読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

耐震ジェルパッドの意外な使い方とは?

f:id:hiiragi1111:20170513140240j:plain

靴を履くと足のあちらこちらに傷を作る私。

オーダーメイドの靴ではない限り、多少の不具合は仕方がないと思っている。

それならばと、自分の足に必要なジェルパットなどを各種取り揃えておき、

自分の足と靴の微妙な関係をピタッと寄り添う良い関係へと変えている。

自分の足がどのような時にどこが、どのくらい痛くなるのか分かってしまえば、

対処法も予防法も見えてくる。

靴を選ぶ際に妥協しても良い部分と、妥協してはいけない部分の判断の精度も上がり、

準備しておくべきアイテムも絞ることができる。

対処や予防の手際がよくなった結果、

自分好みの様々な靴をストレスフリーで楽しむことができているように思う。

「このようなタイプの靴を履くと足が痛くなる」という理由で

あるタイプの靴を潔く選択肢から外すことも一つではあるのだけれど、

本当はトライしてみたいという気持ちを抑え込んでのことであるのなら、

少しばかり、もったいないような気もする。

どのようなことも、本人の捉え方、考え方次第で広がったり狭くなったり、深くも浅くもなる。

それならば、色々と試してみてからでも遅くはないような、と思うのだ。

世の中には様々なアイテムやアイデアで溢れているため、

自分のアンテナに引っかかったものは試してみるようにしている。

 

前置きが長くなってしまったけれど、

今回は、ヒールに高さのある靴を履いた時に出る足の痛みを緩和して、

足を痛くすることなく長時間過ごすための方法のお話です。

用意するものは100円均一ショップなどにある耐震パッドのジェルタイプのものです。

テレビの下や、ちょっとした家具やPCの下などに敷いて衝撃を吸収する、あれです。

まず先に、どのように使うのかご紹介しますね。

f:id:hiiragi1111:20170513140259j:plain

【手順とコツ】

パンプスの踵より少し下がった部分に、耐震パッド(ジェルタイプ)を貼るだけです。

ジェルパッドは柔らかいのでハサミを入れることも可能です。

サイズ調節が必要であれば、大体の位置を決めた後にカットしてください。

ジェルパッドの厚みにもよるのですが履いた直後は、

靴がきつくなったような感覚があるのですが、

耐震ジェルパッドは重さを受け止めて形を自在に変えますので、次第に自分の足に馴染みます。

 

このジェルパッドは、靴と足をピタッと固定します。

足と靴を一体化することで靴と足の形がフィットしていないことで起こる、

靴の中の隙間を足が動くこと(擦れること)を防ぎます。

もともと、耐震用のジェルパッドですので歩くことで起きる衝撃もジェルパッドが吸収してくれます。

この2つのポイントが、足の痛みを防いでくれというものです。

足が前に滑れば指先に不要な力を込めてしまいます。

そうすると本来ならば靴に当たらないはずの場所が当たり、

痛みや靴擦れを起こすこともあります。

足が浮腫みがちで少し大きめサイズの靴を履いている方も、

もしかしたら足に不要な力が入っていることが原因で

靴擦れや足の痛みを感じていることも考えられます。

自分に合わなければ本来の耐震パッドとして使えば良いだけですので、

ヒールに高さがある靴を履く日の足の痛みを緩和したい方は

一度、お試しされてみてはいかがでしょうか。

f:id:hiiragi1111:20170513140328j:plain

私は普段から靴専用の各種ジェルパッドを愛用していますので、

今回の耐震用のジェルパッドを使う方法は、

すぐに腑に落ちましたし、貼る位置もすぐに定まりました。

試して感じたことは耐震用に作られているジェルパッドというだけあって、

歩くときの衝撃吸収力は想像以上に太鼓判を押せるということ。

これからは、耐震用ジェルパッドも常備して上手に使っていこうと思ったところです。

 

目の付け所に感心した私は情報の出所を探りました。

女性専用治療院:気功カイロ施術院の高田祐希院長が立案者ということでした。

体のことを知り尽くしているプロフェッショナルで、

女性の事情も分かっていらっしゃる。

そして、私たちの身近にあるリーズナブルなアイテムと

体の健康を結びつけることができる視点に惚れ惚れしたところです。

今日も健やかな足で軽やかに力強く新しい一歩を。

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/