読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

自分の「暮らし」や「人生」を作るために積み重ねることとは?

日常 こころ

f:id:hiiragi1111:20151231141042j:plain

大掃除をしたからと言って、

掃除から解き放たれる訳ではない事は重々承知しているのだけれど、

大掃除をした余韻が消えてもいないうちに

フローリングに陣取ったホコリを目にした時、

「(大掃除をしたばかりなのに……)」と思ってしまうのは私だけだろうか。

 

やれやれ、と思いつつホコリ取りのシートを取り出してささっとからめとる。

そうすると、どうだろう。

次はさっきまで目に留まってすらいなかった汚れが目に入る。

これもお約束の出来事だ。

「(ついでだ、汚れを落としてしまおう)」

濡れぞうきんで汚れを拭い、その辺りを見回すと違う場所が気になり始めた。

 

家事歴が長くなるということは、

経験が豊富になるだけではなく、

見えている物や場所も増え気付く視点も増えていく。

多少、性格も関係するのだけれど

増えた自分の視点に自分が縛られることもある。

気付いてしまったけれどやる気が起きない日だってある。

一日掃除をしなかったからと言って死ぬわけではないのに、

していない……

出来なかった……という小さな罪悪感。

 

こういう時、自分の視点や気持ちとどのように付き合うか、

何をどう選択するか、を求められる。

 

これは人生にも通じている事のように思うのだ。

こんな風に文章にしてしまうと大袈裟に聞こえてしまうのだけれども、

日々の中の小さな出来事を自分の目を通して見て、

自分の意思で取捨選択をしていく作業。

これが自分を作りあげていったり、自分らしさを作っていくように思う。

 

おしゃれだって、

美容や健康のケアだって、

人との関わり方だって。

家事のやり方も、

育児のやり方も、

初めから正解は無くて

自分の答えを自分で見つけて選んでいく。

そのように選んできた物の積み重ねが「暮らし」であったり、

「人生」であったり、

「自分自身」であったりするのかな、と。

 

食べたいものを選んでみたり、

今日はお掃除をお休みして

子供と絵本を読むことや、おしゃべりすることを選んでみたり、

ちょっとだけ寄り道をすることを選んでみたり、

何もしないことを選んでみたり、

昨日の分まで頑張ることや、

明日の分まで今日頑張ることを選んでみたり。

どんな些細な事でも選ぶことができるという事は

とても幸せな事で楽しいことだ。

 

楽しいことも、

頑張りを要することも、

時には無理することを選ばざるを得ない時だってあるけれど、

「自分で選ぶ」「自分が選んだ」という気持ちがあると、

お腹の底にグッと力が入って

目の前の事を意識せずとも大切に出来る気がするのだ。

沢山の事に気づけるようになったからこそ、

日々を大切に、囚われ過ぎず、執着しすぎず、

自分らしい選択を重ねて過ごしていきたいなと、

なかなか落ちない汚れを濡れぞうきんで擦りながら思うのでした。

それにしても、お掃除ってエンドレスだ。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/