読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

ファンデーションのスポンジ、いつ交換しましたか?お顔にバイ菌を塗り広げていませんか?

アイテム やってみよう ファッション 美容・健康

f:id:hiiragi1111:20160309155932j:plain

突然ですが、皆さんのメイク用品はバイ菌の温床になっていませんか?

少し、思い出してみてください。

ファンデーションに使っているスポンジを変えたのはいつですか?

そのスポンジは、いつお洗濯しましたか?

大きなブラシ、リップブラシ、アイシャドウの小さなブラシ、

ブラシのお洗濯をしたのはいつですか?

アイシャドウのチップやビューラーのゴムの交換をしたのはいつですか?

そのマスカラは、いつ購入したものでしょう?

はっきりと思い出せないのであれば、

お肌の為にもメイク用品のお洗濯、メイク用品の交換をおすすめします。

 

f:id:hiiragi1111:20160309155957j:plain

 

私達の皮膚には目には見えない微生物以外にも、

1000種類以上もの菌が住みついているそうなのです。

しっかりと洗顔出来ている美肌さんのお顔にも

少なくとも数十万匹以上の菌が存在しています。

 それら菌の中には、

お肌を弱酸性に保ってくれる菌もいれば

お肌を炎症させたり、老化させたりする菌などもいます。

このトラブルを引き起こすバイ菌を増やしているものが

お肌に直接触れることの多いメイク用品です。

 

汚れたままのファンデーションスポンジやパフなどを使っているという事は、

メイクをする度にお肌にバイ菌を塗り広げていることになります。

そのメイク用品を入れているメイクポーチは普段どこに保管されていますか?

外出時などは鞄の中に入れている場合がほとんどですよね。

日によって気温が上がったり、下がったり

不安定な保存状態の中、バイ菌の増殖が繰り返されています。

 お肌に良いことを沢山取り入れているのに

お肌の調子がなかなか良くならないあなた、

メイク用品のお手入れは出来ていますでしょうか?

 

f:id:hiiragi1111:20160309160106j:plain

 

【スポンジやパフ】

女性であれば必ず持っているメイク用のスポンジやパプ。

このスポンジやパフの寿命をご存知ですか?

実は、たったの一週間ほどなのです。

本来ならば使い捨てのスポンジを小まめに変えるのがいいのだとか。

だけれども、使い捨てのスポンジは肌触りがイマイチだったり、

ファンデーションの伸びが悪くなってしまったり、

肌辺りが悪くてお肌の弱い方は探すのも大変で

なかなかお気に入りには出会えませんよね。

その様な時には予備を準備して一週間に一度はお洗濯をして

出来るだけきれいな状態のスポンジやパフでメイクをするようにしましょう。

スポンジやパフ専用のクリーナーも販売されていますが

私は除菌効果のある中性洗剤で洗ってしまいます。

 

f:id:hiiragi1111:20160309160129j:plain

【様々なブラシ】

ファンデーションやフェイスパウダー、

アイシャドウ、チークなどを塗るときに使うブラシがあります。

簡単に使い捨ては出来ないですし、

肌触りの良い毛質にこだわって

クオリティーの高いものを使われている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、お手入れをせずに使い続けるのであれば

ブラシの寿命も短く1か月ほどなのだとか。

 

私たちの髪の毛も1か月も洗わずにいたら……と考えたら

色々と容易に想像できますよね。

ブラシも同じです。

ブラシも毛質によっては専用クリーナーを使ってお手入れをしましょう。

※熊野筆など化繊ではなく動物の毛が使われているブラシの場合は購入先のお手入れ方法に従ってお手入れをしてください。

一般的なブラシをお使いの場合は、

ブラシの毛を髪の毛だと思って扱ってください。

石鹸で洗ったのでは毛先がバサバサになり

使用時にお肌へダメージを与えてしまいます。

この様な時にはシャンプーでしっかりと洗いましょう。

リップブラシは、ブラシに残っている口紅をこまめにふき取って

清潔に保ちましょう。

 

【マスカラとビューラー】

マスカラのブラシは簡単に洗うことができません。

当然のようにバイ菌の温床になりやすいアイテムですので、

中身を使いきっていなくても衛生面を考えて

シーズンごとに買い替えるなどの工夫をした方が安心ですね。

そして、そのマスカラのついてまつ毛をビューラーで挟むので

ビューラーのゴムもバイ菌が付着しやすい場所です。

窪みができてきたら速やかにゴムを交換しましょう。

目はとてもデリケートな部分です。

目のトラブルを防ぐためにもマスカラとビューラーのチェックもお忘れなく。

 

毎日使っているメイク用品は

バイ菌が付着しやすいだけではなく、

同じくバイ菌が付着しやすい指先で触れるアイテムばかりです。

ついつい、新しい何かを取り入れる事で

お肌の状態を改善させようとしてしまいがちですが、

新しい何かの効果を最大限に得るためにも、

土台になる部分もしっかりとチェックしていきましょうね。

あなたのお肌が、今以上にぱーっと華やぎますように。

f:id:hiiragi1111:20160309160152j:plain

画像出典:https://jp.pinterest.com/