読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

限りある自分の持ち物をどこに、どう使うのか、使いたいのか。

f:id:hiiragi1111:20160607161235j:plain

仕事の合間のティータイムは、私のちょっとした楽しみのひとつ。

キーボードを叩く指が軽やかであっても、そうでなくても、

スケッチブックの上をペンがスイスイ走っても、走らなくても、

この時間だけは関係ない。

消費期限が近付いているのはカステラなのだけれど……。

この日は、カステラにするか紅芋タルトにするかを

キッチンに立って真剣に悩んでいた。

 

人は一生のうちに、どれ程の数の選択を繰り返すのだろう。

人生も、その中にある日々も、日々の中の毎瞬さえも選択の連続だ。

手を動かしながらそのようなことを思い、

日々の中に在る、「自分の意志で選ぶことができる」という

可能性のようなものに妙にワクワクしたりもした。

選んだ紅芋タルトをお皿に乗せて、

ワクワクに引っ張られるかのように鼻歌交じりで

カトラリーの引き出しから小さなフォークを取りだした。

 

日々、様々なことを選択し続けている私たちだけれども、

どちらを選択すべきか、迷い悩み、なかなか答えが出ないこともよくあることだ。

そのような時、比較の対象にならないようなことを比較して

何とか答えを絞り出そうとしていることがある。

 

例えば、物質面や経済面といったものと、

自分自身の気持ちを同じ土俵の上で比較しているような時。

もっと具体的に想像するとしたら、

何か習い事を始めたいだとか、

働きながら、子育てをしながら、何かを学びたいだとか、

といったことにも当てはまるでしょうか。

 

もちろん、その時々のシチュエーションや関わり合いなどを含めた

様々な要素も検討対象になってくる場合もあるのだけれど、

その辺りまでを考慮しながら考え始めるとキリがない。

「物質面や経済面を優先するのか」、「気持ちを優先するのか」という

二つの選択肢が目の前に現れたとき、

何をどのように選んで、

限りある時間と体力、金銭、そして気持ちといった自分の持ち物を

どこにどう使うのか、使いたいのかを自分自身のこころに尋ねてみると、

少しだけ迷いの中に変化が起こるように感じます。

 

年齢を重ねていくにつれ見えない将来を不安に感じてしまうこともありますし、

今、目の前にあるものを守ろうという視点にとらわれてしまうこともあるのだけれど。

 自分に制限をかけてしまうのも、甘やかしてしまうのも自分。

そんな自分を気にかけたり、助けられるのも自分。

人というものは、思っている以上に忙しい生きもののようです。

 

そのような事を思いながら口に運んだ紅芋の甘さがこころに優しく広がった。

消費期限にとらわれずに、

「今は紅芋タルトを食べたい」と思った気持ちを選んで正解。

何を選ぶかはいつだって自分次第。

今日もあなたらしい選択で充実した1日になりますように。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/