幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

お気に入りのお洋服を長く楽しむための「ブラシお手入れ」を始めませんか?

f:id:hiiragi1111:20151217163614j:plain

お気に入りのお洋服は長く楽しみたいですよね。

それならば、お気に入りのお洋服を、

新品の時の風合いに近い状態で保てるよう、

「ブラシお手入れ」をプラスしてみませんか?

 

ちょっとしたお手入れを加えるだけなので、

出来そうなところから取り入れてみて下さいね。

 

実際に私が行っている「ブラシお手入れ」をご紹介します。

まず、お洋服を脱いだ後はハンガーの状態で湿気が取れるのを待ちます。

脱いだ勢いで直ぐにクローゼットやチェストの中に片付けしてしまいたい気持ちもあるのですが、ここはグッと我慢です。

数時間程で大丈夫だと思うのですが、

私は大切なお洋服ほど、翌日まで決まった場所にかけておきます。

 

そして、衣類専用ブラシで軽くお洋服をブラッシングします。

これは、繊維の中に入ってしまったホコリや汚れを掻き出す為です。

湿気と一緒にホコリや汚れが定着して生地の風合いを損ねてしまうと

劣化も早くなります。

毎回洗うわけではないコートやジャケット、ニット、その他などの繊維の中にも

見えない汚れがついていますので

優しく、しっかりとブラッシングします。

その時に使用するブラシは、このようなブラシです。

f:id:hiiragi1111:20151217163738j:plain

このような衣類専用ブラシを使って下から上へ向かってブラシをかけます。

コートなどのアウターは縫い目部分にホコリや汚れがたまりやすいので

丁寧にかけます。

そして、次は上から下へ向かってブラシをかけて

生地の繊維の流れを整えましょう。

 

ただ、注意が必要なのはコットン製品です。

私の場合は、織り方によっては大丈夫なコットン製品もありましたが、

コットン製品をブラッシングして毛羽立ちを感じたものがありました。

 

そのように感じた後「コットン製品へのブラッシング」について調べてみると、

コットン製品は毛羽立つ場合があるのでブラシはかけない方がいい、

と言われている事を知りました。

ですので、コットン製品に関しては注意が必要です。

 

このようにお洋服をブラッシングしてあげると

繊維の向きが整いますので毛玉が出来にくくなりますし、

新品の時に近い肌触りを保つことができます。

 

毛玉が出来たら毛玉取りクリーナーで取ったり、

ハサミでカットしたりする場合もあると思います。

私もブラッシングのお手入れを加える前までは、そうでした。

しかし、ブラッシングをしだしてから毛玉取りクリーナーとハサミの出番が減りました。

冬のお洋服はホコリが掃われていると静電気も起きにくくなります。

お気に入りのお洋服と一緒に、わくわくする時間をたくさん過ごすために

お洋服のお手入れ、始めてみませんか?

f:id:hiiragi1111:20151217162905j:plain

関連リンク:http://www.bmkshopping.jp/ ※私はこちらのブラシにお世話になっています。

画像出典:https://jp.pinterest.com/