読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

蒔絵アクセサリーをご存知ですか?|洋装にも取り入れられる、京漆器の蒔絵師の手から生れる和の伝統柄

アイテム ファッション

f:id:hiiragi1111:20151206215556j:plain

私は「モノづくり」をしている人の想いや拘りが感じられるモノが大好きだ。

素敵なモノが星の数ほどある時代で、

誰もがそれを簡単に手にすることができる環境に加えて、

リーズナブルに手にする事ができる環境まであり、

幸せな時代だな、と思う。

 

一方で、全く同じではないにしても感性が被る、という事も多々あって

なかなかオリジナリティを出し難い時代でもある。

何かが流行れば、街中がそれで染まってしまうような、少々面白い世界でもある。

世の中がどうであれ、人と同じであろうが、違っていようが、

本人が「好き」と思えている事が一番大事だと思う私が心奪われてしまうモノ、

その共通点が

「同じようなモノが多々あったとしても、

そこに「モノづくり」をしている人、携わっている人の想いが在るのか、無いのか」

のように思う。

 

f:id:hiiragi1111:20151206215631j:plain

そんな事を考えていた時に偶然目にしたもの。

KARAFURUの「蒔絵ピアス」だ。

シンプルな中に様々な意味を持たせてある和柄。

和柄好きな私はひと目みてぐーっと引き込まれた。

少し大きめの淡水パールに金粉で描かれた蒔絵。

京漆器の蒔絵師が、ひとつひとつ丁寧に描いているのだという。

伝統的な柄の中でも「和」の印象のが強くなりすぎない柄を選んであるようで

和洋問わず身に着けられそうなところも良い。

 

f:id:hiiragi1111:20151206234305j:plain

お着物やドレスなどを着る時に合わせるのもいいけれど、

あえてこのピアスを主役にお洋服をシンプルにしたり、

デニムに仕立ての良い白いシャツと合わせたり、

手にしていないのに、次から次にしてみたい事が浮かんでくる。

きっと、実物を手にしたら、もっと気持ちがあがるに違いない。

そんな嬉しい予感漂うピアスだ。

 

何でも初めて歌舞伎を見た時に、

衣裳や道具の斬新な配色、デザイン、細やかなつくりに衝撃を受け、

伝統工芸の技術を今の生活に結ぶことと繋がったのだとか。

 

確かな想いが在るものは、

受け取り手がその部分を知らなかったとしても

目に見えない何かが、その想いを伝えているのかもしれない。

 

f:id:hiiragi1111:20151206215708j:plain

今日は素敵なモノと作り手の想いに触れられて幸せだ。

ただひとつの残念な事を除いては。

それは、私の耳にはピアスホールが無く、

素敵なピアスだけれども身に着けられないということ。

それでも、眺めているだけで幸せな気分を味わえた蒔絵ピアス、ほんとに素敵なひと品だ。

 

関連リンク・画像:http://www.karafuru.jp/

画像出典:https://jp.pinterest.com/ https://www.facebook.com  http://www.hasuna.co.jp/