読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

素敵な出会いはすぐ側にある

 

f:id:hiiragi1111:20151026100053j:plain

 

最近、「新しい出会い」ってありましたか?

 

「大人」と言われる年齢になると

新しい出会いの場も数も

限られてくるような印象がありますよね。

 

「出会い」と聞くと

男女の艶やかな出会いを連想しがちだけれども、

出会いも出会い方も多種多様で、

いくつになっても素敵な出会いというものは

大なり小なり身近な所にたくさん在ると思うのです。

今日はそんなお話を少し。

 

最近、心がほわっと優しく包まれて

目の前にキラキラとした

新しい世界が広がるような出会いがありました。

 

それは何気ない日常の中に潜んでおり

無防備な私の目の前に突然、現れたのです。

 

その日も、いつもと変わらぬ道を

「陽射しがまろやかな秋色になってきたなぁ」

なんて思いながら歩いていました。

気持ちが陽射しへ向いていたこともあって、

私の目線は少し先の空の方。

 

緩やかな坂道を下りながら、

ふと視線を陽射しからはずし、

数メートル先の木蔭へと落とした瞬間、

何やら鮮やかなピンク色が目に飛び込んできたのです。

 

あまりにも綺麗なピンク色だったので

吸い込まれるように近づきました。

 

ハート型の可愛らしい葉っぱの群れの間から

スッと長く伸びた細い茎の先で

その花は優しく揺れていました。

その可愛らしいピンクの花は

ムラサキカタバミ」と言うのだと後で知りました。

 

小さいながらも堂々と揺れるピンク色に

しばらく足を止めて見入っていたのですが

その1輪のムラサキカタバミの存在に気付いたあと、

私の世界は変わりました。

 

その辺りには、

このムラサキカタバミが至る所に咲いているのです。

ここは普段から通る道。

もちろん、この辺りだって目にしていました。

 

「私、どこを見ていたのだろう・・・

何を見ていたのだろう・・・」

 

思わず、

そんな声を漏らしてしまいそうな程、驚きました。

それくらい、至る所に咲いていたのです。

 

ほんの少し視点が変わるだけで、

全く別の世界が目の前にぐわーんと広がる。

それを体験した瞬間でした。

 

ひとつの事に気付くと、

面白いくらいに昨日まで見えていなかった世界が見える不思議。

 

翌日もこの道を通りました。

今度は坂道を下る前から

ムラサキカタバミ達の姿がしっかりと目に入りました。

 

私達の日常で見えている世界はひとつじゃありません。

あなたの心の眼差しひとつで

無限に広がる世界がすぐ側にあります。

草花との出会いは小さいかもしれないけれど、

これだって素敵な出会い。

 

「夕焼けがきれいだな」

「今日はいつもよりお味噌の香りにほっとする」

「あぁ~、コーヒーが美味し~い」

これだって、ちょっとした出会いだと思うのです。

 

いつもと変わらぬ日々だと思って過ごすよりも、

全く同じ瞬間は存在しないのだから全て新しい出会い。

そう思って過ごす方がワクワクしませんか?

何気ない瞬間を新しい出会いだと感じると、

あなたの世界が広がります。

 

ちなみに、ムラサキカタバミ花言葉

「輝く心」「喜び」なのだとか。

そして本来、この時期に咲く花ではないと知り、

私のこころにピンク色の優しい灯りが灯りました。

 

あなたの日常にもたくさんの出会いが潜んでいます。

きっとそれは、

新しい世界の扉を開く鍵のひとつです。

ここまで読んでくれたあなたの心が

キラキラ輝いて喜びであふれますように。