幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

言の葉

ロゴTから繋がるSOSの真実。

ロゴTシャツが苦手だ。 どう着ても似合わない、というシンプルな理由もあるのだけれど、 文字の配置、大きさ、使用するフォント、 その他にも細やかな配慮が施された上で出来上がっているオシャレなものを見つけても、 英語であれば、つい、日本語に訳して…

可愛さとシックな表情を併せ持つ、ストロベリーツリーに込められた言葉とは。

ひと月ほど前だっただろうか。 近場であるにも関わらず足を踏み入れずにいた公園の存在を再認識させられる機会があった。 極度の方向音痴ではあるけれど、私には珍しく、場所の見当がついたこともあり、 脳内換気も兼ねて、ふらり、行ってみることにした。 …

「了解!」正しく使えているか、セルフチェックしてみませんか。

友人とテラス席でお茶をしていると、空いたスペースで小さな子どもたちが戦隊ごっこをしていた。 取るに足りない話をしながら2人とも戦隊ごっこを視界の端に捉えていたのだけれど、 あるタイミングで、お互いに顔を見合わせ噴き出してしまった。 戦隊ごっこ…

お坊さんと三日坊主とハッピーの連鎖と。

近所を歩いていると、自転車に乗ったお坊さんとすれ違うことがある。 スクーターなどに乗り、涼し気なお顔で移動するお坊さんを見かけることは意外と多いけれど、 自転車に乗ったお坊さんは、私の目には少々新鮮に映ったのか強く印象に残っている。 そのお坊…

フリーマーケットは自由な市場ではない!?正しくは……?

曜日感覚が乏しい私は、人の往来多さで祝祭日に気付くことが多い。 その日も家族連れを多く見かけるような気がして、 バッグの中からスマートフォンを取り出すと、カレンダーが日曜日を示していた。 すれ違う人たちが向かう先を目で追う途中でフリーマーケッ…

鮑と片思いと。

書棚を整理していて思うことがある。 どうして私は同じ本を何冊も所持しているのだろうか、と。 厳密に言うと全く同じ本というわけではなく、 例えば万葉集や古事記といった本が4、5冊ずつあったりするのだ。 翻訳している方が違っていたり、挿絵の雰囲気…

「すみません」と「すいません」、どちらを使っていますか。

日本語は、ひとつの言葉の中に複数の意味が含まれているだけでなく、 曖昧なニュアンスも多いため、習得することが難しい言語だと言われることがあります。 だけれども、その曖昧さがあるからこそ、 多種多様な気持ちを含ませることができたり、 様々なシチ…

チラシとフライヤーは同じもの?別もの?違いは?

ワタクシ、気付けば随分と長く大人をやっておりますが、 何となく知った気になっているモノゴトが、たくさんあるのです。 「何となく知っている」という状態でも、そう困ることもないのですけれど、 改めて知ってみると、小さな扉がそっと開いて、 ちょっぴ…

「てんてこ舞い」と「きりきり舞い」、どちらがお好き?

ある日、友人の子どもとお喋りをしていたときのこと。 「『てんてこ舞い』と『きりきり舞い』はどっちが好き?」 と不思議な質問を投げかけられた。 答えに困った私は、みかちゃんはどっちが好き?と少しずるい手を使った。 すると彼女は、 「わたしは、てん…

「長雨」と「秋の長雨」は似て非なるもの。

しとしとと優しい雨が降ったり、止んだりを繰り返している。 ベランダに出ると、雨の匂いを含んだしっとりと冷たい空気が在った。 2、3度深呼吸をすると、寝不足気味の脳内がしゃっきりと目覚めたような、そんな気がした。 ようやくやってきた秋の長雨に、…

コーディネートとスタイリングに違いはあるのかしら?

秋の装いが街中に増えてきた頃だっただろうか、 友人が真っ赤なコーヒーカップをそっとテーブルに置きながら、 コーディネートとスタイリングって何が違うの?と言った。 そして、口をつけたばかりのティーカップから紅茶をコクッと喉の奥へと流し込む私に、…

一部分だけを選り好みすることは出来ないようになっている。

持ち物の中にある、開かずの箱。 私の家移りの回数が多すぎて、開けるタイミングを逃している箱だ。 この箱の中身に助けを求めなくても過ごすことができている現実から想像するに、 梱包時には私にとって大切な色々を詰め込んだのだろうけれど、 きっともう…

狂い咲きのタンポポから見る南風と少女のお話。

ラリラリラリラ、しらべはアマリリス♪ すれ違った女の子たちが楽しそうに歌っていたそれは、アマリリスの歌だった。 久しぶりに聞いたけれど、ラリラリラリラって何ぞや。 オルゴールの音色を表しているのだろうけれど、 ラリラリラリラってと子どもの頃と変…

ファッショナブルとスタイリッシュから何を見る?

空気や陽射しの質感からも秋の深まりを感じるこの頃。 皆さん、秋の装いを楽しんでいらっしゃいますでしょうか。 今回は、先日のお話に登場した「ファッショナブル」という言葉を掬い上げて、 「ファッショナブル」と「スタイリッシュ」という言葉の世界を …

『アニマルウェルフェア』とは何かしら?|私たちの暮らしをアニマルウェルフェア視点で見てみませんか。

今年の夏、久しぶりに食材に関する知識をブラッシュアップさせる機会があった。 もともとは、必要に迫られて家族の為に得た様々な知識だったけれど、 それらがベースとなり、年月を経る中で少しずつ暮らしや美容、健康にと幅広くリンクし、 気付けば私の生活…

侮るなかれ、名前のチカラ。

近所にあるオーガニックショップへ、ジャバラ果汁を求め向かっていたときのこと。 私の目の前には、3人程の女性が一列に並んでいるようにも見える様な状態で歩いていた。 何を考えるでもなく、その様子を眺めながら歩いていると、 細い路地から背筋がやけに…

今月の和風月名「長月」から見る、とある恋の世界。

毎月、和風月名に触れさせていただいているのですが、 あっという間に9回目の9月を迎えました。 人は、同じ時間を過ごしているようでいて、 その感じ方や受け止め方は人それぞれでございます。 今月も健やかに、しなやかに、時を重ねられたなら。と思う今…

「フェス」の意味、正しく理解できていますか?

すれ違いざまに、「最近、何でもフェスだね。」という言葉が耳に届いた。 他人様の会話の一部だったのだけれども、 心の中で「確かに」と頷きながら、横断歩道少し手前で立ち止まり、赤信号を見上げた。 2、3年ほど前だっただろうか。 外国の友人たちとSNS…

リフレーミングで優しく寄り添って。 

秋と言うには若干気温が高い日があることを除いて辺りを見回すと、 思っていた以上に様々な秋が散りばめていることに気づく。 陽射しは、まろやかさを帯びているし、 開け放った窓から流れ込む風の匂いからは夏の気配が消えている。 ふらり立ち寄ったお店に…

「有の実」って何の実かしら?使い方は?

品種によっては7月頃から目にする梨。 口に含めばジュワッと広がる甘い果汁の虜になる方も多いのではないでしょうか。 他のフルーツのように長期保存ができないため、鮮度がものを言うフルーツでもあります。 水分と食物繊維を豊富に含むため女性に嬉しいフ…

「邦人」という言葉の奥にある情報は意外と濃密です。

最近購入したばかりの食器用洗剤は、ほんのりと爽やかな香りがシンクに広がる。 ライムとミントを混ぜ合わせたような香りを楽しみながら マグカップの数に見合わないほど過剰に泡立ててしまった泡でそれらを洗っていた。 すると、テレビから「邦人」という言…

眠れぬ夜に羊を数えても眠れないのはどうして?

睡魔に襲われてベッドに潜り込んだはずなのに、 誤って起床スイッチをポチっと押されてしまったみたいに眠れなくなってしまった。 眠れなくなった自分を持て余していると、 暗闇だったはずの寝室内には、天井の模様や家具の輪郭が浮かび上がり、 それらから…

今更聞けないオトナのために|「晩夏」と言えるのは、いつからいつまでなのかしら?

お盆を過ぎた辺りから見聞きする「晩夏」、「晩夏の候」という言葉。 読んで字のごとく夏の終わりの頃を表しているのですが、 いつからいつまで使うことが出来る言葉なのか、 大人のたしなみとして、この機会にサラリとおさらいしておきませんか。 今回、ど…

最後のワインと目ヂカラに怯んだあの日。

お料理などを取り分けていて最後に少しだけ余った分をどうするか、 誰のお更に乗せるかなど、ちょっと気になることはないだろうか。 春先だっただろうか。 10年振りくらいに顔を合わせた方々とワインをいただいた。 その時に向かいの席の方のグラスに ボト…

「体」と「身体」の使い所をこっそりと確認してみませんか?

突然ですが、皆さんは「体」と「身体」をどのように使い分けていらっしゃいますか。 わたくし、メモを取りつつ、自分の感じたことを記しておく癖があります。 ただ、全てを記していたのでは時間が足りないため、 メモを見返した時に、感情の記憶を引き出す鍵…

いつもの空間をぽわっと素敵に染めてくれる言葉たち。

2 ホームパーティーの準備のお手伝いをしていた時のこと。 そのお宅のお嬢さんが、このようなことを尋ねてきたのです。 日本でホームパーティーに招かれたら何てご挨拶してお家に入るの? お部屋に入るときは、どのようなご挨拶をするの?と。 そのイギリス…

夏のご挨拶に大和言葉を添えてみませんか。

数日前に郵便局員の方が配達物を持ってきてくださった。 その時に、ご紹介だけさせてくださいと言って手渡された1枚は、 暑中・残暑見舞いはがき、かもめ~るのお知らせでした。 新年のご挨拶をしてから、そう時は経っていないような気もするのだけれど、 …

過去の自分と未来の自分へ贈られる言葉。

電車に揺られていた。 窓越しの強い日差しに肌がジリッと焼かれていくように感じて、 景色見たさに窓際に立ったことを少しだけ後悔した。 待ち合わせ場所は何度も確認したのだけれど、 その日は時間に余裕が無かったこともあり、 もう一度だけ場所を確認をし…

今更聞けないオトナのために|ジャンルとカテゴリーって、どう使い分けたら良いのかしら?

日本は八百万の神様という観念をもったお国柄だからなのでしょうか。 様々な国の文化や言葉を自然に受け入れ、 自国のもののように扱っているふしがあります。 先日、そのような類の資料に目を通しておりましたところ、 過去の恥ずかしい記憶を、じわーっと…

文字変換機能とタッチパネルの精度と感度の良さも良し悪しだ。

PCやスマートフォンなどで文字入力を行う際に、とても重宝する変換機能。 重宝している機能なのですが、時々、不便にも感じることもあるのです。 あまりにも丁寧に数多くの候補を挙げてくださいますし、 毅然とした態度で間違っているはずの変換も並んでい…