幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

言葉遊びのセンスに長けていた夏目漱石のこと、ちらっと覗いてみませんか?

f:id:hiiragi1111:20170220171233j:plain

学生の頃、マニアックな趣味をもった友人に囲まれていたのだけれど、

その中に無類の漱石好きがいた。

文豪、夏目漱石好きだと聞けば本好きなのだろうというイメージを抱いてしまうのだけれども

彼女は頑なに違うと言っていた。

もちろん、漱石好きのきっかけは彼の作品だったらしいのだけれども、

彼の逸話を見聞きするようになってからは、

どのような思考回路の人物がどのような思いで作品の登場人物にこのようなことを語らせているのだろうか、という所に深い興味を抱いたのだそう。

作品の内容はあまり覚えていないと笑う彼女だったけれど、

彼女が自身の推理も交えながら漱石のことを語るとき、

自分が世に送り出した作品をこれ程までに愛してもらえたら本望だろうに、

と思ってしまうことが多々あり、

本当は穴が開くほど彼の作品を読んでいるに違いないと感じたことがあった。

あの頃から漱石の名に触れる時、多感な時を共に過ごした彼女のことを頭の隅に思い出す。

 

どうして突然、このような話なのかと言うとカレンダーを眺めていてハッとしたからだ。

2月21日は夏目漱石の日なのだ。

彼女から何度も聞かされたおかげで家族の誕生日並みに私の記憶にインプットされている。

ただ、この日は漱石の誕生日ではなく、

当時の文部省が漱石に文学博士の称号を送ると伝えたところ、

「自分に肩書きは必要ない」と言って手紙でこの称号を辞退した、その辞退の日なのだとか。

そのような日が記念日のような扱いを受けていることにも驚いたけれど、

どのような時代であれ、人の斜め上を行く人物の切り返しはキレがいいのだなと思った。

 

そして、漱石は言葉遊びのセンスにも長けていたことも有名。

彼は作中で造語や当て字を生み出して遊んでいる。

例えば、私たちが当たり前のように使っている

「沢山(たくさん)」「浪漫(ろまん)」という言葉も彼の言葉遊びだと言われています。

ただ、博士の称号を辞退するような人。

自分がオリジナルで作った言葉だ、といった説明や記述を一切残していないため、

本当に漱石が作った造語だ、当て字だと証明ができないのだそう。

 

そして、ここ数年、ドラマなどの台詞でも登場することの多い、

男性が女性に対して言う「月がきれいですね」には「I love you」の意味があるというもの。

実はこれも漱石のエピソードだと言われていました。

漱石は英語にも長けていたため作家だけではなく英語教師もしていたのですが、

あるとき、生徒が「I love you」を「我は君を愛す」と訳したそうなのです。

これに対して漱石は、「日本人であれば、月がきれいですねと言えば気持ちは伝わる」と言ったとか、言っていないとか。

こちらも証拠となるようなものは残っておらず、

今は漱石はそのような事は言っていないのではないか、と言われております。

それでも、ドラマの台詞として使われてしまうのは言葉が持つ生命力なのかもしれません。

 

ただ、証拠はなくとも、

このように様々な言葉やエピソードが漱石の名と共に残っているということは、

漱石と言う人物は、様々な言葉を楽しく、時に艶やかに育て扱うことのできる作家だったのだろう、

そして、そのことを認めている人が多々いたのだろう、

わたくしは個人的には、そんな風に思っております。

文豪などと頭に付けたら漱石に削除されてしまいそうですが、

夏目漱石の名に触れる機会がありましたら、

このようなお話をチラリと思い出していただけましたら幸いです。

画像出典:https://jp.pinterest.com/