読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

秋冬アウターをしまう前にセルフクリーニングをプラスして買った時の状態をキープしませんか?

やってみよう ファッション ファッション【お手入れ編】

f:id:hiiragi1111:20160229103944j:plain

寒い冬の相棒だったアウターたち。

春の訪れとともに、そろそろ今シーズンのお役目も終了ではないでしょうか。

皆さんはコートなどのアウターのお手入れはどうのようにされていますか?

毎シーズン全てのアウターをクリーニングに出しますか?

 

出番の多かったコートなどは様々な汚れが付いたままになっています。

見えない皮脂汚れなどもついていて、

今は気づかないけれど再び季節が巡ってくるまでの時間、

クローゼットの中で時間をかけて変色、定着してしまうのを防ぐためにも

クリーニングに出してからしまいましょう。

 

それほど出番が多かったわけではないアウターはどうでしょう?

出番が多くなかったとはいえ、同じような汚れが付着しています。

しっかりとお手入れをしてからクローゼットへしまわなければ、

虫食いにあったり、

カビが生えてしまったり、

それが他のお洋服へも移ってしまったりもします。

今回は、クリーニングに出すほどではないけれど着用した

お気に入りのアウターの自宅ケアをご紹介します。

 

【ブラシケア】

アウターだけではなく、

お洋服には目に見えないホコリや汚れが付着するものです。

日頃からブラシケアを加える事で、

ホコリや汚れを取り除くだけではなく、

お気に入りのお洋服の風合いを保ちながら長く楽しむことができます。

しまう前のケアとしても、まずはお洋服にブラシをかけましょう。

※詳しくは過去記事を参照下さい。

 

【拭き取りケア】

あまり着ていないアウターでも襟や袖には皮脂が付着しやすいです。

特にマフラーや手袋などで保温されている場所は、

夏程ではないにしても汗をかいているものです。

目だった汚れがなくても拭き取りケアをしておきましょう。

 

【1】タオルを水に濡らしてエマールなどのオシャレ着洗剤を少量含ませます。

襟や袖部分をトントンと軽く叩きながら

汚れをタオルに移すようなイメージでケアします。

汚れのひどい部分は数秒タオルを押し付けて汚れを移し取りましょう。

この時、衣類を擦るのは生地を傷めるのでNGです。

【2】汚れを移し終えたら、洗剤のついていないタオルを水で濡らして

同じようにトントンと叩きながら洗剤を取り除くイメージでケアをします。

【3】乾いたタオルを押し付けて水分を乾いたタオルで吸い取ります。

 

【お持ちであればスチーマーでシワとりケアをプラス】

拭き取りケアで衣類が水分を含んでいますので

1日程はクローゼットにしまわずにかけておきます。

この時間を利用してスチーマーで着用シワもとってしまいましょう。

※スチーマーケアは過去記事を参照下さい。

 

【クローゼットへしまう前の最終チェック】

全てのケアが終わったアウター類がしっかりと乾いているかを確認しましょう。

乾いていなければ、焦らずにしっかりと乾かし、

防虫、防カビカバーなどをお持ちであればカバーをかけ

クローゼットに収納しましょう。

私はお気に入りのお洋服のポケットには更に防虫剤を忍ばせ、

クローゼット内に除湿剤を多めに仕込みます。

 

長く大切に着たいお洋服ってありますよね。

見た目では分からなくても、

丁寧にケアをしておくと季節が廻ったときに

ケアの効果を実感できるかと思います。

スプリングコートを着る機会が増えてきたら、

少しずつ時間のある時にお手入れしてみはいかがでしょうか?

 

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/

Link: