読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

大人の手土産帖|和久傳の「からすみ餅」

大人の手土産・贈り物帖 グルメ

f:id:hiiragi1111:20160114223608j:plain

大切な人やお世話になっている人の事を思いながら選ぶ手土産や贈り物。

大切な人であればある程そのような機会も多く、

ネタが切れそうになって困る事もある。

喜んで欲しくて頭を悩ませる時間。

今回は、大人の方にこそ手土産、贈り物の選択肢のひとつとしてお薦めしたい

和久傳の期間限定販売の「からすみ餅」のご紹介です。

 

f:id:hiiragi1111:20160114223623j:plain

和久傳は日本料理の料亭。

もともとは、料亭でいただく事ができる一品の「からすみ餅」が

お取り寄せによってご自宅でも楽しめたり、

贈り物として大切な方への贈り物としても利用できます。

 

からすみをお餅で挟むように包んだ、この冬の時期だけのお楽しみのお品。

「からすみ」はねっとりとしていて柔らかく、舌触りは滑らかで、

口に含むと「からすみ」の旨みと香りが口の中にじわーっと広がって

なかなか消えないくらい濃いお味です。

「からすみ」がたっぷりと使われているので満足感も十分で

お酒もすすむこと間違いなし。

 

f:id:hiiragi1111:20160102161817j:plain

 

また、目にも鮮やかな「からすみ」のオレンジ色が

白いお餅の間から顔を覗かせるのですが、

この色のコントラストも食欲を増幅させます。

 

この「からすみ」を包んでいる白いお餅も、

「からすみ」のねっとり、滑らかな舌触りを邪魔しない滑らかなお餅です。

 

召し上がり方は簡単です。

お店の方は、ふっくらと温めたり、

テフロン加工のフライパン、トースターなどで

ほんのりと焼き色がつくまで炙って酒肴にいただくことをおすすめされています。

 

私は、よく熱したテフロン加工のフライパンに「からすみ餅」を入れ、

弱火よりももう少し弱い火加減でじっくりと時間をかけて焼いていただきます。

熱が入るにつれてキッチンに、ほんのりと「からすみ」のいい香りが広がりますし、

ねっとり感も増し「からすみ」好きにはたまりません。

本当はパクパクっと食べてしまいたいのですが、

気持ちを落ち着かせて切り分けて、

お気に入りのお酒と一緒に少しずつ味わいながらいただきます。

 

「からすみ」と聞くとお酒好きしか楽しめないイメージがあるかもしれませんが、

お酒が苦手な方も楽しめる調理法があります。

上記の様に火を通した物を切り分けて

お正月であればお雑煮に入れたり、

それ以外の時期であればお吸い物に入れて楽しむのもおススメです。

お吸い物に入れる時は「からすみ」の塩分がありますので、

普段よりも塩分を控えたお吸い物で丁度いいお味になります。

 

f:id:hiiragi1111:20160114223941j:plain

 

手土産や贈り物として利用する際には、

桐箱入りの「からすみ餅」もありますので、安心して利用することができます。

色々な物を召し上がってこられたであろう大人の方への贈り物の候補として、

この時期のお楽しみとして、いかがですか?

こちらは、冬限定の商品で販売期間は11月上旬~2月下旬までです。

 

関連リンク:からすみ餅 | お取り寄せ通販 | 和久傳

画像出典:https://jp.pinterest.com/