にも秋が感じられるようになってきましたね。 ふと見上げた空も、数日前よりもまた少しだけ高くなったように感じます。 大きなイベントのない何気ない日々の中にも、 こうした昨日とは違う何かが散りばめられています。 それを当たり前と取るか、 …

季節のご挨拶はお済みでしょうか?暑中見舞い・残暑見舞い編

先日、点けっぱなしにしていたテレビから興味深いニュースが聞こえてきました。 少し前までパソコンと言えば若者が使いこなすものだったけれど、 今はスマートフォンで何でも事足りてしまうため パソコンを扱えない若者が増えてきているのだと言うのです。 …

お盆がどのようにして始まったかご存知ですか?

皆さんがお住まいの地方では、お盆は7月でしょうか、8月でしょうか。 お盆の時期は地方によって異なりますが、 7月または8月の13日から4日間をお盆と呼んでいます。 お盆に関するお作法などは皆さんご存知でしょうし、 地方によって異なる場合も多い…

皆さんのお好きな鰻の蒲焼きは、関東流?関西流?スタミナ食の鰻に不足している栄養素とは?

土用丑の日を前に、あちらこちらで鰻の予約販売の広告をみかけますね。 我が家も今回の土用丑の日は、 お気に入りの鰻屋さんからお取り寄せをしようかと タイミングをはかっているところでございます。 先日、「土用丑の日」に関するお話をさせていただいた…

「土用丑の日」のあれやこれやを読書気分で摘み食い。

もうすぐ今年の「土用丑の日」ですね。 皆さんのご自宅では鰻を召し上がりますか? 今回は、もうすぐやってくる「土用丑の日」に鰻を食べるようになった訳や 土用丑の日に食べると良いのは鰻だけではないというお話など、 土用丑の日に関するあれやこれやを…

七夕を迎える前に七夕と素麺の深い関係を覗いてみませんか?

この時期は七夕飾りを、街のあちらこちらで目にする。 ショッピングモールでは誰でも願いが込められるように、 大きな笹と、色とりどりの短冊やペンが出入り口や中庭に準備してある。 我が家も、1週間ほど前から七夕の準備を始める。 とは言っても、準備や…

楽しむだけで夏の邪気払いができてしまう和菓子って? 

先日、今年もいつの間にか一年の半分近くまで来ていると お話をさせていただいただきました。 夏越の大祓と称して茅の輪をくぐり、 年が明けてからの半年間の穢れを祓って 気持ちも新たに2016年の後半の一歩を踏み出すというもの。 この、穢れを祓って無…

夏至をきっかけに 二十四節気(にじゅうしせっき)と雑節(ざっせつ)を覗いてみませんか?

今年も夏至がやってきましたね。 昼の長さが一年で一番長くなる日、夏至。 私たちの体が徐々に夏仕様に移り替わる時期でもありますし、 知らぬ間に蓄積された今年前半の疲れなどがドッと出る時期でもあります。 皆さんの体調はいかがでしょうか? 季節が移り…

そろそろ夏越の大祓ですね。今年は茅の輪くぐりを予定してみてはいかがでしょうか? 

今年もいつの間にか半分近くまで過ぎている。 みんな同じ時間を過ごしているように見えて時間の感じ方は十人十色。 「あっという間」という時間の流れにも人の数だけの「あっという間」がある。 開いた手帳を覗き込み、 今年も夏越しの祓(なごしのはらえ)…

限りある自分の持ち物をどこに、どう使うのか、使いたいのか。

仕事の合間のティータイムは、私のちょっとした楽しみのひとつ。 キーボードを叩く指が軽やかであっても、そうでなくても、 スケッチブックの上をペンがスイスイ走っても、走らなくても、 この時間だけは関係ない。 消費期限が近付いているのはカステラなの…

あなたの魅力を花個紋で覗いてみませんか?|あなたの花個紋のチェックもできます。

季節の変わり目に勢いをもらって、 家中の引き出しの中を少しずつお片付けしている今日この頃。 その日は和小物の引き出しをひっくり返していた。 絹などを使ったアイテムも多いため、 こうして時々、片付けも兼ねて風を通して防虫剤の確認をしておかなくて…

お作法|あなたのノックのお作法は大丈夫ですか?トイレ専用ノックを使っていませんか?

一年ほど前だったでしょうか。 時々、気分転換で足を運んでいたネイルサロンの 新人ネイリストの方とおしゃべりをしていた時の事。 どのくらいの人がノックの回数を使い分けているのだろうか、という話になりました。 私は現在のお仕事をする前は、 そのよう…

日本で誕生した柏餅、どうして柏の葉で包んであるの?葉っぱの表裏で何が分かるの?

先日、私たちの生活に馴染んでいる 端午の節句の時に食べる粽(ちまき)の由来について お話しさせていただきました。 この粽(ちまき)と並んでこの時期に食べられるもののひとつに「柏餅」がありますよね。 この柏餅は、江戸時代に江戸でうまれた日本オリ…

端午の節句の由来をご存知ですか?|粽(ちまき)の始まりや地域によって異なる粽(ちまき)のお姿、吹流しに込められている愛情なども一緒にご紹介。

子どもの日が近づいてきた。 ご予定がある方は少しずつ準備などを進められている頃だろうか。 昔ほどではないにしても、 やはりこの時期になると「鯉のぼり」を目にする機会も増すように思う。 先日、信号待ちをしていたのだけれど、 何となく道路を挟んで向…