幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

“古い”を“新しい”に変えて楽しむ“かさねいろめ”。

出先で素敵な竜胆色(りんどういろ)をした蕎麦猪口を見つけた。 竜胆色(りんどういろ)は、ほんのりと紫色を帯びた柔らかい印象の青色のことで、お盆から秋にかけて目にすることができるリンドウの花の色である。 この色名は日本の伝統色にも使われており、古…

ブラウンカラーから“ワタシ”を感じる。

景色の色合いが徐々に秋らしさを増してきた。 パッと目を惹くビタミンカラーから落ち着きを感じられるアースカラーへのシフトである。 まだ夏の残り香のような暑さは残っているけれど、その落ち着きある色味に日差しが当たっているところを目にすれば、気分…

夏のビタミンカラーを見て思うこと。

インテリア雑貨を多く扱っているショップをふらりのぞいた。 何か欲しているものがあったわけではないのだけれど、このような空間は目の保養になったり、素敵だと感じるけれど、自宅をそのように変えようとは思わない雰囲気のものを目にすることで受ける刺激…

梅雨の残り香を、色褪せていく紫陽花と共に味わい納め。

この時季になると、学生の頃に友人が言い放った言葉を思い出すことがある。 それは、「夏ってさ、どさくさに紛れてやってくるから嫌なんだよねぇ」というもの。 本当にその通りだと思って大きく賛同し、上手いこと言うなと感心したのだ。 確か、鎌倉にある紫…

“米粒たわわ”にスポットライトを。

実際のところは分からないけれど雨があがった後の空気は、空気の汚れが雨で洗い流されたかのようで清々しい。 車が車道をビュンビュンと走り抜けていく様子は、普段と何ら変わりないというのに、歩道を歩きながら深呼吸をしてしまうほどだから、 やはり、気…

半分叶った麦畑デビュー。

その日は、目的地を目指して自然豊かな田舎道を車で走っていた。 車窓から見える景色は、瑞々しさ溢れる緑色に覆われていた。 緑色は安心感や調和をもたらしてくれると言われている色なのだけれど、中間色ということもあり、そばにある色によって人に与える…

孔雀の羽を連想させる深くて美しいグリーンの世界。

道ですれ違った女性が、羽を広げた孔雀のように見える扇子で扇いでいた。 すれ違うときに、ふわりと鼻先をくすぐったのは白檀の香りだったように思う。 僅かな時間のことだったけれど、扇子の美しさと上品な香りが、私の脳裏に強く焼き付いた。 自宅に戻って…

この時季ならではの色から暮らしを楽しむ。

この時季は、外の景色が日々変わっていく。 数日前には咲いていなかった花が咲いていたり、芽吹いていなかったはずの木の枝には、枝が見えなくなるほどの新芽が出ていたり、 散り終えた桜の花の後を引き継いだ若葉の色は、一層深みが増していて、ちょっとし…

“青丹よし”から始まるカラートラベルツアー。  

出先で素敵な色をした蜻蛉玉(とんぼだま)を見つけた。 蜻蛉玉(とんぼだま)とは、中央を突き抜ける穴が開いたガラス玉で、様々なアクセサリーのパーツとして使われたり、インテリア雑貨やお香立てなど幅広い用途で使われるものである。 このガラス玉には様々…

春の息吹、木の芽風に触れて思うこと。

冬の気配を少しだけ残したような冷たさの中を、ほのかに温かい風が駆け抜けた。 その風は、温かい部屋で食べる冷たいアイスの美味しさに、少しだけ似ていたように思う。 人はナンダカンダ言って欲張りだから、異なる心地よさを同時に得ているとき、胸の内側…

色名が4つしか無かったとしたら……。

信号待ちの間、ぼーっと信号機を眺めていて思い出したことがある。 もう随分と月日が経ってしまったけれど、英国暮らしをしていた頃の知人が、日本へ遊びに行くので会わないかと連絡をくれた。 日本には、どれくらいの期間滞在するのかと問えば、今の予定で…

色は、様々な扉を開くための鍵。

寒い。 ひと晩かけて自分の体に馴染んだ、何とも言えぬ温かさのベッドから抜け出すのに勇気がいる季節である。 遠くの方で微かに聞こえているかのような音量のアラーム音が、次第にボリュームを上げながら耳元へ近づいてくる朝だ。 アラームを止め、ブライン…

紅葉は、冬休み準備中のしるし。

先日、少し早いかな、どうかな、などと思いながらエアコンのスイッチを押した。 もちろん、暖房の。 温風がリビングを優しく覆っていく感覚が心地よく、もう少し早くスイッチを押せばよかったと思った。 窓から見える空は白く、気温がグッと下がったからだろ…

イエローベース、ブルーベースの分類は自分を知るきっかけに過ぎない。

コスメショップの店員と雑談を交わして感じたことがある。 情報が溢れ、誰かが放った、たった一言さえもがあっという間に拡散する今は、 情報を程よく取り入れたり、参考にしたり、 自分に合うようにアレンジすることは、意外と難しいことなのかもしれないと…

紅を差してまいりましょう。

パウダールームに入ると、シックな着物を身にまとった素敵な女性が目に入った。 普段から袖を通しているのだろうと感じさせるような、余裕を感じる所作に視線を奪われそうになり、 見過ぎてはいけない、いけない。と自分に言い聞かせた。 女性のそばを過ぎよ…

スクラッチアートとは何ぞや?

色鉛筆やカラーペン、パステルを取り出して、ひと通りのお手入れを施した。 やはり、あるべき姿を取り戻した道具は、背筋がスッと伸びるような空気を醸し出す。 それらを所定の位置へ片付けていると、随分と前に購入したままになっていたスクラッチアートブ…

人の心を満たすのは。

友人がポツリと言った。 大人の塗り絵は楽しいけれど、塗り終えたものを見直す機会は無いよね、と。 数年前に幸せのレシピ集内でも触れた大人の塗り絵。 塗り絵はアートセラピーでもあるため、ストレス解消だけではなく、癒し効果、認知症予防、 集中力を高…

幸せホルモンを、使うペンの色で出してみる!?

愛用しているボールペンのインクが切れ、替え芯を求めて売り場を目指した。 いつもの買い置きの量では、そう長くはもたないことが分かり、 今回は、いつもよりも多い量の替え芯を購入することにした。 深い青色をしたそれを手に取り本数を数える。 10本も…

自分に贈る花。

ここ数か月間の日課だった「エアコンのスイッチを押すこと」から、いつの間にか解放されていた。 ブラインドを開けて室内に取り込む朝陽も随分と暖かみを帯び、 昨日よりもまた少し、春が増したように思う。 コーヒーメーカーに、豆やフィルター、水をセット…

お花にときめいてカラフルな毎日を。

月に1、2度、フラワーショップへ足を運ぶ。 少しだけヒンヤリとしている色鮮やかな空間に足を踏み入れると、 全身にフレッシュな空気がチャージされるようで心地良い。 店員の方と言葉を交わすようになると、 花が咲く過程を楽しむことができる鉢花を育て…

のぞき込んだカップの中に広がるは色の美術館。|マロウブルー

生憎のお天気で予定していたお出かけが延期になった。 ベランダから腕を伸ばして手のひらで受け止めた雨は、雪になりかけの状態の雨粒で、 私の体温で溶かされる前にシャリッと音がしそうな風貌を一瞬だけ見せてくれた。 真っ白な空から儚く降る、雪になりき…

月の金属と太陽の雫。

少し前に、ピカールのお話をしたからだと思うのだけれども、 最近、磨きたい、いや、磨き上げたい気分が沸々と湧き上がっている。 それならば、目につく場所を徹底的に磨きあげれば大掃除も完璧で一石二鳥じゃない! と思うのだけれども、そうは問屋が卸さな…

人間界のお作法と鳥の世界のお作法。

昨年の今頃、頭の中でグルグル巡る言葉たちを落ち着かせようと散歩に出た先で、 カワセミが、この時期の野鳥であることを、通りすがりのご老人に教えていただいた。 カワセミと聞いてすぐにその姿を思い浮かべることはできなかったけれど、 「翡翠」と書いて…

紅葉狩りへ行く前に、楓の血液型を知ってみませんか?

カフェでお茶を飲みながら街中の木々の色付きを眺めていた。 ふと、真っ赤な楓が恋しくなり、今年はとびっきり真っ赤な楓を観に行こうと思った。 目の前の紅葉そっちのけで燃えるように赤く色づいた楓を想像していたら、 そういえば、と、ある植物園の方に教…

誕生色|11月生まれの誕生色、恋染紅葉(こいそめもみじ)色の紹介。

幸せのレシピ集では毎月、 その月にお誕生日を迎えるレディーの皆さんをお祝いする気持ちを込めまして、 今年は、生まれた月ならではの誕生色というものをご紹介しています。 誕生色の誕生については、過去に何度か触れさせていただいておりますので、割愛致…

誕生色|10月生まれの誕生色、想紫苑(おもわれしおん)色の紹介。

幸せのレシピ集では毎月、 その月にお誕生日を迎えるレディーの皆さんをお祝いする気持ちを込めまして お誕生日月に関連するお話をさせていただいております。 2回目のお祝いとなる今年は、『誕生色』というものをご紹介させていただいております。 誕生色…

進化しているお守り、ポップでキュートなOMAMOとは。

可愛いでしょ。 そう言って送られてきた画像に写っていたのは、 ポップでキュートな色合いの古典柄が組み合わされた可愛らしいお守り。 初めは匂い袋かなにかかと思った。 だけれども、それがお守りだと知り、お守りも進化していることを知った。 進化は、お…

誕生色|9月生まれの誕生色、恋路十六夜(こいじいざよい)色の紹介。

幸せのレシピ集では毎月、 その月にお誕生日を迎えるレディーの皆さんをお祝いする気持ちを込めまして いくつか定められている誕生石の中から天然石を1つ選んで、 その天然石に因んだ様々なお話しを少しずつご紹介してまいりました。 現在は、2回目のお祝…

誕生色|8月生まれの誕生色、夢見昼顔(ゆめみひるがお)色の紹介。

幸せのレシピ集では毎月、 その月にお誕生日を迎えるレディーの皆さんをお祝いする気持ちを込めまして いくつか定められている誕生石の中から天然石を1つ選んで、 その天然石に因んだ様々なお話しを少しずつご紹介してまいりました。 現在は、2回目のお祝…

誕生色|7月生まれの誕生色、咲初小藤(さきそめこふじ)色の紹介。

幸せのレシピ集では毎月、 その月にお誕生日を迎えるレディーの皆さんをお祝いする気持ちを込めまして いくつか定められている誕生石の中から天然石を1つ選んで、 その天然石に因んだ様々なお話しを少しずつご紹介してまいりました。 現在は、嬉しいことに…