読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

幸せのレシピ集の中で巡る小さな美術館|自由な発想が楽しい『ミニチュアカレンダー』が人気、アートディレクター・デザイナー田中達也さんの世界。

f:id:hiiragi1111:20160227110855j:plain

私の好きな写真集の中に「MINIATURE LIFE」という一冊がある。

これは、WEBサイトやパンフレット等を手掛ける

クラウド社のアートディレクター・デザイナー田中達也さんの著書。

今回の「幸せのレシピ集の中で巡る小さな美術館」は、田中達也さんの世界をご案内します。

 

私は子どもの頃、

自宅の庭にある大きな欅の木の下で寝転がるのが好きでした。

地面に広がる芝生の少しチクチクした感触を背中で感じ、

芝の青い匂いを胸に吸い込みながら欅の木を眺めるのです。

自分がとても小さくなったような感覚が心地よくて少し不思議で

時々、私の顔を舐めにやってくる愛犬さえも少し大きく感じられました。

 

大人になると、

そのような時間は無くなるけれど、

あの時の感覚は今の私から消える事はないようで。

観葉植物を下から覗き込んだりすると、同じような感覚になるのです。

そして、時々思うのです。

自分が小さくなったら(子供という意味ではなく、

ありえないくらい小さなサイズになったとしたら)、

これはどんな風に見えるのだろう、とか

この景色は、どんな見え方をするのだろう、などと。

 

そのような時に出会ったのが彼の作品でした。

彼はこのようなことを言っています。

『誰しも一度は思ったことがあるはずです。ブロッコリーやパセリが森に見えたり、水面に浮かぶ木の葉が小舟に見えると。小人の視点で日常の物事を考えると、いろいろと面白いことを考えつきます。』

 

想像力は私たちに色々なエネルギーを運んできてくれます。

今日は『幸せのレシピ集の中の小さな美術館』で

自分が小人になったなら……、

そのような気持ちで、飲み物片手に、一緒に作品を楽しんでみませんか?

 

f:id:hiiragi1111:20160227104654j:plain

f:id:hiiragi1111:20160227104713j:plain

肉まんはテント、

遠くに見えるパセリは、この空間では立派な木です。

f:id:hiiragi1111:20160227104733j:plain

ゆでたまごを食べようとして、

こんな風に小人たちが工事をしていたら、

この先が気になって仕方ないですよね。

f:id:hiiragi1111:20160227104810j:plain

f:id:hiiragi1111:20160227104827j:plain

f:id:hiiragi1111:20160227104847j:plain

f:id:hiiragi1111:20160227105039j:plain

f:id:hiiragi1111:20160227104910j:plain

f:id:hiiragi1111:20160227105412j:plain

 彼の作品は写真集の中だけではなく、

『ミニチュアカレンダー』として

誰でも、いつでも、彼のホームページやSNSで楽しむことができます。

日めくりカレンダーのように毎日ひとつ、彼の作品が更新されます。

 

面白い発想に触れることができたり、

自分の中にもあった同じイメージを

彼が作品として視覚化してくれていたり、

そんな事があったら笑ってしまうね、

というようなシチュエーションがあったり、

リラックスした気分で楽しむことができます。

日常の中に、ちょっとしたユーモアを。

今回はクラウド社の

アートディレクター・デザイナー田中達也さんの世界をご紹介しました。

 

関連リンク:

画像出典:https://jp.pinterest.com/