幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

“普段はしないこと”をしてみるとココロにあたたかい風が吹く。

f:id:hiiragi1111:20171116145352j:plain

歩いてすぐの距離ではあったけれど、

久しぶりにバスに乗ってみるのもいいかな。そう思って、バス乗り場のベンチに腰を下ろした。

背後にあった時刻表を、体を捩じらせながら確認すると10分少々の待ち時間だった。

10分少々もあれば、目的地のすぐそばまで行けるのだけれども、

その日は陽射しが柔らかくてベンチから動く気にはなれなかった。

行き交う人たちを眺めつつ空いているベンチ横に視線を落とすと、

赤や黄色に色づいた落ち葉が落ちていた。

座る人が掃うだろうと思ったけれど手持ち無沙汰も手伝ってか、

気付いた時には落ち葉に手を伸ばしかけている自分が居た。

そのまま払い落とすには惜しい気がして、何となく、

拾いあげた落ち葉をベンチの空いたスペースに、顔のように並べてみた。

落ち葉でできた笑顔に陽射しが当たって、我ながらいい出来栄えだ!と心の中で自画自賛する。

そろそろベンチに座る人がいるかもしれないから、さり気無く落ち葉を掃い落そう。

そう思ったとき、ランドセルを背負った子どもたちがやってきた。

掃い落し損ねた私は、何ごとも無かったかのように目線を遠くに向けた。

すると、一人の女の子が「これ笑ってる」と葉っぱの顔に気付いたのだ。

あ……、バレた。そう思った。

それでも知らん顔をしていると、

誰が作ったのかな?妖精じゃない?風の妖精。葉っぱの妖精じゃない?

あのハトが作ったのかな?とベンチのそばにいるハトを指さすなどしていた。

ここまで想像が膨らんだ子どもたちの前に「ワタシです」と名乗り出るのは野暮だし、

不審者扱いされるのも困ると思い、遠くを見ながら会話だけ聞かせていただくことにした。

すると、茶色のランドセルが似合う女の子が、私の太ももをちょんちょんと可愛らし手でノックした。

ん?

出来るだけ冷静に、大人の空気を出しながら彼らの方を向いた。

「この葉っぱのお顔、いつからありましたか?」

「ん~、いつからだろう?」そう答えた。

すると、「やっぱり妖精じゃない?」とヒソヒソ話が始まった。

ヒソヒソ話がひと段落すると、「これ、誰かが座ったら壊れちゃうから、みんなで持って帰ろう。」

そう言って、子どもたちは、葉っぱを分け合って握りしめていた。

きっと、家へ帰りついたら妖精が作った顔があったというエピソードを話しながら、

パパやママに、あの落ち葉を見せるに違いない。

あんな風に大切に扱われたら、

夢の中で落ち葉の妖精たちに会えるんじゃないかしら、と思ったりなんかして。

“普段はしないこと”をしてみると、ココロにあたたかい風が吹くようだ。

f:id:hiiragi1111:20171116145439j:plain

画像出典:https://jp.pinterest.com/