読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

大人のためのカラフルスウィーツのご紹介

f:id:hiiragi1111:20151124120029j:plain

吐く息が白くなる今日この頃、

街の中には色とりどりのクリスマスデコレーションや

シックな大人のクリスマスデコレーションが施されたツリーが目に飛び込んできます。

どれも可愛くて素敵で見ているだけでも気分が上がるのに

至る所から聞こえてくるクリスマスソングのBGM。

大人も、子供も、わくわくしている事でしょう。

 

今回は、この時期のティータイムに合う

カラフルなスウィーツをご紹介します。

 

○ミッシェル・ブラン “マカロン”

 

f:id:hiiragi1111:20151124115912j:plain

画像提供:ミッシェルブラン公式HP

 

『ショコラは人を幸せにするもの。

心を込めて作り続けていきたいです。』

 

こう話すのは、

名実共にフランスの至宝と賞される

ショコラティエであり、パティシエであるミッシェル・ブラン。

 

f:id:hiiragi1111:20151124120420j:plain

 

彼の作るショコラは、ひと粒、ひと粒に彼の情熱が感じられ、

一度食べたら虜になる方がいらっしゃるのも頷けます。

かくゆう私も、そのひとり。

しかし、今回ご紹介させていただくのは、カラフルなマカロン。

私は彼のマカロンも好きなのです。

 

マカロンというと、パサパサしているという声も聞くのですが

これは、しっとりもちっとした生地なのです。

そして、素材の風味が生きたクリームとの相性は抜群。

 

種類豊富なチョコレートのマカロンは

ひとつひとつに、はっきりとした違いが感じられます。

鼻を抜ける香り、

口の中に広がる味の奥ゆき、

後味、

似たものはひとつもありません。

 

フルーツのクリームも

フレッシュな爽やかさと、ふくよかなクリーム感のバランスが良く、

軽すぎず、重すぎず、しっかりとした食べ応えがあります。

 

このマカロンは、

ひと口、ひと口、じっくりと味わいたくなる

大人のマカロンです。

 関連リンク:http://michel-belin.jp/basic/macaron/

 

 ○パティスリー・サダハルアオキ “ボンボンショコラ”

f:id:hiiragi1111:20151124120441j:plain

 画像提供:パティスリー・サダハルアオキ 公式HP

 

サダハル・アオキとは?

素材と伝統的な味をを大切にしながらも、

常に新しい挑戦をし続けフランスの地元の人たちに認められ、

世界でも注目されている日本人パティシエの1人です。

 

そんな彼の作るカラフルでキュートな

本格派のチョコレートはいかがですか?

 

シンプルでスタイリッシュなマグネットの付いた箱を開けると

まるでお化粧パレットやクレヨンのような

色鮮やかなチョコレートがずらりと並んでいます。

生活の中に色があると、気持ちがパーっと華やぎますよね。

 

f:id:hiiragi1111:20151124120931j:plain

 

実は私、始めてこのチョコレートを見た時に、

色鮮やかなビジュアルに心躍るのと同時に

ちょっと硬そうなチョコレートを想像しました。

 

しかし、口にしてみてびっくり。

中はとても口どけが良いガナッシュでした。

フルーツフレーバーは、使われているフルーツの良さが引き出されているし、

ショコラは香り豊かで深い甘みを感じるものから

シャープな大人好みの味わいのものまで

とても表情豊かなのです。

1本の小さな中に色々な味がぎゅーっと詰まっていて

ショートケーキを食べているような満足感があります。

 

甘いものって、

つい、たくさんいただきたくなるけれど、

カロリーも気になるところ。

だけれども、このチョコレートは心配ご無用です。

ひと口、ひと口の満足度が高いのです。

私たちの日々の色々を丸ごと受け止めて癒してくれる、

素敵なチョコレートです。

関連リンク:http://www.sadaharuaoki.co.jp/

 

○和楽紅屋 “彩どり和ラスク”

 f:id:hiiragi1111:20151124120609j:plain

画像提供:和楽紅屋公式HP

 

「カラフルで甘いお菓子もいいのだけれど、

もう少し、軽めの甘さがいいのよね。」

 

そうおっしゃるあなたにも

カラフルなお菓子をご紹介します。

サクサクとした食感と、程良い甘さと大きさが人気のラスク。

あのラスクと和の食材が相まって

優しいいろどりの、可愛らしい和ラスクになっているのです。

 

『いつも食べてくれる誰かを想像しながら

心を込めてお菓子づくりをしています。』

 

こう話すのはパティシエ辻口博啓。

お菓子の世界大会に日本代表として出場し、

数々の優勝経験を持ち、

最近では朝の連続テレビ小説“まれ”のスイーツ監修もされていた方。

 

彼のこだわりと愛情が伝わってくる“和ラスク”は、

プレーン・あまおう苺・天空抹茶・

きなこ・紫芋・味噌・あおさ黒胡椒・

ごぼう・ごま・ゆず胡椒、といった和の食材の優しさがたっぷり。

ほっこりと和む日本色を愛でながら

優しいティータイムをどうぞ。

 関連リンク:http://shop.cake-cake.net/waraku_beniya/cate1_select.phtml

 

 街中のイルミネーションにも負けない

それぞれのパティシエの

キラキラしたこだわりと愛情が込められた

大人の為のカラフルスイーツです。

あなたのティータイムに色どりを添えてみませんか?