読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

最近、なんだか焦る、自信がない、不安だというあなた、「レミニセンス現象」を見直してみてはいかがですか?

こころ 日常

f:id:hiiragi1111:20160710111434j:plain

突然ですが、大人にも子どもにもある「レミニセンス現象」をご存知でしょうか?

どのような現象のことなのかと言いますと、

皆さんは、つい最近まで出来なかったことが、ある日突然出来るようになっていたり、

訳が分からなくなるほどに悩んでいたことが、

寝て起きたら解決策がポンッと浮かんで簡単に解決してしまったり、

頑張って暗記してみたけれど昨日までうろ覚えだったことが

翌日は面白い程に答えられた、

というような経験はありませんか?

 

暗記や運動など脳と体の記憶は、

記憶したすぐ後よりも、記憶してからある時間経過してからの方が

すんなりと思い出すことができたり、

すんなりと動くことができる(出来るようになっている)場合があります。

テスト前日に徹夜で知識を詰め込んで眠らずにテストを受けるよりも、

一度眠った方が良い結果が出やすいと言われている、あの状態です。

このような現象のことを、「レミニセンス現象」と言います。

 

レミニセンス現象がどのような仕組みで起こっているのかといいますと、

休憩や睡眠によって、ある一定時間詰め込むことを止めると、

徐々に下がってきていた集中力が少しずつ復活していくのと同時に、

脳や体の記憶が整理されて自分の知識として脳や体に定着しやすいのだそうです。

この一定時間の間隔は数分から数日まであり、個人差もあるようです。

 

このレミニセンス現象を踏まえると、

日本人は学校でも会社でもプライベートでも詰め込み勝ちなところがありますが、

人は何かをインプットしたら、それを消化し、整理する時間が必要なのです。

例えば、自分やお子さん、会社の部下や、仲間、

その他自分が関わっているコミュニティー内で

すぐに成果を出したい場合は、つい焦って詰め込みたくなりますが、

練習などの成果や記憶が実感できるまでには少々のタイムラグが生じるようです。

日本人は、休憩や休息の時間が長くなると

怠けているような感覚になって罪悪感を感じることが多いのですが、

やることを必要な分だけし終えたのなら、

しっかりと休憩をとったり、眠ったり、リフレッシュすることも大切なのです。

 

誰でも経験があると思うのですが、

一生懸命頑張っているけれど自分が進めていないような気がしたり、

子どもに何かを教えているときに、なかなか覚えてくれないと感じて、

焦ったり悩んだりすることがありますよね。

一生懸命やったのであれば、一度しっかりと休憩するなり、ぐっすり眠るなりしましょう。

寝ている間に頭の中や、筋肉の感覚などを脳や体が整理整頓してくれます。

 

最近、なんだか焦るな~、自信がないな~、不安だな~という気持ちに

忍び寄られているあなた。

今晩は早めにぐっすりと眠ってみてはいかがでしょうか。

何ごともバランスです。

私は自分自身のバランスを取ることが少々苦手なので

自分にもしっかりと意識を向けていないとすぐにバランスを崩してしまいます。

インプットばかりで整理する暇がなければ

脳も体も、そして心もてんやわんやですよね。

脳にも体にも心にもアウトプットするための整理の時間、

余裕を与えてあげてみてくださいませ。

私も今晩は早くベッドに潜り込もうかしら、と思っております。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/