幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

言の葉

いい大人になった今だからこそ思えることがある。

待ち合わせの時間が近付いた。 駅の改札付近に移動しいつもの如くバッグの中からスマートフォンを取り出していると 横に立った2人組の大学生らしき女性たちの小さな会話が聞こえてきた。 来年は社会人になるようで入社する会社に対しての不安や、 社会人に…

足が早い(速い)という言葉、あなたは使いますか?

我が家のお正月休みは世の中から少し遅れてやってくるのですが、 大晦日の夜と元日くらいは、しっかりと旬であるお正月気分を味わうべく、 少しずつ様々な準備をしております。 そのような時に、お世話になっている遠方にあるチーズショップから チーズのラ…

英語の「一切れのケーキ」という言葉に宿るもうひとつの意味って何かしら?

体はとても正直者だと思うのです。 頭の回転が鈍くなってくると、「手っ取り早くエネルギーを補給してしまおう」と思うのかもしれませんね。 私の脳内には「甘いものが食べたい」という指令が解き放たれます。 甘いものを控えている私を横目に放たれた指令は…

大切な方々と素敵な愛を交し合えていますか?

クリスマスが近づいてくると、 「愛」がいつにも増して様々な所に溢れているように感じます。 愛の在り方も、愛し方も、感じ方も、伝え方も、届け方も、種類も、 人の数だけ、関係の数だけ在りますが、 皆さんは、大切な方々と素敵な愛を交わし合えています…

優雅で美しい言葉にも、人々の様々な心模様が刻まれております。

一度はベッドへ潜り込んだものの印象深い夢で目が覚めた。 とても興味深い内容だったので忘れぬうちに書き留めておこうと そっとベッドから抜け出して書斎へと向かった。 つい先ほどの出来事だったはずなのだけれども、 書き留めておくことが出来たのは、ほ…

百人一首かるたはインテリア雑誌!?「几帳面」の語源は雅な世界の調度品!?

秋の足音が聞こえ始めた頃、百人一首かるたが展示してある場所へ足を運んだ。 手のひらに乗るほどの小さなかるたの中に丁寧に描かれた絵や文字は、 趣があり、雅な雰囲気を醸し出しています。 あまりにも崩されている文字をすらすらと読めるようになるには、…

ボジョレー・ヌーボーって何?と尋ねられたら何と答えますか?|赤ワインのシミはどう落とす?

私は、ボジョレー・ヌーボーが解禁されると、頭の中に「年末」の2文字が点滅し始めます。 楽しみが増える時期だけれど、 それと同じくらいに、終わらせておきたい諸々が増えるのもこの時期です。 今年こそは余裕をもって年末を迎えたい、そう思って準備はす…

当たり前のように使っている言葉に紛れている、誤訳のまま定着している言葉を覗いてみませんか?

本日は、ブレイクタイムのお供に、このようなお話はいかがでしょうか? もう随分と前のことなのですが、 仕事の打ち上げと称したお食事会へ参加しておりました。 経験も知識も豊富で仕事だけではなく人生の先輩とも呼べる方々に混じり、 ひよっ子だった当時…

言葉の魔法と米粉のホットケーキ。 

私の指先がパソコンのキーボードを温め始めた。 視界に入る開きっぱなしの手帳と ToDoリスト代わりに使っている大き目のカレンダーをそっと伏せて 背中の天使の羽とやらをグリグリと回しながらストレッチをする。 しかし、頭も指先もこの程度の気分転換…

秋雨似合うタマアジサイ。紫陽花は梅雨の時期だけの花ではないのです。

お花を見て、「この花は嫌いだ」と思うお花はないのだけれど、 「この花は特に好きだ」と思うお花はいくつかある。 その中の一つに「紫陽花」があるのだけれど、 皆さんもご存知の通り、紫陽花は梅雨の花。 最近ではブライダル用などに季節を問わず手に入れ…

人生の中にある4つの季節とは?

幸せのレシピ集の中では色に関するお話も様々な視点からさせていただいております。 先日は、古の中国では季節を色で分けており、 季節を表すそれらの色から誕生した言葉、 青春、朱夏、白秋、玄冬にちらりと触れさせていただきました。 春は新緑を連想させ…

もしかして、「栗」は英語で「マロン」だと思っていませんか?

最近、小腹が空いてしまった時のレスキューフードとして手が伸びるのは、 甘栗と殻付きアーモンド、そして時々はまってしまうマンダリンのドライフルーツ。 全て特別な味付け加工はされてい素朴なお味なのだけれど、 和、洋、中、どの飲み物と合わせてもホッ…

お茶碗から様々な日常を覗いてみませんか?

皆さんはお食事のあと、すぐに動くことができるタイプですか? 私、これが少々苦手ですの。 すぐ動くと決まって横っ腹がチクリチクリと痛み始めるので、 その日も夕食を終え、ひと息ついた後に洗い物をするためにシンク前に立ったのです。 そして、ご飯茶碗…

今年の秋はもう照葉(てりは)を感じられましたでしょうか?

その日は辺り一帯がぽかぽか陽気に包まれておりました。 優しい陽気に誘われて、ぷらりと外出してみることに。 日に日に肌寒さが増しており、 人だけではなく街中の木々たちもすっかり秋の装いです。 この時期の私の楽しみの一つは照葉(てりは)を目にするこ…

先人たちの小技がピリッと効いた「小春日和」という言葉、これは春を表す言葉ではありません。

ここ数日、とても穏やかな日が続いている。 一歩外へ出てみれば、冷たすぎない爽やかな秋風が体を撫で、 降り注ぐ日差しはぽかぽかと暖かで、 一瞬、今は春じゃないかしら?と思ってしまいそうになる。 日本語には季語というものがあるけれど、 先人たちが小…

秋は竹の春、春は竹の秋、とはどういうことかしら?

10月に入ってすぐ、あるイベントに参加したのだけれど 1時間ほどぽっかりと時間ができてしまったのです。 お茶をして過ごしても良かったのだけれども、 近くにお散歩を楽しむことができる竹林があると分かったのです。 いつだったか忘れてしまったけれど…

「十八番(じゅうはちばん/おはこ)」、どうして一番じゃなくて十八番?どうして「おはこ」と読むのかしら?

ある日、お仕事をご一緒させていただいている先輩から突然食事に誘われた。 今日はどのような場所にでも行ける装いだろうか、と脳内で自分を軽くスキャンする。 自身のOKサインを確認し、先輩のお誘いを快くお受けした。 目にも鮮やかなお料理を楽しみなが…

見るだけだというのに紅葉見ではなくて紅葉狩りというのはどうしてかしら?

先日、自然に囲まれた場所で久しぶりに美味しい空気を堪能しました。 普段、自分の生活圏内の空気のことは気にも留めていないのだけれども、 澄んだ空気を前にすると人の体は勝手に深呼吸を始めてしまうものなのですね。 空気がきれい。 私がそう頭で思った…

「イケメン」という言葉もいいけれど「二枚目」という言葉も趣がありますよ。|二枚目と呼ぶようになったきっかけは?

珍しく書店のレジが込んでいた。 久しぶりに見つけた心踊る一冊をパラパラと捲りながら順番待ちをしていると 私の前に並んでいた小学校高学年くらいの女の子2人の会話が耳に届いた。 やはり、いつの時代も女の子はこうなのかもしれない。 アイドルの話で盛…

マイクテストの時に「本日は晴天なり」という言葉が選ばれた理由をご存知かしら?

開け放った窓からピーという機械音とともに声が飛び込んで来た。 「えー、本日は晴天なり、本日は晴天なり」、近所にある小学校からだ。 運動会の練習か何かかしら、そのようなことを思いながら、 しばらくの間、窓を閉めておこうかと椅子から立ち上がった。…

牛は「caw(カウ)」と呼ぶのに、お肉になると「beef(ビーフ)」と呼ぶのはどうしてかしら?

ご近所に美味しいと評判のインドカレーのお店がある。 お昼も夜も営業前からたくさんの人が並んでいたのでずっと気になっていたのだけれど、 徒歩数分程の近距離に在るという妙な安心感から、 繁盛っぷりを眺めつつお店の前を通り過ぎる日々を送っていた。 …

あなたの素直な気持ち、大切にできていますか?

夕方、ぽっかりと時間ができた。 何となく過ごしたとても、体を休めたとしても、何かをしたとしても、 あっという間に過ぎてしまうほどの時間だから迷っている暇はない。 このような時の為に頭の片隅に書き留めてある「したいことリスト」を脳内でスクロール…

一日の終わりはポジティブ多めで締めくくりませんか?

最近購入したオーガニックルイボスティーの茶葉が想像以上に美味しく、 温かいものを飲みたいと思った時に、真っ先に手に取っているような気がしている。 その日もティーパックで出した鮮やかな茶褐色のルイボスティーを 大きなマグカップで楽しんでいた。 …

「男心と秋の空」、「女心と秋の空」あなたはどちらを使っていますか?

女性は厄介だ。 女性でありながらこのような事を言う私は少しひねくれて映ってしまうだろうか。 しかし、ここで言う「厄介」とはネガティブな意味合いではなく、愛情たっぷりの褒め言葉。 自分自身や周りの様々な感情に共感したり、同調したり、葛藤したり、…

気にしないで!という意味の『ドンマイ』が使えるのは日本だけです。

友人が急に日帰りバスツアーへの参加を思い立ち、 気分転換も兼ねて行ってきたのだと言う。 そのバスツアーの中には長期休暇を利用し、 日本国内を旅しているのだという外国人女性がいたのだとか。 年齢も近い事からお互いに日本語と英語、 そして、ジェスチ…

異国に古の侍魂があっても良いではないかと思うのです。

ある神社へ足を運んだときのこと。 前方からお詣りを終えたらしき数人の外国人観光客が歩いてきておりました。 日本を気に入っていて旅を満喫していることは、 彼らが着ている、遠目からでも分かる日本のアニメキャラクターがデザインされたTシャツや 手に…

「けちょんけちょん」という言葉の人生。

「私は辞典でも図鑑でも、インターネットでもないのだけれど。」 私はスマートフォンに向かってボソリ、呟いた。 私の周りには好奇心旺盛な友人、知人が多く、 それぞれが持つ個性的な視点による言動には、 驚かされたり、楽しませてもらったり、 様々なこと…

お作法|大人のたしなみ「ご自愛ください」という言葉、上手に使えますか?

夏になる少し前だっただろうか。 ある女性が「ご自愛下さい」という言葉を使う時に、 使い方が合っているかどうか不安になって少し緊張するのだと漏らしました。 その場に居合わせた数名が、うん、うん、と頷きながら 体に気を付けてね、体を大切にしてね、 …

贈る相手にも使ったあなたにも幸せがふわりやってくる「言祝ぐ」という言葉、使ってみませんか?

先日、ある友人から久しぶりにメールが届きました。 その友人というのは以前同じ職場で働いていた後輩で 今はお互いとも当時の職を離れ新たな世界で過ごしております。 有り難いことに当時の職を離れてからも疎遠になることはなく、 無理の無い心地良い距離…

ガジュマルからのありがとうのキス。

朝起きてリビングに入ると、ここは熱帯雨林か!と思うような日がある。 各方角の窓を全て開け放って冷房のスイッチを入れるのだけれども、 一向に室内が冷える気配はない。 乾いた体にお白湯を流し込み、薄っすらと汗を滲ませながらリビングの観葉植物にお水…

幸せのレシピ集の中で巡る小さな美術館|現代美術家・久保田沙耶さんから生まれた、心の中にある誰にも伝えられない気持ちを受け止めてくれる漂流郵便局

先日、知人たちと話をしていたときのこと。 期間限定のアート作品で公開期間は既に終了したとばかり思っていた 現代美術家・久保田沙耶さんから生まれた「漂流郵便局」が 今も多くの人々の気持ちを受け止め続けているのだということを知り、 私は胸が熱くな…

「取りつく島もない」という言葉、正しく使えていますか?

母国語とは言え、いつの間にか間違えて覚えたまま使っている言葉というものは意外にも多いものです。 中には大多数の人が間違えたまま使っているため、 どちらが正しいのかさえ曖昧になってしまっている言葉もあります。 更には「公式使用でないのであればど…

誰だって自分だけの魔法の言葉を持つことができるし、育てることができる。

少し休憩でもしようかしら。 ブルーライトをカットするPC専用の眼鏡を外してぐぐーっと背伸びした。 硬くなった天使の羽を簡単に解し、 シパシパする目に復活の水と勝手に名付けている目薬を点して スマートフォン片手にリビングへと向かった。 向かう途中…

あなたは、「金の草鞋」を何と読んでいますか?正しく読めていますか?

オリンピックが始まり熱戦が繰り広げられていますね。 この場を目指していたアスリートの数だけドラマが在るのだと思うと心が震えます。 自分の4年後に照準を合わせて、4年後の自分を信じて日々を送る。 その心に強さの上での熱戦だからこそ、 勝ち負けは…

日本のことをどうして「JAPAN」と言うのだろう?「日本」の公式な読み方は「にっぽん」「にほん」どちらなの?

先日、テレビ画面に映し出されたオリンピック関連の話題を眺めていると 国名がずらりと並んだフリップが出された。 ぼんやりと眺めながら日本のことをどうして「JAPAN」と言うのだろうか、記すのだろうかと思った。 そういうものだと言われてしまえば、 そう…

「ジンクス」と「ゲン担ぎ」は別の意味を持っています。

皆さんは日々の暮らしの中で気にしているジンクスをお持ちでしょうか? もしくはゲン担ぎをされていますでしょうか? 先日、そのような事が話題に上がったのですが、 ジンクスとゲン担ぎは似たようなものかしら?という疑問が浮上しました。 私自身は、この…

成功することよりも自分らしくいることの方が難しいのかもしれません。

最近お気に入りの果汁濃度の高いフルーツゼリーを口へ運んだ。 とぅるんっと口の中に滑り込むゼリーの 固すぎず柔らかすぎずの食感に思わず目を閉じた。 この日食べたのは、みかんの房がギッシリと入ったゼリーだったのだけれども、 ひと房、ひと房、しっか…

夏のこの時期に目にする機会が増える「恐い」と「怖い」、それぞれの使いどころとは?

平日の昼間の街中で学生らしき姿を多く見かけるようになった。 曜日感覚の無いライフスタイルを送っている私は、 毎度ながら今日は土曜日だったかしら?日曜日だったかしら?と バッグの中からスマートフォンを取り出して曜日を確認する。 平日か……夏休みか……

年齢を書き記すとき、「歳」と「才」どちらを使用していますか?

私には公的文書に氏名などを記入する時に思い出す出来事がある。 それは、ほやっほやの社会人なりたての頃の出来事だ。 右も左も分からず見るもの触れるもの、その全ての経験が新鮮で刺激的で 悪戦苦闘しながらも楽しく充実した日々を送っていたあの頃。 私…

国内から国外へ羽ばたきだしたアノ和製英語。

数か月ぶりにSNSを使って外国の友人たちとやり取りをした。 転職をしていたり、 相変わらず多忙な日々を送っていたり、 子育てと仕事の両立を目指して苦戦していたり、 もう一度、学生生活を送ることにしたのだという人も居た。 国によって時間帯も異なる…

似て非なる2つの言葉をサクッとチェック!プレミアとプレミアムは別の言葉です。

そろそろ夕食の支度でも始めようかしらと、 少し遅い時間にキッチンに立った。 まな板の鯉になったカレイを眺めながら、 この世には似て非なるものがたくさんあるものだな、と思う。 カレイとヒラメもポイントを押さえて見れば見分けられるけれど、 一瞬、ど…

日本人はごった煮がお好き!?シュークリームという名前は外国語のごった煮のようなもの。

冷蔵庫の中に眠っているフルーツをザクザクと大胆にカットした。 甘酸っぱい香りに脳の奥をズキューンと射抜かれたような気分になった。 堪らず、ワンカットその場で口の中へと放り込む。 私の体は、じゅわーっと染み出す果汁を砂漠の如くグングンと吸い込ん…

あなたの用途に合わせてKnock on Wood(木をノックする)のおまじないを使ってみてください。

日本には縁起担ぎの風習や言葉がたくさんありますが、 海外の方々と交流をしていると、これは日本に限ったことではなく 海外にも日本と同じようにたくさんあるのだと感じる場面が多数あります。 こちらでラッキーモチーフについてお話をさせていただいたこと…

宇治金時、金時豆、金時人参……金時の由来って?金時の意味って? 

ある日のお酒の場で、 「金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)」ということわざが飛び出した。 ん?ん?ん? あまりにも久しぶりに耳にしたリアルな言葉の響きに一瞬、 私の頭が出遅れたのですが 目の前に座っていた知人を見て、確かに、と思ったのです。…

あなたが解き放つ「ありがとう」は潤滑油ですよ。

皆さんは素直に「ありがとう」と伝えられていますでしょうか? 先日、知人に日本人は「ありがとう/Thank you」というべきシチュエーションで どうして「ごめんなさい/I’m sorry」というのだ?と問われたのです。 外国の方から見ると首をかしげたくなるような…

マメなヒト、漢字で書けますか?

家中の窓を開けて流れ込む軽やかな風を感じていたのだけれど 風がピタリと止まったような気がした。 ベランダへ出てみると雲行きが怪しくなってきており、 湿度の高さを思わせるような生温いぬわっとした空気が全身を包み込んだ。 薄っすらと漂い始めた雨の…

オノマトペって何だったかしら?どこのお国の言葉だったかしら?

グローバル化が進むにつれ様々な国の言葉が どこの国の言葉なのか認識されないまま 私たちの生活の中に存在するようになることもある。 そのこと自体の良い、悪い、ではなく、 どこの国の言葉なのかは知らないけれど定着するものもあれば、 旬を過ぎれば自然…

コツを掴むという言葉があるけれど、コツとは何ぞや?

毎朝のルーティンをこなしながら 私の頭の中をぐるぐると巡り巡っている言葉がございました。 「コツ、コツ、コツ。」 どうしてこのような状態に置かれているのかと申しますと、 それは昨夜の私の夢にまで遡ります。 「ヴィクトリアン調」のような、「ロココ…

鳥の世界も、人間の世界も、言葉の世界もまた色々。おしどり夫婦の実態とは!?

私のとても個人的な感覚なのだけれど、 ある日を境に使うことを少しばかり躊躇ってしまう言葉があるのです。 もちろん、全く使わないと言うわけではなく、 どうしても必要な表現なのであれば使います。 また、自分以外の誰かが使われているからと言って、 そ…

「々」これは文字ではないってご存知ですか?

乗り込んだ新幹線の車両は人も少なく、ほぼ貸し切り状態だった。 車両を丸ごと使うわけではないのだけれど、 空間や余白というものは人の心を落ち着かせ、 贅沢な気分にさせることがある。 動き出してからも人が隣に座る気配が無いことを確認すると 私は鞄の…