幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

年越し蕎麦が食べたくなる、年越し蕎麦に込められた意味とは?

f:id:hiiragi1111:20151226173843j:plain

皆さんのお宅では年越し蕎麦を召し上がりますか?

私の実家でも子供の頃から、

もう少しで日付が変わるかなという時間帯になると

父だったり、母だったり、その時に気分が乗っている方がキッチンへ立ち

年越し蕎麦を作ってくれていました。

 

しかし、作ってもらっておいてなんなのですが、

正直な所、夕方から色々とご馳走を食べて、飲んで、

デザートなどもひと通りいただきます。

そして、大晦日という特別な空気感が

不摂生を大目にみてくれるといいますか、

調子にのってしまうだけなのですが、

テレビを観ながらお菓子なんかまでも摘まみながら過ごしてしまうわけです。

普段以上に満腹な状態なので当然の如く、

「この上お蕎麦なんて食べられない」と思っていたし

そう言い放っていました。

 

年越し蕎麦のお腹を空けてご馳走やデザートをセーブすればいいだけの話なのですが、

食べたい物は自分が十分に美味しいと感じられるタイミングで味わいたい食いしん坊な性格の私に、そのようなセーブが出来るはずもなく。

毎年、我ながら学習能力ないなと思いつつ、

家族と同じやり取りを繰り返すのでありました。

 

しかし、「縁起物だから少しだけでもいいから食べなさい」という言葉に

少しばかり不機嫌オーラをチラつかせつつ、

小さな椀に少しだけお蕎麦を入れてもらい

味わう余裕なんてない状態で半ば強引に口の中に押し込んでいたのです。

決してお蕎麦嫌いではないのです。

お蕎麦って美味しいじゃないですか。

私だって大好きなのです。

御馳走を食べた後にお蕎麦までいただけるなんて、本来ならば幸せなこと。

今思えば「ハレ」の瞬間が私にとっては「ケ」の瞬間になっていたのでしょうね。

これもまた、ある種、幸せなことでした。

 

そして今の私はと言うと、我が家の大晦日の宴が始まるのは21時過ぎ。

食べる量は減っていたとしても、やはりお蕎麦のお腹は残っていないのです。

しかし、年越し蕎麦の縁起はいただきたいという思いから、

子供の頃と変わらない現状に苦笑し、

胸の内で子供の頃の出来事を思い出しつつ、

やはり小さなお椀に少しだけのお蕎麦をいただくのです。

もちろん、たっぷりの九条ネギを添えて。

 

お蕎麦は切れやすい事から「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、

江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が生まれたそうです。

また、お蕎麦を食べると内蔵に溜まった毒素を取り払ってくれると思われていました。

このような理由から、

新しい年を健康で迎えられるよう願い、

細く長い見た目から長寿を願い、

金運が良くなるように願い、

皆でお蕎麦をいただいくようになりました。

※金銀細工師が散らかった金粉を集めるのに蕎麦粉を練ったものを使うので、

お蕎麦は金を集める縁起物とされていました。

※ネギには「ねぐ」といって「労う」「祈る」という意味もありますから、一緒に召し上がってくださいませ。

年越し蕎麦に皆さんはどのような思い出がありますか?

そして、どのような思い出を積み重ねていますか?

今年は、どんなお顔で召し上がられるのでしょう?

今年をしっかり締めくくって新しい一年も笑顔いっぱいの年にしてまいりましょうね。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/