幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

低気圧に影響して起こる気象病とは何かしら?

f:id:hiiragi1111:20170607153724j:plain

梅雨入りすると低気圧による影響で不調を感じる方がいらっしゃいますが、

皆さんはお変わりありませんか。

ゲリラ豪雨も珍しいものではなくなり、気象の変化が目まぐるしい昨今、

気象病(天気病とも)と呼ばれる症状に悩む方の数が右肩上がりなのだそう。

気象病(天気病)とは、気圧や気温の変化によって起こる体調不良のこと。

体調不良と言っても起こる不調は人それぞれで、

頭痛(片頭痛)や眠気、体の浮腫み、めまい、胃腸不良、関節痛、肩こり、

倦怠感、イライラ、意欲の低下、不安感、古傷の痛みなどの様々な症状が表れます。

症状だけでなく度合いも人それぞれで、

気圧の影響を受けない方から見れば、怠けているだけのように見えることもあり、

周りに分かってもらいにくい症状だとも言われております。

何となく気候の変化が体に影響を及ぼしていると感じていても、

仕組みが分からないと余計な不安を抱いてしまうこともあるものです。

この機会に、気象病(天気病)の仕組みをさっくりと確認しておきませんか。

 

|気象病(天気病)は、体内で何が起こっているのかしら?

気圧が低くなりますと大気が体を圧迫する力(押す力)が弱くなります。

そうしますと、普段は大気によって押さえられていた体や血管がぼわっと膨張します。

血管は体中に張り巡らされておりますが、

普段よりも膨張した血管が頭蓋骨や脳を押すような状態になることが原因となり、

頭痛、その他の不調を引き起こすのだそう。

また、血管が膨張するということは、

普段よりも血の巡りが良くなることから血圧が下がるのですが、急激に下がってしまうため、

体が血圧の変化について行くことが出来ず、めまいや倦怠感を引き起こすようです。

 

このような症状の多くは、元からある本人の体質によるものが大きいそうなのですが、

中でも自律神経が乱れがちな人は症状が出やすいようです。

女性はホルモンバランスの変化が著しいため、

自律神経が影響をうけやすく、気象病(天気病)が起こりやすいと言われております。

忍び寄る不調に不安でいっぱいになる前に、

女性の体は気象や天気の影響を受けやすいものだと理解した上で、

まずはひと呼吸ついてみましょう。

 

|症状を緩和する方法はあるのかしら?

いくつかの見解があるようですが、

低気圧による不調を緩和するのに有効なのは、血行をよくすることだと言われています。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われておりポンプの役割を果たしていますので、

無理の無い範囲内で、ふくらはぎや太ももなどを気持ちよく伸ばすようなストレッチ、

屈伸などをして、血の巡りを良くするのも良いと言われております。

一般的に、このように言われてはいるのですが、

中にはストレッチをするよりも安静にしておく方が体調の回復が早い方もいらっしゃるようです。

血の巡りを良くすることをするにしても、ご自分の体の声を聞きながら

気象病(天気病)対策をしてみてくださいませ。

f:id:hiiragi1111:20170607153745j:plain

私は、症状が色々と当てはまっていたこともあり、4、5年程前だったでしょうか。

気象病(天気病)に関するお話しを聞く機会があったのです。

そこでストレッチが症状緩和に繋がると教えていただき、

ストレッチを以前よりも意識して行うようになりました。

目的は様々だったこともあり、特に気象病(天気病)対策をしたという訳ではなかったのですが、

気付けば低気圧による体の不調を感じることがグッと減り、

最近は気圧の変化も季節の変わり目もノーストレスで過ごすことができております。

もし、我慢してやり過ごしているという方がいらっしゃるのであれば、

テレビを見ながら軽くふくらはぎをマッサージしてみるのはいかがでしょうか。

マッサージが面倒ならば、寝る前にベッドで仰向けになり、

脚を天井に向けてグーッと押し上げるように伸ばしてみるだけでも違いますよ。

自分の体が気持ち良いと感じるのは、体が喜んでいるサインです。

今年の梅雨は雨音を聴きながら体を喜ぶサインを感じてみてはいかがでしょうか。

今日も、ここへ足を運んで下さった皆さんが健やかでありますように☆彡

画像出典:https://jp.pinterest.com/