読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

贈る相手にも使ったあなたにも幸せがふわりやってくる「言祝ぐ」という言葉、使ってみませんか?

f:id:hiiragi1111:20160825170947j:plain

先日、ある友人から久しぶりにメールが届きました。

その友人というのは以前同じ職場で働いていた後輩で

今はお互いとも当時の職を離れ新たな世界で過ごしております。

有り難いことに当時の職を離れてからも疎遠になることはなく、

無理の無い心地良い距離感で温かいご縁が続いている友人の一人です。

出張で国内を飛び回り忙しくしていた彼女からのメールには

結婚することが決まったという報告が。

とてもおめでたい。

そして何よりも彼女自身がこのことを喜んでいて、

幸せに過ごしていることが伝わってきたことが嬉しくて、胸がいっぱいになりました。

自分と関わっている人が幸せでいてくれる、元気でいてくれる、ということは、

自分の幸せに繋がるのだと改めて。

だからこそ、自分も色んな意味でそうあらねば、と思った出来事でした。

 

幸せをお裾分けしていただいて噛みしめていたこの日の夜、

言祝ぐ(ことほぐ)という言葉が何度も頭に浮かびました。

私は、この「言祝ぐ(ことほぐ)」という言葉が好きです。

 

文字からも想像ができるかと思うのですが、

お祝いの言葉を述べることを「言祝ぐ(ことほぐ)」といいます。

平安時代以降、初めは「ことほく」と言われていたのですが、

次第に「言祝ぐ(ことほぐ)」や「寿く(ことぶく)」とも言われるようになりました。

この「寿く(ことぶく)」が後に「寿(ことぶき)」と変化します。

 

この「言祝ぐ(ことほぐ)」という言葉には、

言葉を口にすることによって幸せを招き入れるという言霊思想というものがもとにあります。

先人は、おめでたい言葉を口にすると幸せが訪れると言い、

相手の幸せを願う、優しくて温かな思いを「言祝ぐ(ことほぐ)」「寿く(ことぶく)」という言葉に込めました。

 

結婚式でのスピーチで「ご結婚を祝して」というフレーズがありますが、

ここに更にお祝いの気持ちを込める場合、「ご結婚を言祝ぎ」と使うことができます。

結婚式を例に挙げていますが、

「言祝ぐ(ことほぐ)」は結婚式に特化した言葉ではありませんので、

季節をお祝いする場や、長寿のお祝い、

人生の中に在る様々なおめでたいシーンで使うことができる素敵な言葉です。

 

幸せのレシピ集でも度々触れる機会がありますが、

もともと日本という国は、言葉を大切に扱ってきた国です。

誰かの発したひと言に元気や勇気をもらったり、励まされたり、

自分の発したひと言が知らぬ間に元気や勇気、励ましを与えていることがありますよね。

言葉は人の思いを乗せている。

思い不在の言葉ではなく、気持ちのこもった言葉を使っていきたいものですね。

 

皆さんも機会がありましたら「言祝ぐ(ことほぐ)」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

相手にも使ったあなたにも幸せがふわり、訪れるのではないでしょうか。

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/