読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

「苦手」の中には自分次第で「苦手を楽しむ」ことができるモノゴトもある。

f:id:hiiragi1111:20160911165113j:plain

皆さんは最近、新しい経験にトライされましたか?

少し前に、ここへ足を運んで下さっている方からメッセージをいただきました。

幸せのレシピ集内で公開している申梅のお話を読んでくださって、

梅干しは全く好きではないということだったのですが、

申梅に興味を持っていただいたようで、

申梅にトライしながらメッセージを送ってくださったのです。

ワタクシ、このメッセージにとても感動しまして、素敵だなと感じました。

 

「苦手」と「興味」を天秤にかけて自分の意思で自分の「興味」という声を選択してみる。

そして、自分が苦手としているものにトライし、経験してみる。

これは様々なエネルギーを要することだと思うのです。

そこで、「やっぱり苦手だ」と感じたり、「思っていたよりも大丈夫かも」と感じたり、

感じることはその時々、状況で異なると思うのですが、

例え好き嫌いが変わらなくても自分の五感が刺激を受けてアップデートされて、

トライ前とは違う視点からモノゴトを見たり感じたりできるようになることもあります。

トライしてみることで、どんな風に苦手なのか、どこが大丈夫だと感じたのか、

今の自分の感じ方を知ることができたり、

経験値だって自分が感じている以上に上がります。

 

実は私も苦手だけれども気になっていることがあったのです。

一度自分に定着した「苦手意識」というものは、

そう簡単には無くならないようで避けていたのです。

だけれども、いただいたメッセージに背中を押され、

トライしてみようという気持ちになりました。

私のトライは、「やっぱり苦手なんだな」という結果に終わったのですが

再トライしてみて良かったです。

トライするその時まで、あれやこれやと思いを巡らせるのも楽しかったですし、

トライする瞬間も五感がイキイキして、

以前の私よりも今の私の方が感じられることが多かったように感じます。

苦手なことの中にも自分次第で「苦手を楽しむ」ことができることがあるのだと、

改めて感じられました。

 

苦手なことを克服しなくてはいけないとか、

トライをしなくてはいけない、といった窮屈な発想ではなく、

自分自身が楽しむための視点を忘れずに

世の中や自分の日々を見つめられたらいいですよね。

日々の中にあるモノゴトをどう感じて、どう選ぶかは自分次第。

今日も自分自身のプロデューサー気分でまいりましょう。

 

私信:素敵な機会を下さったkazabikeさん、ありがとうございます。

f:id:hiiragi1111:20160911165321j:plain

画像出典:https://jp.pinterest.com/