読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

成功することよりも自分らしくいることの方が難しいのかもしれません。

こころ 言の葉 日常

f:id:hiiragi1111:20160721220431j:plain

最近お気に入りの果汁濃度の高いフルーツゼリーを口へ運んだ。

とぅるんっと口の中に滑り込むゼリーの

固すぎず柔らかすぎずの食感に思わず目を閉じた。

この日食べたのは、みかんの房がギッシリと入ったゼリーだったのだけれども、

ひと房、ひと房、しっかりとした甘みが感じられて何て幸せなんだ、と思う。

ゼリーに集中すること数分、器をテーブルに置くや否や

自分が思うように行動できていないあれやこれやが頭の中に浮上した。

どうして一歩を踏み出せないのだろう、そのような事をぼんやりと思った。

 

きっと、「失敗したらどうしよう」、「間違ったらどうしよう」といった

思考癖のようなものが私の中のどこかにあるのだろうなと思った。

習慣というものは自分の意識していないところで勝手に動いてしまうことがある。

失敗したからといって、間違えたからといって命まで取られるわけではないし、

そもそも、人生の中でひとつの失敗もない人生なんてあり得ない。

失敗したって、間違ったって、たいしたことではないじゃない。

そう思って過ごしてはいるものの、

時に無意識に成功や正しい答えありきで行動しようとして、

必要以上に完璧であることに執着してしまって

状況に一喜一憂しては心をかき乱されて身動きがとれなくなることがある。

 

確かに成功を重ねていく寄り道の無い人生もいいのかもしれないけれど、

寄り道のある人生だって、なかなか乙なものではないか。

成功の経験だけではなくて、

過去の失敗だって今の自分の血となり肉となり

今日の私を支え、作ってくれているのだから恐れることはない。

「失敗したって、きっと大丈夫」

そう思うだけで肩の力がふっと抜けて自分らしく行動できるような気がします。

本当は成功することよりも自分らしくいることの方が難しいのかもしれませんね。

 

ちょっとした勇気が出ないとき、

「失敗したって、きっと大丈夫」

そんな呪文を自分にかけて、肩の力を抜いてみてはいかがでしょうか?

肩の力が抜けると心配や不安がワクワクに変わります。

さて、私の中で燻っていたあれ、勇気を出しで一歩踏み出してみようかしら。

「失敗はダメなことではなくて貴重な経験」私はそう思います。 

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/