幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

ご飯茶碗はどうして左に置くの?

f:id:hiiragi1111:20160203141713j:plain

和食のお店に入った時の出来事だ。

美味しそうな和定食が品の良いお膳に並べられ、運ばれてきた。

一緒に居た友人と美味しそうだね、と言いながらお膳に視線を落としていた。

「「いただきます」」

お箸に触れたときに、ご飯茶椀と汁物椀が逆であることに気が付いた。

友人のお膳へ目を向けてみたけれど、

私のお膳だけが逆だったのできっと慌てていたのだろうと思い、

お椀の位置を変えていると

お茶を運んできてくださったお店の方が、その事に気づいたようだった。

慌てて謝られたのだけれども、

最近はご飯茶椀の位置を習わないこともあるみたいで、と

お店の方が仰っていたことが印象的だった。

 

時代の変化とともに、

その時代に合った言葉や作法が生まれるのだろうけれど

和食文化が途絶えたわけではない中で、

消えていく何かが色々と増えているのだとしたら、少し寂しいなと思った。

日本に限ったことではなく、似たようなことがどこの国でも起きているのだろうし、

これまでだって起きてきたのだろうけれど。

 

それでは、なぜご飯が左にくるかというと、

日本では古から左の方が位が高いとされてきました。

重要なものは左側に配置する「左上位」という考え方です。

そして、私たち日本人は、お米を大切にしてきました。

たくさんの恵みの詰まったお米を「ありがたく、たいせつに頂く」という気持ちが

お膳の中でも表されていて、

ご飯茶椀を左に配置しているのだそうです。

 

この「左上位」説の他にも、

汁物椀がご飯茶碗の奥にあった場合、

汁物椀を手にとって口元へ運ぶ時に、

位の高い位置にあるご飯碗の上を通すことが無作法だという説。

一般的な汁物椀はお椀の高さが低めなので、

奥に配置された主菜を取りやすくする為に、右側の前に置かれているという説。

など色々とあるようですが、

「左上位」に基づいているという考え方が一般的なようです。

 

私たち日本人にとって当たり前の行動が

海外メディアを通して、

日本人の国民性は素晴らしいと世界に報道されることがあります。

きっと、いろいろな事や物に対しての感謝の気持ちが添えられているからなのでしょうね。

私自身が、そのような目線で日本人の暮らしを改めて見直せるようになってから

まだ日は浅いのだろうと思うのですが、

たくさんの当たり前の中に、

たくさんの感謝が散りばめられていることを、

当たり前のように受け継いでいる。

その事も素敵なことだな、と感じる今日この頃です。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/