読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

EQ心の知能指数ってなあに?

f:id:hiiragi1111:20170103160800j:plain

その日、何の話題からそこへ辿り着いたのかもう誰も思い出せなかったのだけれども

世の中に出ている様々な知能指数テストの話になったのです。

人は自分のことを「あなたはこういう人です」「あなたにはこういう所があります」などと

診断してもらうことが好きだと。

まるで中身の分からないプレゼントを受け取るときのようなワクワク感が生まれるのか、

その結果が腑に落ちるものであっても、そうでなかったとしても、

何となく、それを楽しんでしまうところがあるように思うと。

このように文章にしてしまうと、

達観しきっているようなニュアンスになってしまうのだけれども

この話をしていたときのメンバーは私も含めて、こういう診断はとりあえずやってみたい派。

そして、出された答えにああだ、こうだ、言って楽しむのです。

女性なら分かっていただけるでしょうか。

学生の頃、皆で雑誌の占いのページを覗き込んで、「わーきゃー」言っていた感じ。

さすがに酸いも甘いもそれなりに噛分けた大人なので、

「わーきゃー」は若干抑え気味ではありますが、あのノリでございます。

 

そして、久しぶりにEQなんてしてみたら面白いんじゃないという声があがりました。

EQというのは、日本では心の知能指数という呼ばれ方をしています。

これはアメリカの心理学者ピーター・サロベイ博士らが発表したものなので、

現在の自分の感情の状態を知って、

人と接する時に苦手になっている部分を知ってみようじゃないか。というテストです。

 

これを知ってどうするのか。

簡単に単なる心理テストで終わらせないポイントをお伝えしますと、

自分の感情の変化や状態を客観的に知ることで、

自分のことだけではなく相手の立場に立ってものごとを見る視点がポッと生まれることがあります。

そのような視点は誰もがこれまでだって持ち合わせていたものだけれども、

改めて感じ直すことで気づくことが出来る何かがあるかもしれないということです。

これを、パートナーとの関係性をもっともっと素敵なものにしていきたい、とか。

仕事を通して関わる人たちとのコミュニケーションを向上させたい、とか。

子育てで余裕を無くしかけているときの新しい視点として使うことで、

自分の余裕を取り戻したり、子どもの立場にも立つことができたりたりと、

全てのコミュニケーションに活かすことができる、というようなものです。

 

そして面白いのは、このEQは向上させていくことができるものだということ。

自分の感情を知って認識することができれば余裕が生まれて、

相手に対しても余裕をもって接することができるので、

相手の関係性も丁寧に育てていくことができます。

これが繰り返される中でEQは少しずつ上がっていくのだとか。

内面磨きのキッカケのようなものであるのかもしれませんね。

不得意なことが分かっても落ち込んだりしなくても大丈夫。

それぞれに得意なことや不得意なことがあります。

この日の私たちは大笑いしながら現在の自分を知ったり、

相手の苦手なことや得意なことを共有し合うなどしていたのですが

世の中、持ちつ持たれつなのだと改めて感じたところでございます。

みんな違うけれど、みんな同じ。

今日も口角をきゅっとあげて笑顔でまいりましょう。

 

興味を持たれた方は、下記のリンク先で現在のEQテストを体験できます。

関連リンク:※心の知能指数テストを無料実施-EQテストさんからお借りしています。

画像出典:https://jp.pinterest.com/