読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

お作法|熨斗(のし)袋に金額を記載する時、正しい漢字を使えていますか?

f:id:hiiragi1111:20160309154347j:plain

春は寿ぐ機会が多く、気持ちがふんわりと優しく、まあるくなる。

誰かをお祝いする気持ちは、

お祝いごとがあった本人だけではなく、自分のことまで温めてくれる。

 

長い人生の中では、

祝っていただくことも、

お祝いすることもあるのだけれど、

そのような時に「熨斗(のし)袋」を使う機会もあるのではないでしょうか。

今回は、どの熨斗(のし)袋を使うのか、ではなく

『熨斗(のし)袋の中の内袋に金額を記載する際に使う正しい漢数字』のお話です。

 

冠婚葬祭で使用する熨斗(のし)袋は、

普段から頻繁に扱うわけではありません。

また、多くの人の目に晒されてしまうものでもないため、

いつの間にか書き方が自己流になってしまうこともあります。

どのようなシチュエーションでの使用であっても、

その時々の気持ちを伝える大切なものです。

心をこめて丁寧に自信をもって用意したいですよね。

 

皆さんもご存知のとおり、

熨斗(のし)袋の内袋には名前、住所、金額を書くことがお作法です。

内袋にまで書かなくても分かるでしょう……と思ってしまいがちですが、

これは、相手への気配りと思いやりですので、

気心知れたお相手であったとしても書きましょう。

 

そして、金額を書くときには、

大字(だいじ)と呼ばれている旧漢数字を使います。

どうして大字(旧漢数字)を使うのかといいますと、

私たちが現在使っているものは略字と呼ばれています。

特別な日だからこそ、

略字ではなく大字を使うという理由ですが、

数字を改ざんされないようにする、

間違われないようにする、という理由もあります。

 

実際に使用する旧漢数字はこれです。

一→壱、二→弐、三→参、

四→四、五→伍、六→六、七→七、八→八、九→九

十→拾、百→佰、千→阡、万→萬、円→圓

 

金額の前には「金」を

金額の最後には「也」をつけます。

ただし、この「也」を付けるのは10万円を超える高額な場合のみに使用します。

実際には、『金壱萬圓』、『金伍萬圓』、『金拾萬圓也』という風に。

文字にも「おめかし」をさせて、

その場に相応しい空気を纏わせて送り出すイメージでしょうか。

 

今回ご紹介したお作法は、

毎日の生活の中で頻繁に必要になるお作法ではないのですが、

特別な日に気持ちを乗せて届けるお作法のように感じます。

この機会に確認しておいて、

次に「熨斗(のし)袋」を使用する際には

旧漢字に気持ちを乗せてみてくださいませ。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/