読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

読書気分で要点だけをつまみ食い|寒天誕生の瞬間を覗いてみませんか?

たべもの 日常 日本のこころ 読書気分で要点だけをつまみ食い

f:id:hiiragi1111:20160515222635j:plain

少しずつ気温も上がってきて、すっかり春めいている今日この頃。

時折感じる太陽の熱い眼差しは、

ほんの少し夏の匂いを先取りしてきたような熱を含んでいたりもして

体が珍しく少しばかりヒンヤリとした喉越しの良いものを欲した。

私はちょっとしたおやつに「ところてん」を頬張ることにした。

 

皆さんは「ところてん」を召し上がるとき、

酢醤油派でしょうか?黒蜜派でしょうか?

今は両方の味共に全国区のような気がしているのですが、

少し前までは黒蜜は関西地区のお味だったようですね。

関西では、ところてんよりも前にくずきりを「黒蜜」で食べていたこともあり、

食感などが近いところてんも「黒蜜」で食べるようになったのだそう。

私は子どもの頃は、酢醤油に和からしを少し入れたものに

ゴマをぱらぱらと振りかけて食べていたのですが

「黒蜜」で食べるところてんの味を知ってからは「黒蜜派」でございます。

この日は家の中に黒蜜が無かったので黒砂糖で作ることに。

キッチンに黒糖の甘香ばしい香りが漂う時、

そして、ところてんのカロリーがほとんど無いことを良いことに、

あまーい黒蜜たっぷりで頂く、あの瞬間。

ワタクシ、何とも言えぬ幸せに包まれます。

 

ところてんが、口にした人の体の中をきれいにお掃除してくれる

頼りになる食材だということは皆さんご存知かと思いますので、

今回はちょっと視点を変えて、

ところてんと深い関係にある寒天の誕生秘話を

お届けさせていただければと思います。

いや、既に秘話ではないのですが、

そのような面持ちで気分を盛り上げてまいりたいと思います。

f:id:hiiragi1111:20160515223207j:plain

私たちの知っている寒天、実は、ところてんの変形でございます。

そして、ある職人の行動によって出来た偶然の産物だったのです。

 

寒天の誕生は徳川家四代目の徳川家綱の時代だったのだそう。

家綱さんと言えば、三代目に家光、五代目に綱吉という

何かと目立つお二人の狭間で少々影が薄うございますが、

なかなか聡明な方だったようでございます。

その家綱さんの時代に

参勤交代で江戸に向かう途中だった薩摩藩の島津家が

京都にあった、あるお宿に泊まったのだそう。

お宿のご主人は、張り切ってご馳走を作り

島津家家の皆さんをもてなしました。

 

いつの時代もそうなのですが、

張り切っておもてなしをするのは楽しくもあり、

神経も使うものでもあり、

気持ちがピンッと張った状態で過ごすことになります。

そして、お客様がお帰りになると、

そのピンッと張られていた糸が

プツンッと切れて抜け殻のようになってしまうことも、

そう珍しいことではございません。

そう、このお宿のご主人も、

島津家の皆さまがお宿を旅立たれた後、

しばらく抜け殻のようになったようなのです。

 

自慢の腕をふるったお料理の中には、

もちろん「ところてん」を使ったお料理もありました。

そして、お出しせずに残ったところてんは、

ご主人が抜け殻状態になってた間、外に放置されたままでございました。

ある日、鋭気を取り戻したお宿のご主人が

その「ところてん」の変わり果てた姿を目にするわけですが、

しっかりと自然乾燥されており、

氷柱の如く白くて美しい乾物と化していたのです。

 

姿を変えた「ところてん」に職人魂を刺激されたのか、

お宿のご主人は色々と試したのでしょう。

そして、乾物化した「ところてん」も美味しく、

使い勝手もいい事を確信するのでございます。

 

そしてこの、「ところてん」の乾物を隠元(いんげん)禅師という方が試食するのです。

隠元(いんげん)禅師も、この「ところてん」の乾物を気に入ります。

そして、精進料理の食材としても使うことが出来ると

奨めてまわったのです。

その時に「ところてん」の乾物に名前が無いことを知り、

「寒空」や「冬の空」といった意味を持っている漢語の「寒天」に

寒晒心太(かんざらしところてん)の意味を込めて、

「寒天」と名付けたとのことでございます。

 

失敗は成功のもと、と言われておりますが

いつの時代も、諦めなければ何かしら得ることができるようでございます。

もし、寒天を召し上がる機会がありましたら、

このような寒天の誕生秘話を思い出しながら

味わってみてはいかがでしょうか?

今回は寒天のお話でございました。

最後まで、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/