読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

虹が見られるのは昼間だけではありません。月夜に出会える虹をご存知ですか?

f:id:hiiragi1111:20160504150650j:plain

私は思考が止まらなくなる癖がある。

一度思考の大海原へ船が出てしまうと、

その船が我が港に戻ってくるまでに時間がかかるのだ。

世の中には答えが出ないことだって山ほどある。

答えが出ないことだと分かっているのに、

つい、自分なりの答えを見つけたくて船を出す、少々困った癖だ。

だけれども、そんな自分の癖に不意に助けられたりすることもあって、

そんな私も私らしくて、まぁいいか。と思っている。

 

ただ、その日は創作作業に若干の支障をきたし始めたため

リフレッシュも兼ねて月見酒をすることにした。

小さめのワイングラスを手にベランダのガーデンチェアに腰かけた。

空を見上げると雲が次第に薄れ、

薄い雲のベール越しにまあるいオレンジ色の月が顔を出した。

「あ、虹」

夜空からの虹の贈り物も受け取って

頭の中の思考の靄も一緒に取り除かれていくような心地よい時間。

 

皆さんは月夜にも虹がかかることをご存知ですか?

きっと、虹だと思わずに眺めている場合もあるので、

画像でご紹介させていただきますね。

f:id:hiiragi1111:20160416105146j:plain

f:id:hiiragi1111:20160416105206j:plain

f:id:hiiragi1111:20160416105229j:plain

この月の周りに浮き上がっている色、

これが月にかかる虹です。

 

f:id:hiiragi1111:20160416105129j:plain

昼間に見える虹は、

日本人の見え方と、世界各国での見え方には違いがあります。

日本では、虹の色は7色というのが常識ですが、

アメリカやイギリスでは虹の色は6色といわれていて、藍色を認識しません。

ドイツではさらに橙色もなく5色となり、

ロシアでは赤、藍、紫色がなく4色なのだそうです。

 

もともと虹は連続して変化した色の帯ですから、

はっきりとした色の境目があるわけではありません。

これを何色ととらえるのかは、その国の文化によって違いが出てきます。

また、色の名前を知らなければ、色を識別することもできません。

日本人は、日々の生活の中で植物やお着物などの色として馴染み深い藍色を、

虹の色として認識できるのでアメリカやイギリスで6色と言われている虹を

7色と感じることができるのだそうです。

日本人の持っている色を感知するセンスです。

f:id:hiiragi1111:20160504150734j:plain

そして、虹は本来2つ出ているのをご存知ですか?

見えている虹の外側に、もう一つ薄い虹がかかっているのですが、

様々な条件によって見えたり、見えなかったりします。

稀に2つの虹が見えることがあるのですが、

その稀さゆえ、これはダブルレインボーと呼ばれています。

 

虹を目にしたときは、

宝探し感覚でもう一つの虹を探してみてはいかがでしょうか?

そして、満月の夜は月にかかる虹が見られるチャンスです。

虹にも様々な種類がありますが、

中でも二つの虹がかかるダブルレインボーは、

別名「願いの叶う虹」と呼ばれています。

虹は「思いの架け橋」「吉兆のしるし」などとも言われていますので、

虹を見たら天に願い(思い)を届けてみるのもいいかもしれません。

f:id:hiiragi1111:20160504150756j:plain

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/

【みんなが笑顔で過ごせるように、自分にできることを考えてみませんか。】

熊本地震被害支援募金 楽天クラッチ募金│社会貢献活動:楽天株式会社のCSR

平成28年熊本地震義援金|緊急救援・被災者支援|寄付する|日本赤十字社

【あなたの寄付が2倍】熊本地震災害緊急支援募金 - Yahoo!ネット募金