幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

この時期目にする「立春大吉」ってなあに?

f:id:hiiragi1111:20160129231850j:plain

節分を終えたら立春ですね。

まだまだ厳しい寒さが続いていますので

「春だって言っているけれど、まだ寒いじゃない!」と

言ってしまいたくなる日もありますよね。

私は子どもの頃に、

そのようなことを学校の先生だったか、祖母だったのか、母だったのか、

記憶は定かではありませんが、

身近に居た大人へ向けて発した記憶が薄っすらと残っております。

そして、立春は、これから少しずつ季節が春に向かって移り変わっていく始まりの日。

だから寒くて当たり前なのだ、と教えられた気がしています。

しかし、大人になり、改めて同じ事を感じている私がいました。

そして、今度は自分で様々な視点から調べたわけですが、

子どもの頃に聞いた話が本当だったことを知り、深く頷くのでした。

 

しかし、良いのか悪いのか、

私の中には次の「何だろう?」が芽生えてしまったのです。

私は節分の日が近づくと神社へ節分のお豆をいただきに行くことがあるのですが、

その時にお豆と一緒に必ずお札を渡されるのです。

そのお札に書かれている文字が「立春大吉」。

ある年のお札にもそう書いてありました。

厄を除けることで幸がやってくるという意味なのか?

いただいた袋の中身を覗きながら、どういう意味だろう……

そう思いながら神社の出口へ向かっていたのですが

聞いた方が早い!

そう思ってしまった私は踵を返し掃き掃除をされていた宮司さんの元へ。

 

お札の扱いとともに厄除けだと簡単に説明していただいたのだけれども

想定内の返答に、少々あっけない感じがしたのです。

しかし宮司さんは、私の心がワクワクするようなお話を続けてくださいました。

 

お札に書かれている文字、「立春大吉」は、左右対称の文字です。

左右対称ということは、

表から見ても裏から見ても同じように見えるということ。

 

f:id:hiiragi1111:20160129231253j:plain

 

このお札を玄関に貼っておくと、

玄関から入ってきた不運(鬼)が振り返った時に、

家の中らみても外からみた「立春大吉」の文字を見ることになり、

まだこの家に入っていない、っと勘違いして玄関から出ていくというもの。

不運(鬼)が振り返らなかったらどうするのだ?!という

野暮な突っ込みはグイッと飲み込んで

宮司さんにお礼を伝えて神社を後にしました。

 

季節や年度は春から始まりますから

季節を分ける節分の豆まきで邪気を払って立春は新年の始まりをさす。

私たちのもうひとつの、大晦日とお正月ですね。

暦とともに、

季節とともに、

八百万の神々とともに、

縁起もゲンも担いで

私たちも日々を楽しみながら重ねられてきた証に更なる証を重ねましょう。

 

関連記事: 

画像出典:https://jp.pinterest.com/