読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

大切な人と食べたい京都のお菓子 vol.1

グルメ たべもの

f:id:hiiragi1111:20151121144829j:plain

年末年始は家族や親戚、

友人、仲間たちなどと大勢で集まる機会が増えますね。

近況報告をしあって今年の出来事を共有し合ったり、

一年間の頑張りをお互いに労い合ったり、

今後の目標や希望、夢について語り合ったり、

とにかく伸び伸びと笑いあって過ごす。

忙しい時間の中での

ホッと一息つける機会でもあるかもしれません。

 

今回は、そんな時に年齢、性別を問わず、

みんなの心がパッと華やぐ京都のお菓子を

少しずつ丁寧に、ご紹介します。

 

○一乗寺中谷 “絹ごし緑茶てぃらみす”

 

f:id:hiiragi1111:20151121141528j:plain

画像出典:阪急うめだ本店、阪神梅田本店、阪急メンズ大阪 ライフスタイルニュースHP

 

こちらの絹ごし抹茶てぃらみすは、

老若男女に喜んで頂けるので私も時々利用しています。

洋風のティラミスではなく、

若旦那自慢の白あんと、

若女将が得意とされている豆乳スウィーツのマリアージュが素晴らしいひと品です。

 

まず、箱を開けると

繊細な和心漂う枯山水のお庭に見立てた“てぃらみす”に

多種多様なお豆さんがひと粒ひと粒丁寧に配置されています。

切り分けるのが勿体ないほど、

上品で凛とした華やかさがあります。

 

タイトルに“絹ごし”と付いているだけあって

口当りがとっても滑らかです。

白あんと豆乳をメインに生クリームやフロマージュブラン、お抹茶を使用していますが

和とも洋とも言えない、風味豊かな味わい。

そして、この時期カロリーを気にする女性には嬉しい

ヘルシーで美容と健康に良い食材で作られている点もポイントです。

 

合わせる飲み物も、

コーヒー、紅茶、緑茶、中国茶など

お好きなものを合わせていただけるのでいかがでしょう?

 

関連リンク:http://ichijouji-nakatani.com/

 

 

○緑寿庵清水 “金平糖”

 

f:id:hiiragi1111:20151103111145j:plain

画像出典:緑寿庵清水公式HP

 

こちらも、私自身が色々なシーンで好んで利用しているオススメのお店です。

日本でただ1軒だけの金平糖の専門店です。

金平糖はポルトガルから日本へ入ってきたお菓子です。

あの織田信長も宣教師から送られて美しい形と味に衝撃をうけたそう。

 

織田信長の時代とは違い、

今は金平糖も珍しいものではないかもしれません。

だけど、一度、この緑寿庵清水の金平糖を手にしてみていただきたい。

 

手間暇かけて全て手作業で作られた金平糖の本来の姿に

感動されるはずです。

機械では作ることの出来ない繊細な形、金平糖の「イガ」の美しさ。

※金平糖の「イガ」とは、金平糖の角のようなもののこと。

 

そして、気になるお味ですが

いちご、みかん、れもん、りんご、ばなな等のフルーツ味に

ビールにも合うパインに、天然ソーダ、珈琲、紅茶味、

大人好みの生姜やニッキなど、実に豊富。

 

他にも季節限定のものや、究極の金平糖、

あられ玉入りのプチプチとした食感が楽しい金平糖など

目移りしてしまうほどです。

 

全ての金平糖に共通しているのは、

後味がすっきりしている事です。

余計な甘ったるさが残らないので、

ついつい手が伸びる優しくも、しっかりとした美味しさです。

 

職人さんは、

1種類の金平糖が仕上がるまでに2週間以上の時間をかけるのです。

丁寧に手間暇かけて、愛情を注いで作られた

Made in japanの金平糖。

きっとあなたの金平糖のイメージが変わります。

機会がありましたら、是非一度、ご賞味あれ。

 

関連リンク: http://www.konpeito.co.jp/

 

○京洋菓子司ジュバンセル “竹取物語”

 

f:id:hiiragi1111:20151121141850j:plain

 

画像出典:http://s.webry.info/sp/20080405.at.webry.info/index.html

 

こちらのお店では、

“竹取物語”というパウンドケーキをご紹介させて下さい。

その名の通り、青々とした落ち着いた竹色の箱に入っています。

とてもシンプルで上品ないでたちは、

ちょっとした手土産やご挨拶にもいいでしょう。

 

その竹色の箱を開けると

竹の皮に包まれたパウンドケーキの姿が。

 

丁寧に竹の皮を広げると、

甘い香りと共に目に飛び込んでくるのは

存在感のある大粒の栗に黒豆、ゴマなどの和の食材です。

 

とにかくゴロゴロっと贅沢にトッピングされています。

しかし、これ、トッピングだけではありません。

しっかりと混ぜ込まれているのです。

 

生地はしっとりとしていてギュッと詰まっていて食べ応え十分。

素材本来の味を大切に生かした味つ付けです。

 

パウンドケーキなのですが、

和食材をたっぷりと使用しているからなのか

ご年配の方にも喜ばれる事の多い1本です。

ずっしりとしたパウンドケーキなので、

切り分ける際はいつもより気持ち細めにカットすると良いでしょう。

 

 関連リンク:http://www.jouvencelle.jp/

 

同じ時間を一緒に楽しむ相手や仲間がいる。

あたり前の日々のひとコマの様に感じるけれど、

どんな形であれ、

それはあなたの人生において、宝物だと思うのです。

 

年末年始、

色々とある人も、

色々と残っている人も、

ひとまず、焦る気持ちや心配を手放して

思い切り「今」を楽しんで笑顔になって下さいませ。