読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

シンプルに過ごす、シンプルに生きるって難しいものね。

日常

f:id:hiiragi1111:20170410135004j:plain

気分がスッキリしないとき、私は掃除や整理整頓をする癖がある。

その日も、なかなかエンジンがかからない自分を何とかしたい気持ちもあって、

何となく目についた引き出しを開けた。

そのまま引き出しごと引き抜いて、

細々と収納してあった中身を豪快に床にひっくり返して整理整頓を始めた。

子どもみたいな整理整頓の仕方なのだけれど、

この、「中身を全部ひっくり返す、収納スペースから一度全部出す」という行為を

密かに気に入っているのだと思う。

f:id:hiiragi1111:20170410135035j:plain

 

物が少ないというわけでもないのだけれど、

お気に入りのものだけに囲まれていたいと思うクチのため、

物を無駄に溜め込むタイプではないと思っている。

もちろん、これまでには中途半端に好きなものや、

それ程好きではないものを所持してしまっただけではなく、

使いもしないそれらを、なかなか手放すことが出来ないという失敗も重ねてきた。

今でも、失敗することは無くなったと言いきれはしないものの、

以前よりは、お気に入りを厳選する精度も上がったような気がしている。

 

それなのに。

それなのに、何なのだろう、この引き出しの中身は。

お洋服が静電気によって体に張り付いてしまうことを防ぐためのスプレー缶が4本もあったのだ。

あとは手のひらよりも小さな丸型の缶に入ったハンドクリームも4個。

それぞれ、同じメーカーの同じ商品だった。

静電気防止スプレーやハンドクリームは多種多様にあるけれど、

緊急時にどこでも簡単に手に入り、

少量サイズでリーズナブルなそれらを信用しているのだと思った。

ある意味、ブレることなくお気に入りを購入しているようなのだけれど、

4本と4個は多すぎやしないだろうか。

ストックかしら?ととぼけてスプレー缶を手に取ってみたけれど、

4本とも見事なまでに使いかけの状態だった。ハンドクリームもしかり、だ。

きっと、出先でお洋服の張り付きが気になり、手の乾燥が気になり、

ドラッグストアーかコンビニに駆け込んで購入したのだろう。

床に散らばっているそれらを眺めていたら、

「前冬シーズンに駆け込んだ数、それぞれ4回也。」と無言による結果報告を受けた気分になった。

さて、どうしたものか。

使い切ることはできるだろうけれど、

使い切るその瞬間まで、それらが占領しているスペースは片付かないということだ。

引き出しの中を今以上に片付けられたわけではないのだけれど、

ひっくり返した引き出しの中身を全て元の位置に戻しながら思う。   

シンプルに過ごす、シンプルに生きるって難しいものね、と。

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/