読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

誕生石|6月生まれの誕生石パール(真珠)の紹介。

f:id:hiiragi1111:20160527235253j:plain

5月生まれの誕生石に続きまして、

6月生まれの誕生石はパール、ムーンストーンなどが有名ですが、

今回はパール(真珠)にスポットをあててご紹介します。

f:id:hiiragi1111:20160528000207j:plain

天然石、宝石というカテゴリーで扱われているパールですが、

皆さんもご存知の通り、パールは鉱物ではありません。

貝の中に砂利などが入ると、貝はそれを異物だと判断します。

そして、その異物から自身の身を守るために特殊な粘液を分泌するのですが、

これによって砂利は年月を経て変形し磨かれ、

私たちが手にしているパールが出来上がります。

ですから、パールは「生命が創りだした神秘」と言われております。

 

貝に守られながら創り出されるパールはその背景からも、

守護のチカラが強い宝石として古より大切に扱われてきました。

また宝石の研磨技術が発達していなかった古の時代では、

研磨や加工を加えずとも、

そのままの状態で十分すぎる程に上品な輝きを放つ真珠は、

ダイヤモンドより高価な宝石とされていたようです。

そして世界中の人々に今もなお大切に、愛され続けている宝石です。

f:id:hiiragi1111:20160528000241j:plain

パールが持つ効果として言い伝えられていることは、

パールは守護の力が強いということ。

持ち主のイライラや辛い経験からくる気持ちを優しく包み、静め、

ストレスを感じている心身を体を癒し、感情の安定を促すので

ストレスによって眠りが浅い場合は、

枕元に置くと安眠を促すとも言われています。

また、パールは美しさの象徴でもあります。

女性が身に着けると心身が癒されて、マイナスの力が取り除かれ、

持ち主本来の優しさや美しさ、柔らかさ、上品さなどを引き出して

魅力や愛情を高めてくれます。

f:id:hiiragi1111:20160528000403j:plain

生命から産み出されるということや、

古代ギリシャで真珠は愛の女神アフロディーテの象徴だったことなどからもわかるように、

真珠は、いつの時代も女性の味方のような存在のようです。

 

そして、真珠には様々なエピソードが残されています。

様々な伝説が残されているのですが、

真珠は人魚の涙や月の光が貝の中に宿ったと伝えられることが多いのです。

「人魚が陸の上にいる恋人を想って流した涙が宝石となった」

「月のしずくが貝に落ち結晶になった」など、

女性的なキーワードやイメージで伝えられてきました。

このような事からも6月生まれの誕生石でもあるのですが、

全ての女性のお守りでもあるような気がいたします。

f:id:hiiragi1111:20160528000555j:plain

最後に、もうひとつパールにまつわるエピソードをご紹介します。

5月生まれの方の誕生石、エメラルドのお話でも登場したクレオパトラですが、

彼女はエメラルドだけでなくパールもお好きだったようなのです。                

彼女は、世界最大とも謳われたほどの

大粒の真珠でつくられたイヤリングを身に着けていたようなのですが、

当時、その片方の真珠一粒で

国をひとつ買い取れる程の価値があった真珠だったのだそう。

 

この頃、ローマの将軍アントニウスがエジプトに遠征していました。

ローマ人たちは豪華なお料理とお酒を楽しみながら

毎晩贅沢な夜を楽しんでいたのだそう。

そんな彼らの様子を眺めていたクレオパトラがアントニウスにひと言もの申したのです。

 

「あなた方の宴なんて本当の贅沢ではないわ。

私ならひと晩の食事で10,000,000セステルティウスを使い果たしてみせるわ。」と。

 

もの申したというよりは、

ここまでくると女王クレオパトラから将軍アントニウスへの、

一種の挑戦状ですよね。

私には10,000,000セステルティウスという額が

どれ程のものなのか想像すらできないのですが、

一般的に考えて可能とは言えない程、

国が変えてしまう程の桁外れな額だったようなのです。

もちろん、アントニウスもそんなことはできないだろうと思っているので

彼女の挑戦状を受けたのだそう。

 

次の夜、クレオパトラが宴をひらいたそうなのですが、

贅沢ではあるものの、桁外れに豪華なものではなかったのだそう。

もちろん、アントニウスは、クレオパトラのことを大勢の前で責めたて、

負けを認めるよう詰め寄りました。

しかし、女王クレオパトラは余裕の笑みを浮かべ、

侍女に小さなグラスを持ってこさせたのだそう。

ここで、あの大粒の真珠の出番です。

クレオパトラはイヤリングの真珠を取り外すと、

お酢が入ったグラスに杯の中にドポンッと放りこみました。

国を買えるほどの真珠ですが、この時点で、もうその価値はなくなってしまいます。

 

驚き騒めくローマ人の前で真珠はグラスの中でシュワシュワと溶けていきます。

クレオパトラは、このグラスの中身を一気に飲み干したのです。

そして、チラリと妖艶な笑みを

動けず、言葉も出なくなった将軍アントニウスに向けると、

彼女はもう片方のイヤリングも外しました。

これを見ていたローマ人の別の将軍が止めに入り、

アントニウスの負けを宣言したそうなのです。

やはり、パールは女性に味方するのかもしれません。

その後のお話しもあるのですが、それはまたの機会にいたしましょう。

f:id:hiiragi1111:20160527234136j:plain

ここへ足を運んでくださっている6月生まれのレディの皆さん、

お誕生日おめでとうございます。

新しい一年が更に充実した素敵な年になりますように☆彡

あなたの6月のお誕生日に、たくさんの祝福を込めて。。。

 

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/