幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

雛人形にも第二の人生があるようだ。

ひな祭りのお飾りとして準備した生け花を片付けた。 暖冬の影響か、私が部屋を暖めすぎていたからなのか、今年の春告げ花たちは駆け足で咲き散っていった。 あっという間だったけれど、春色や各々の甘い香りなど十分に楽しませてもらったように思う。 うさぎ…

選択肢はひとつではない。

先日まで消毒関連の商品が完売していたドラッグストアに商品が入荷していた。 目立つところには、一人一点限りという貼り紙があったけれど、急ピッチで製造に取り組んでくださっている方々のおかげなのだろうと思った。 私のこの日の目的は目薬の調達だった…

ワット数違いもドンとこい。

気になっていたレシピを試してみることにした。 私の場合はズボラ癖が出てしまうのか、ざっくりとレシピを把握した後は、食材や調味料、それらの分量を自分好みにアレンジしまうことが多いように思う。 そして、そのようなとき。 いつだったか、タモリさんが…

スミレとアリの言葉なき契約と、遠い記憶と。

自宅近くに、まだ一度も入店したことがない天然酵母パンを専門に扱うパン屋がある。 お店の前を通ると香ばしいパンの香りに誘われて、ふらりと中をのぞいてみたくなるのだけれど、タイミングが合わず、そのうちにと思いながら数カ月が経っている。 シンプル…

アタリ卵から卵の旬を思い出す。

卵を割ったら卵黄が2個入っていた。 卵にアタリもハズレもないけれど、当たりくじを引いたような気分になり、卵黄を溶きほぐす手が止まってしまった。 手が止まったと言っても、ほんの一時ではあるのだけれど「今日の良いことトップ10」入りは確実である…

菜の花色をした公園案内人は不死身です。

中途半端に空いた時間を調整することになったのだけれど、人混みに飛び込む気にはなれず、大きな公園内を散策してから目的地へ向かうことにした。 いつもであれば、犬の散歩やウォーキング、ランニングにボール遊びなど、多くの人で賑わっているのだけれど、…

繋がっていた証の扱いも様々である。

へその緒って英語ある? 横断歩道ですれ違った方々から聞こえた声である。 日常会話の中では、登場回数が多いとは言い難いワードだったこともあり、正しく聞き取れていたのか自信はないけれど「へその緒」という英単語はあるのだろうか?と私も声の主に便乗…

目覚まし機能を備えた春雷って?

暖かい日、寒い日、パラパラと雨が降る日があったりもする、寒暖差激しいこの頃だけれども、ひと雨ごとに春が濃くなっているような気がして、季節が移り変わっていく過程はいいものだと思う。 その日は、立ち寄った書店で本を捲っていると「春雷(しゅんらい)…

気持ちは上を向いたまま、視線は足元近くへ。

街路樹の根元に、小指の爪の先ほどの小さな白い花が咲いていた。 管理会社によって植えられたものではなく、何処からか飛んできた雑草の種が、根を張り、芽を出し、咲かせた花である。 一つの存在に気が付くと、ここにも、あそこにもと、次々に白いそれが自…

頭の中が渋滞してきたら。

ぽっかりできた隙間時間は、出来るだけパソコンやスマートフォン、タブレットといった電子機器から距離を置きたいと思っている。 しかし、私の現実はと言えば、思ったそばから電話やメールが届いたことを知らせる着信音が鳴ったり、ちょっとした作業をスマー…

動き出した春に思ふこと。

手帳に印字してある七十二候は、春の兆しに誘われて草木が芽吹き始める頃を知らせる「草木萌動 (そうもくめばえいずる)」の時期に入っていた。 もうしばらくの間、地上にいる私たちはアウターを完全には手放せないように思うけれど、地中では既に気温が上が…

ドキリとする前に推測せよ!?

先週届けていただいた桃と桜、菜の花が着々と開花し始めた。 今回はお店の方のご厚意でピンク色のカーネーションも加えられており、優しい春の色合いがリビングを彩っている。 今にも開きそうなほどぷっくりと膨らんでいる桃の花の蕾はなかなか開かず、その…

シャチホコ夫婦のオシゴト。

車窓から見える景色を眺めていると、戸建ての屋根の端に立派なシャチホコを飾っているお宅があった。 車窓内を一瞬と言ってもいいような早さで流れた景色だったこともあり、私が目にしたものが本当にシャチホコだったのかを確かめる術がないまま月日が過ぎた…

あの方の幼少期に触れた日。

とある天満宮のそばにある信号機に足止めされていると、天満宮の敷地内から数名の学生服姿の少年が出てくるのが見えた。 この時季にお詣りをしているということは、受験を控えた学生だと思うのだけれど、一緒にお詣りにきた友人同士というような雰囲気はなく…

「暮らしを楽しむ」と「丁寧に暮らす」は近いところにある。 

ここ最近、春のお弁当をいただく機会が続いていたのだけれど、どれも丁寧な仕事ぶりが伝わってくる日本料理で全く飽きることなく堪能することができた。 小さな重箱を開けた時の、目に飛び込んでくる春の色合いは、期待感をしっかりと後押ししてくれるものだ…

玉ねぎと勢力図。

新玉ねぎが美味しい季節がやってきた。 玉ねぎは一年を通して、いつでも手に入る野菜だけれど、旬は春と秋。 しかし、2回も旬があるというのに、春に目にする新玉ねぎの方が数割増しで美味しそうに見えてしまうのは、スプリングマジックだろうか。 そのよう…

ある日の光景と、柔軟な視点でポリ袋を使う話。

先日、とあるビル内に入ろうとしたところ、入り口に設置してあった消毒液を、マイボトルと思しきプラスティックボトルに移し替えている女性を見かけた。 一瞬、係の方が作業中なのかしらと思いかけたけれど、女性の横には小さな女の子が寄り添っており、胸の…

隠元さん、役者さんのようではありませんか!!

『今日は○○の日』というものがある。 意味深い日や感慨深い日もあるけれど、語呂合わせや遊び心で決められた日、大人の思惑が見え隠れする日など様々だ。 しかも、この『〇〇の日』は年々増えているような気がしており、つい、また語呂合わせか何かで定めら…

カイロで思い出す冬の記憶の一ページ。

使用期限が迫っているカイロを積極的に消費中の今季、改めて日本の便利さに感心している。 このような便利アイテムを手軽なお値段で購入できる国はそう多くはない。 私がかつて住んでいたイギリスの冬は寒く、冷たく、薄暗く。 気を抜いてしまうと、魂まで抜…

廃棄食材がお洋服と出会うまで。

既にあちらこちらで寒桜ではない桜が咲いていると見聞きする今年は、早春をゆっくりと楽しむ間もなく、本格的な春がやってきそうな勢いだ。 先日は、街路で沈丁花を見つけた。 まだ、微かにそれだと分かるほどの香りしか放っていなかったけれど、あと数日も…

10種15個と口上師。

片付け忘れていたお正月飾りの打ち出の小槌に気が付いたのは数日前である。 飾っていた空間に馴染みすぎていたのだとしても、艶やかさをもったそれを見落とすなどあるだろうかと、狐につままれたような気分になった。 せっかくなので小槌をひと振りし、「ま…

アンティークで繋がった日。

この時計も、こちらの時計も止まっている。 ジュエリーボックスを覗き込み、時計の健康診断とも言えるオーバーホールに出さなくてはと思いながら、数カ月が経過しているそれらを取り出しショップへ向かった。 どの時計も、年を重ねる中での節目、節目に私の…

古い道具から繋がる三種の神器。

考え事をしながら歩いていると、カチカチッ、カチッカチッと聞きなれない音がした。 その音の正体を突き止めようと、ひと目に怪しい人物だと映らない程度に辺りを見回すと、内装工事中の店舗の外で作業員の方々が石で石を叩き崩しているところだった。 素材…

季節の変わり目に感じるストレス対策にはこれを。

手帳に幾つかの予定を書き込みながらハッとして、和装うさぎの雛人形を取り出した。 そのまま飾るのは、ちょっと間が抜けた印象になってしまうので、漆塗りの祝い盆に乗せてリビングに飾るのが柊希流である。 仰々しいものではないのだけれど、大切にしてい…

春を前に、内祝いの意味とお作法をセルフチェック。

ご祝儀袋を探しに行った。 自宅に数枚のストックがあったのだけれど、どれも贈る相手のイメージに合わないように感じたものだから、しっくりとくるものを探し求めてふらり旅、である。 今回は、カジュアルな場で渡すことになるため、基本のお作法は抑えつつ…

停電と冷蔵庫と保冷剤と。

冷蔵庫の中身が少なくなったタイミングを見計らって庫内を拭きあげた。 仕上げに使用するのは、食品にかかっても害がない類の除菌スプレーだ。 この日私が使用したものは、パストリーゼ77という商品名で販売されているもので、酒造会社によって作られたアル…

「あたりばち」と「言霊の幸わう国」。

キッチンツール売り場で探し物をしていると、「あたりばちは無くてもいいんじゃない?」「あたりばちはいるでしょ」と、母娘であろう女性たちの声が聞こえてきた。 「あたりばち」とはなあに? お目当てのものに出会うことができず、その場を離れようとして…

興味深い存在を喰らう春。

春告げ食材のひとつであるホタルイカの旬がやってくる。 早いところでは、既に旬のホタルイカを口にし始めた頃だろうか。 ホタルイカは、親指ほどの背丈をしたイカなのだけれど、最近知った話によるとホタルイカは春に生まれ、一年という時間を過ごした翌年…

「花笑む」デビューのチャンス到来。

必要に迫られて万葉集に目を通していたのだけれど、お目当てのものに辿り着くことができずにいたところ、百合の花を詠んだ歌に目がとまった。 万葉集には、様々な花が登場するけれど百合の花は登場回数が多い花のひとつだ。 今のようにフラワーショップがあ…

セルフ避難訓練。

先日、ベランダに備え付けてある避難はしご(避難ハッチ)の定期点検が行われた。 特別な準備など必要ないという思いから、紅茶を飲みつつ資料整理をしながら順番を待っていたのだけれど、外が慌ただしい気配を帯び始めた頃になって、ガーデンテーブルなどが上…