幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

肩コリや頭痛の原因はストレートネックではないかしら?

f:id:hiiragi1111:20170929162500j:plain

肩コリや頭痛などの症状がある状態が当たり前になっている女性がとても多いように感じます。

様々なケアを試されている方も多いと思うのですが、

その症状の原因を探ることには、

なかなか時間を割くことができていないのではないでしょうか。

症状が同じであっても原因が異なるのであれば、

症状を緩和させるためのアプローチを変えた方が、

より効率よく、快適な状態に戻すことができると思うのです。

ですから、幸せのレシピ集では、ひとつの症状を改善させるためのきっかけ作りとして、

様々な視点からお話させていただいております。

 

ケアそのものにも合う、合わない、続けやすい、続けにくいがありますし、

原因によっては結果が出た、出ないといった個人差も生まれます。

症状と情報を照らし合わせてみる中で、実際にケアを試してみる中で、

自分の体から出ている様々なサインを感じて

自分に合ったケアを見つけるコツを掴んでいただければ、と思います。

痛みや小さな不調に慣れて、感覚が麻痺していきますと、

知らぬ間に気持ちまでもが麻痺していきます。

素敵なことや幸せなことが目の前にやってきているのに、

それを思いっきり感じることができないのは、もったいないように思います。

小さな不調は小さなうちに吹き飛ばして、日々を欲張って楽しみませんか。

 

今回は、肩コリや頭痛、首や肩甲骨辺りの痛み、張り、手や腕が痺れ、

といった症状を引き起こす原因のひとつだとも言われている

ストレートネックを覗いてみたいと思います。

柊希の脳内整理も兼ねておりますが、お時間ありましたら、お付き合いくださいませ。

f:id:hiiragi1111:20170929162527j:plain

私は仕事柄、1日の大半をパソコンやスマートフォン、タブレットと過ごしていることもあり、

アロママッサージや鍼へ行きますと、必ずストレートネックを指摘されるのです。

そこで耳にするのは、職業に限らず、

現代人のライフスタイルに欠かせなくなりつつあるスマートフォンやパソコンは

ストレートネックを招きやすいアイテムだというお話です。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどを覗く時間が多いと感じている方、

そう言われてみると、ちょこちょこ覗いているという方は、

枕に手を加えて、寝ている時間を利用してストレートネックをケアしてみてはいかがでしょう。

f:id:hiiragi1111:20170929163733j:plain

もともと私たちの首は、体の左側から見た場合、

ひらがなの「く」のような形をしており、緩やかなカーブ状になっています。

このカーブが、6キロほどある大人の頭を

体への負担を最小限に抑えつつ支えてくれるのに適した形なのだそう。

ですが、現代人のライフスタイルに欠かせなくなったスマートフォンやパソコンを使う際、

私たちは前かがみになっていることが多く、

体への負担を最小限に抑えてくれるはずの、

「く」の形をした緩やかなカーブを無くしてしまっているのです。

背骨から首の骨が一直線になる様子から、

この状態は、ストレートネックと呼ばれているのですが、

この状態になりますと頭の重さが4倍ほどになるのだとか。

単純に計算すると24キロの重さを首に乗せ続けていることになり、

筋トレの域を超えるレベルです。

この状態が、先程例を挙げました症状を引き起こしてしまうのです。

不調を解消するためには、スマートフォンやパソコンを使う際、

できるだけ負担がかからない姿勢をキープすることが大切なのですが、

そこまで気を配っての生活はなかなかできません。

そこで、寝ている時間を利用して首をケアします。

f:id:hiiragi1111:20170929164609j:plain

どうするのか簡単に言いますと、枕の高さを低くして寝るだけです。

ただ、これ。

一度、枕の高さを高くして眠ることに慣れてしまっている方は、

落ち着かず非常に眠りにくいのです。

ですが、高さの高い枕はストレートネックを悪化させることもあるのだそう。

想像していただくと分かるかと思いますが、

先程お話したように首の緩やかなウェーブ、「く」の形が崩れてしまうことが原因です。

そしてもう一つ、スマートフォンやPCは頻繁に使わないけれど、

毎晩、高さの高い枕で寝ていることが原因となってストレートネックになり、

肩がこっているというパターンもあるのです。

ご自分のライフスタイルや癖から、この辺りをセルフチェックしてみてくださいませ。

f:id:hiiragi1111:20170929162627j:plain

高さの低い枕に買い替えても良いのですが、

寝にくくなって睡眠不足になっては枕も無駄になってしまいます。

まずは、お家の中にあるものを使って無駄なくケアしましょう。

タオルやバスタオルを数枚重ね、眠ることができるくらいの高さを作ります。

少しずつタオルの枚数を減らしたり、タオルの折り畳み方を工夫して高さを徐々に低くしていき、

できるだけ首の形が「く」の形を作ることができるように調節します。

できればフェイスタオルをクルクル巻いて筒状にしたものを

首の「く」の形の凹んだ部分に当て、サポートに使うと、

首の負担が減り、ストレートネックを改善しやすくなるようです。

 

私は毎日ではありませんが、

首から肩甲骨の辺りが鉄板を入れているみたいにガチガチになってきたら、

このタオル枕でケアをするようにしています。

1週間ほど続けますと、随分と軽くなるので助かっています。

本当は毎日ケアすると良いのでしょうけれど……。

ダメですね、調子が良くなると、つい手を抜いてしまいます。

これは私の経験ですが、ストレートネックはケアしないままで過ごしていると、

少しずつ症状が悪化し、めまいや吐き気を引き起こしますので、注意してくださいませ。

f:id:hiiragi1111:20170929163421j:plain

タオル枕は、お家にあるものでできますし、寝ている間にできるケアなので

肩コリくらい……と思わずに、気が向いた時や気持ちに余裕ができた時には、

できるケアを、できる分だけ、行ってみてはいかがでしょう。

いつも、柊希の脳内整理にお付き合いくださっている皆さん、ありがとうございます。

スマートフォンは欠かせないけれど、下ばかり向かずに、空も見上げてまいりましょ。

そして、今日も、お互いに口角をきゅっと上げて過ごしましょうね。

画像出典:https://jp.pinterest.com/