読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

今更なのですが、ハロウィンとは何ぞや?

外国のおはなし 歳時記

f:id:hiiragi1111:20161006175911j:plain

夏が終わる前からショップに並ぶハロウィングッズやハロウィンパッケージのお菓子たちに

何だか日々を急き立てられているような感じがしていたけれど

気付けば今年のハロウィンも目と鼻の先まで来ている。

ハロウィン用のアイテムを引っ張り出さなくてはと思いつつも

なかなか重い腰を上げられずにいた私に

友人知人たちから今年のハロウィンはどうするのか?というメールが届く。

ハロウィンは、いつの間にこんなにも世の中に定着したのだろうか。

 

日本人は意外にも新しいもの好きでお祭り好き。

そして、日常を少しでも楽しくしていこう、楽しもうという気持ちは、

私たちが知らぬ間に先人たちから譲り受けたものだと思うのです。

ですから、きっと今年のハロウィンも多くの日本人がその資質を発揮するのだと思うのですが、

ハロウィンがどういう日がご存知でしょうか?

せっかくの機会なので本来の意味を知った上で、

現代のハロウィンを思いっきり楽しんでみませんか?

ハロウィンを目前に控えた今回は、

「ハロウィンとは何ぞや?」という視点でお話させていただきたいと思います。

お好きなお飲み物を片手に、のんびりとお付き合いくださいませ。

 

|ハロウィンの元になっている行事とは?

10月31日はケルト民族の大晦日で秋の収穫を祝い、豊穣を祈る日でした。

と同時に、この日は日本のお盆のように、

死者の魂が家族の元へ帰ってくる日と言われていました。

ただ、死者だけではなく悪霊もやってくると言われていたため、

収穫をお祝いして感謝し、死者をお迎えしつつ、悪霊を払う、

とても大切な日だったのです。

 

|現在のハロウィンと元となるケルト民族のハロウィンとの関係は?

ハロウィンの元となる行事を行っていたケルト民族は時代を経る中で、

カトリック系の民族に侵略されてしまいます。

侵略者であるカトリック系の民族たちには11月1日を聖者の日として祝う習慣がありました。

偶然にも侵略されてしまったケルト民族たちは、

聖者の日前夜に行っていた行事がありましたので、

カトリック系民族たちは、それを自分たちの都合に合うように手を加えて

自分たちの習慣に取り込みました。

ですから、もとはケルト民族の行事だったものが形を変えて

カトリック系の民族に広がり、浸透し、

キリスト教の文化圏にまで広がったものが現在のハロウィンです。

現在のハロウィンに宗教的な意味合いが全くなくなった訳ではないけれど

本来の意味合いが薄れつつあり、お祭りとして楽しんでいる傾向が強い一方で、

現在も宗教の関係で本来の意味合いを大切にされている方々もいらっしゃる。

というのが現状です。

f:id:hiiragi1111:20161006180413j:plain

|どうして仮装するの?

ケルト民族の言い伝えでは、

10月31日にやってくる悪霊たちは子どもたちをさらったり、

農作物や家畜などに害を及ぼすと言われています。

ですから、悪霊たちを驚かせて祓ったり、

自分たちも悪霊の仲間だと思わせることで連れ去らわれないように仮装をします。

そう思って仮装を見てみると、不気味な仮装が多いことも納得できますよね。

f:id:hiiragi1111:20161006180446j:plain

|カボチャで作るジャック・オー・ランタンに意味はあるの?

ハロウィンと言えば、

目にも鮮やかなオレンジ色のカボチャをくり抜いて作るジャック・オー・ランタンですが、

このカボチャにはお守りの意味があるのです。

カボチャのランタンは悪霊から守ってくれると言われているため

ハロウィンには欠かすことができないアイテムの一つです。

我が家では、毎年カボチャを使って作るのは大変なので、

ジャック・オー・ランタンのオブジェが毎年ダイニングテーブルの上に登場します。

ハロウィンの飾りつけをされる方は、是非、

あなた好みのジャック・オー・ランタンを準備してみてくださいませ。

f:id:hiiragi1111:20161006180537j:plain

今回は、ハロウィンの起源や歴史を簡単に覗いてみたのですが、

本来のハロウィンのことを掴んでいただけましたでしょうか? 

行事スタイルにはお国柄が表れますが、

収穫を祝い、感謝して、翌年の豊穣への祈りと厄除けをセットで考えるのは

日本に限った事ではないようですね。

 

毎年、ハロウィンの日は何もしないというあなた。

今年はジャック・オー・ランタンを作った気分で、

カボチャ料理やカボチャのスイーツを召し上がってみるのはいかがでしょうか?

色繋がりでオレンジ色のお花を1輪飾ってみるのはどうですか?

または、欧米ではハロウィンの日にはリンゴを食べる習慣がありますので、

リンゴやリンゴを使ったスイーツなどはいかがでしょうか?

こういうものごとは楽しみ方無限大だと思うのです。

収穫に感謝して、自由な発想で今年のハロウィンを楽しんでみてくださいませ。

関連記事: 

画像出典:https://jp.pinterest.com/