読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

シミや日焼けを促す光毒性を起こさないためのコツを押さえておきませんか?

f:id:hiiragi1111:20170515144914j:plain

陽射しも少しずつ強くなってきていますね。

日焼け止めを春夏用のものにシフトされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日焼け止めを丁寧に塗っているけれど、日焼けをしやすい、シミができやすい、

赤くなりやすい、と感じている方。

日焼けは避けたいけれど、肌が弱くてSPFの高い日焼け止めを使うことに抵抗がある方。

今年は、シミや日焼けを促してしまう「光毒性(ひかりどくせい)」という視点から

お肌のことを覗いてみませんか?

 

|光毒性(ひかりどくせい)とは何かしら?

アロマオイルを嗜んでいる方は見聞きする言葉だと思うのですが、

光毒性(ひかりどくせい)というのは、食べ物の成分や肌につける成分が紫外線に当たることで化学反応を起こし、それ程日光に当たったわけでもないのに肌にダメージを与え、日焼けをしたような状態やシミなどを作ることです。このような作用のことを光毒性(こうどくせい)と呼びます。今回は、この光毒性(ひかりどくせい)を引き起こす食べ物や食べ方にフォーカスしたいと思います。

f:id:hiiragi1111:20170510154959j:plain

|光毒性(ひかりどくせい)を起こす食べ物とは何かしら?

近年、光毒性(ひかりどくせい)を引き起こすと言われている食べ物に共通して含まれているものはソラレンと言うもの。このソラレンを含むものを食べてから外出しますと、体内のソラレンと紫外線が化学反応を起こし、肌ダメージを引き起こすと言われています。このソラレンは主に、柑橘系のフルーツやキュウリ、パセリやセロリ、シソと言ったお野菜に豊富に含まれています。

夏はビタミンCをたっぷり摂ることも大切ですし、シソはアレルギー緩和の効果などもありますので、朝食時に欠かさず口にすると言う方もいらっしゃるでしょう。これらのフルーツやお野菜は体にとって必要な栄養であることには変わりありませんので、摂取するタイミングのコツを掴んで栄養を上手にお肌と体に届けましょう。

f:id:hiiragi1111:20170510155022j:plain

|ソラレンを含む食材を摂取するベストタイミングはいつ?

光毒性(ひかりどくせい)を引き起こすと言われているソラレンを食べ物で摂取した場合、体内に取り込んでから2時間ほどで全身に届くと言われています。ですから、1日外で過ごす日や通勤やお子さんを送っていく時などの朝食には出来るだけソラレンを含まない食材を選ぶことがポイントです。そして、紫外線が強くなる時期は柑橘系のフルーツやキュウリ、パセリやセロリ、シソと言ったお野菜は夕食時に摂ることで、お肌へのダメージを防ぎ、フルーツやお野菜に含まれるビタミンやミネラルも無駄にすることなくお肌と体に届けることができます。

f:id:hiiragi1111:20170515144950j:plain

このようなお話を見聞きしますと、

一時的に「こうしなくてはいけないんだ」と感じてしまうことがあるかもしれませんが、

決してそうではありません。

フルーツやお野菜には体に必要な栄養素がたっぷり含まれていますし、

朝食にフルーツやお野菜を摂ることも体に嬉しい効果がたっぷりです。

ですから「こうしなくてはいけない」と知識で自分を縛ってしまうのではなく、

今日は1日中外で過ごす日だから柑橘系のフルーツは夜のお楽しみにしようかな、とか、

昨日はうっかり日焼けをしてしまったから、

暫くの間、朝食はソラレンが入っていない他のフルーツやお野菜を食べて

お肌をクールダウンさせてみようかな、といった風に、

ポジティブな気持ち、楽しむ気持ち、自分の体を労わる気持ちで

知識を活かしていただければ嬉しいです。

日々の暮らしの中で、色々なことを、様々な視点で、一緒に楽しんでいきましょうね。

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/