読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

夏から秋へバトンタッチ!衣替えの季節は『しまい洗い』をしてみませんか? 

f:id:hiiragi1111:20160920220728j:plain

先日、クリーニング店の方に「しまい洗いをされますか?」と尋ねられたのです。

セルフクリーニングが難しいものばかりだったため、

来年になってがっかり肩を落とさないよう、

全て「しまい洗い」をしていただくことにしました。

そろそろ着納めのお洋服が出てくる衣替えの頃なので

今回は、自宅で出来る「しまい洗い」のポイントをおさらいしてみませんか?

幸せのレシピ集では季節の変わり目に

お洋服ケアのお話をさせていただくことがありますが、

夏から秋への衣替えはとても重要です。

 

夏物のお洋服は、肌触りや通気性が良く、

お手入れもしやすい綿や麻といった素材のものが増えるものです。

ただ、翌シーズンに着ようと思ったら黄ばみが出ていたり、

全体的に色褪せているように感じた経験。

しっかりとお洗濯したはずなのに翌シーズンには残念感が漂っていて、

お洋服の寿命だったのかしら?と思った経験、ありませんか?

 

冬も意外と汗をかいているものなのですが、

やはり夏本番は汗の量や質が違います。

お洋服は本来素肌に直接着るものではないとはいえ、

夏はインナーも薄手のものに変わりますので、

お洋服も汗をたっぷり吸い込んでいます。

しっかりお洗濯をしていたとしても

汗に混じった微量の皮脂がワンシーズン分お洋服に蓄積されているので、

季節を巡る間にじわーっと酸化してお洋服を変色させてしまいます。

来シーズンも着たい!

と思えるお洋服には、このようなケアをしてみてくださいませ。

f:id:hiiragi1111:20160920220859j:plain

|お水は?

皮脂の性質上、水の温度が上がると落ちやすいのでぬるま湯を使ってお洗濯する。お湯ですと繊維を傷めますのでぬるま湯です。

 

|洗剤は?

色柄にも安心して使えるタイプの漂白・除菌洗剤を少量プラスします。漂白する目的もありますが、保管中に菌が増殖しないようにする目的もあります。※デリケートなお洋服は傷むことがありますので注意が必要です。

 

|洗い方は?

手洗いであれば普段通りで構いません。洗濯機で洗う場合は、洗濯物の量を少なめにし、しっかりと洗えて、洗剤もしっかりとすすぐことができる量にしましょう。

 

|すすぎのポイントは?

洗剤や洗濯機の性能がアップしているため、すすぎは1回というお宅も多いかと思います。しかし、しまい洗いをするときには、洗剤や汚れが繊維に残ってしまうのを防ぐために、すすぎは2回以上、しっかりとすすいでくださいませ。

 

|乾かすポイントは?

とにかく、しっかりと乾かしきってから収納しましょう。デザインが凝ったお洋服はスチーマーなどで形を整えておくといいと思いますが、スチーマーを使った後も焦らずにしっかりと乾かしきってください。

 

|自分で洗う自信がないものは?

自分では自信が無いという方はプロにお任せしましょう。季節の変わり目であれば「しまい洗い」かどうか確認してくださるクリーニング店もありますが、お店の方からのお声かけが無い場合は一度、「しまい洗い」をお願いできるかどうか伺っていてもいいのではないでしょうか。

 

文字にしてしまうと作業が増えるように感じてしまいますが、

実際は着納めた順に少しずつ「しまい洗い」をするので大きく時間を取られることもありません。

暑い夏の気分を上げてくれたお洋服たち、

今年、袖を通した時の気持ちで来年も楽しめるように

「しまい洗い」を是非、いかがでしょうか。

画像出典:https://jp.pinterest.com/

Link: