読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

本音と本心は別、ということもあるようだ。

あ、駄菓子屋さんだ。 子どもの頃に利用した経験は少ないのだけれども、 ワクワクするあの雰囲気に吸い寄せられるようにして、つい足を踏み入れてしまうのだ。 大人になって、そこそこ美味しいものも知っているけれど、あの未完成の味に手を伸ばす瞬間。 大…

もしかしたら、あなたのすぐ傍にも。

近くの非日常を探しに散歩に出かけた。 と言えば余裕のある日常のひとコマのように聞こえるけれど、 私の場合、その多くは全く逆のことが多い。 パソコンのキーボードを叩く指がうんともすんとも言わなくなったときの荒療治のひとつだ。 その日はお気に入り…

思わぬアクシデントが起きた時、このようなお話で場を和ませるのいかがでしょう。

その日は、ホームパーティーの準備をしておりました。 人数分の各種グラスをキュッキュッと磨いていた時に、 ふとある日の遠い出来事を思い出したのです。 先日もフランスの迷信にまつわるエピソードをお話させていただいたのですが、 こちらは、素敵な対応…

言葉の魔法と米粉のホットケーキ。 

私の指先がパソコンのキーボードを温め始めた。 視界に入る開きっぱなしの手帳と ToDoリスト代わりに使っている大き目のカレンダーをそっと伏せて 背中の天使の羽とやらをグリグリと回しながらストレッチをする。 しかし、頭も指先もこの程度の気分転換…

一日の終わりはポジティブ多めで締めくくりませんか?

最近購入したオーガニックルイボスティーの茶葉が想像以上に美味しく、 温かいものを飲みたいと思った時に、真っ先に手に取っているような気がしている。 その日もティーパックで出した鮮やかな茶褐色のルイボスティーを 大きなマグカップで楽しんでいた。 …

誰だって自分だけの魔法の言葉を持つことができるし、育てることができる。

少し休憩でもしようかしら。 ブルーライトをカットするPC専用の眼鏡を外してぐぐーっと背伸びした。 硬くなった天使の羽を簡単に解し、 シパシパする目に復活の水と勝手に名付けている目薬を点して スマートフォン片手にリビングへと向かった。 向かう途中…

マトリョーシカへの願いのかけ方、ご存知ですか?

桜の花が咲く少し前の頃だったかしら。 ある場所で順番待ちをしていた時のこと。 後の会話で分かったのだけれども4歳の女の子とママの親子連れが 私の後ろに並んだのです。 静かに並んでいるなと思いチラリと視線を向けると 女の子はマトリョーシカに夢中で…

「音を楽しむと書いて音楽という」心が動くような音楽時間を

とても素敵な歌詞とメロディと歌声に出逢った。 力強いのに 柔らかで 繊細なのに大胆で ちょっぴり切なくて 聴くと心が波打って震えだす。 泣きながら笑ってしまうような 脳内化学物質が一気に溢れだすような 素敵な歌詞とメロディと歌声のマリアージュ。 聴…

あなたの持っている魔法を思いだして

あなたには 「魔法のチカラ」があるって知っていますか? 「いい大人が魔法だなんてバカバカしい」って思いました? それとも、 「えっ?どんな魔法?」って興味を持ちました? ストレスの多い環境で 仕事や育児、家事を頑張らなくてはいけない中、 「時間…