読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

大人の手土産帖|東京 松屋本店の「吉野拾遺(葛湯)」

大人の手土産・贈り物帖

f:id:hiiragi1111:20160114111306j:plain

友人から、

「高齢のおばあちゃんにお土産を買って帰りたいんだけど、何かないかな?」

という相談をうけた。

元気をつけて欲しいから食べるものをお土産にしたいけれど

体調を崩している事もあって、

食べられそうなものが思い浮かばなかったらしいのだ。

更に彼女はこうも言っていた。

「本来、華やかなものや新しいもの、キラキラしたものが好きな

おばあちゃんだから、地味過ぎず、スペシャル感も感じられる物がいい」と。

なかなか欲張りな事を言う友人だ、と思ったけれど

大切な人へ贈るものを考える時と言うのは、

誰だって欲張りなのだ。

 

友人からのラインに目を通しスマートフォンを横に置いて立ち上がった。

何がいいかな、と私の脳内にある手土産帖をペラペラと捲りながら

キッチンへ向かい、お茶を淹れる。

 

リビングでお茶を飲みながらひと息ついた時、思い出した。

少し前に書き上げた原稿で「葛湯」についてお話しさせていただいたことを。

葛湯というのは、とにかく万能な食材なのだ。

滋養に富んでいるし、食欲が無い時でも口に運びやすい優しい味。

そして、日持ちもするので、

いただいた側のタイミングで食せるのもいい。

「本葛」は上品で貴重なものなので、

普段の贈りものとしても申し分ないけれど、

滋養に富んでいる事から、お見舞いとしても届けることができるのだ。

 

そこで私が友人にすすめたのは、

奈良県の吉野本葛を使った

葛湯「吉野拾遺-よしのしゅうい-(葛湯)」が銘菓として知られている

「松屋本店」の東京店。

 

f:id:hiiragi1111:20160103135104j:plain

ひとつ、ひとつ丁寧に薄い紙で包まれた本葛を包みから出してみると、

丁寧に形を整えられて桜を型押しされている。

それを湯呑みやお椀に入れて熱いお湯を少しずつ加えながら丁寧に混ぜていくと

浮菓子がふわっと浮かびあがる。

ちょっとしたサプライズにも似た演出が嬉しく、

湯呑みの中に桜が咲いたようで可愛らしいのだ。

 

f:id:hiiragi1111:20160103135124j:plain

 

松屋本店の「吉野拾遺-よしのしゅうい-(葛湯)」は、

とても滑らかなとろみが口当たりよく、喉にも優しく感じられる。

始めから甘さが加えられているのだけれど、

とても上品で穏やかな甘さなので、どなたにも楽しんでいただけるはず。

そのままでも十分に美味しいけれど味を変えたい場合は、

生姜やきな粉、ココアや黒糖、ハチミツなどをお好みでプラスしても、

また違った味を楽しむ事ができます。

 

はんなりとした優雅な雰囲気は、

安心して大切な方へ贈ることができます。

簡単なパッケージの自宅用から、

ちょっとした手土産用のパッケージのもの、

ご挨拶などにも適した贈答用の雅な雰囲気のパッケージと、

用途に合わせてパッケージを選ぶことが出来る点はお店側からの嬉しい心遣いです。

 

どなたにでも楽しんでいただくことが出来る御土産のひとつとして、

「葛湯」をご紹介させていただきました。

お味にアレンジをきかせたものや

モダンなデザインパッケージのもの、

浮菓子の仕掛けがあるものなど種類も豊富ですので、

贈られる方を思いながら、贈る側も楽しんでいただければと思います。

 

※「葛湯」がもたらしてくれる嬉しい効果についてはこちらでもお話させていただいています。

関連リンク:吉野本葛、葛湯の松屋本店 創業天保十三年

画像出典:https://jp.pinterest.com/