幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

家の事と子育てしかできない。いやいや、家の事と子育てを出来ているじゃない。

f:id:hiiragi1111:20151028154939j:plain

ジリジリと照りつける日差しが少し和らいできたある日の午後、

私の携帯が彼女からのメールを受信した。

同世代の彼女とは、お互いのライフスタイルが変わった今でも心安い間柄だ。

 

ライフスタイルの変化というのは

数多くの刺激と共に新しい喜びももたらす。

と同時に、「これは何の試練だ?!!!」と

軽く発狂してしまいそうな程に酷な現状を突き付けてくる事もしばしば。

 

心が折れそうでたまらなくて

友の声を欲していても、

目の前の事と向き合い、こなしていかなければならない。

誰もがそうやって過ごしているのだと頭で分かってはいるものの

こころの中にはどんよりと灰色の雲が浮遊する。

彼女もそのような状態だったのかもしれない。

 

「急で申し訳ないんだけど、今日、少しだけ会えないかな?」

 

私の心が少しざわついた。何かあったのかな?と。

その日は外せない予定があり、その旨を伝えた上で理由を尋ねると

特に何かがあったわけではないのだけれど、何となくと言う彼女。

何とかお互いの日程を調整し、数日後に彼女の家でランチをする事にした。

 

当日会った彼女の外側はとても元気そうに見えた。

しかし、何となく心の奥、

彼女の内側に灰色の雲が浮遊しているようにも感じられた。

お互いに近況報告をしながら、くだらない話で大笑いし、ひと息ついた。

 

「で、どうしたの?」

 

少し緊張しつつ、私は訊ねてみた。

彼女の口からは、自分は何もできていないのだと返ってきた。

 

子供が小さいから働いていない。

家の事と子育てしかしていない。

だけれども、子育ても不安いっぱいで、合っているのか心配。

子供に何かあったらと思うと、怖いくて心が休まらない。

家事も全部できなくて、所々手を抜いてしまっている。

結局何もできていないし、してあげられていない、と言うのだ。

 

頑張って笑顔を作りながら話す彼女に私は胸が締めつけられた。

 

私から見れば、すごいなぁと尊敬する事ばかりなのに。

彼女は自分で自分をどんどん追い詰めて

罪悪感に覆われているようだった。

「何もできていないなんてとんでもない。」

開口一番に私の口から出た言葉だ。

 

子供を育てるって簡単な事ではない。

仕事と子育てを両立させている人もいるけれど、

それはその人が選んだ子育てのスタイルであり、

その中にも色々な想いを抱えているはず。

そのスタイルを望むのならそれで良いし、

望まないのならそれもそれで良い。

比べる事ではないと思うのだ。

 

家の事と子育てしかできない。

いやいや、家の事と子育てを出来ているじゃない。

 

子育ても不安いっぱいで、合っているのか心配。

子供に何かあったらと思うと、怖くて心が休まらない。

うん、うん。これは不安と恐怖が常に側にあると思う。

全てが初めての経験で育児書なるものはあるけれど

子供はロボットではないのだから、全てが育児書通りになんかならない。

そもそも、大人になった自分自身の未来だって決まっていないし、

思い描いたものとは別物だ。

 

だったら、一喜一憂しなくても大丈夫じゃないかな?

 

彼女の子供を見ていると

愛情をたっぷり受けてスクスク元気に成長している。

たまに会う私には、その事が彼女以上に感じ取れるのだ。

 

家事も全部できなくて、所々手を抜いてしまうというコレ。

全部出来なくてもいいと思うのだけれども。

手を抜いたらダメでしょうか・・・・・・?

逆に私が聞きたい。

 

「だって、手を抜いたところで命まで取られるわけじゃないよ。

大丈夫、大丈夫。私なんて手を抜きまくりだよ。

抜ける所は抜いて、ここぞ!と言う時にビシッと決めれば問題ない。」

 

これを聞いた彼女は、柊希らしいと、小さく吹き出した。

ここから先はお互いに最近の手抜き自慢を披露し合い、

手抜き術を交換し合いケラケラ笑って過ごした。

 

彼女の心はいっぱい、いっぱいになっていたけれど、

彼女は十分に色んな事を出来ていると思う。

 

家族の側に居てあげられている。

笑顔を見せてあげられている。

心配してあげられている。

家族の帰りを待っていてあげられている。

他にもたくさん。

 

今、こころの中にどんよりと灰色の雲が浮遊しているあなた。

大丈夫。

自分が思う以上に頑張れているんですよ。

私はどんなあなたも大好きです。

だからほら、笑ってみせて。