読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

誕生石|9月生まれの誕生石サファイアの紹介。 

天然石 誕生石

f:id:hiiragi1111:20160830154643j:plain

幸せのレシピ集では毎月、

その月にお誕生日を迎えるレディの皆さんをお祝いする気持ちを込めまして

いくつか定められている誕生石の中から天然石を1つ選んで、

その天然石に因んだ様々なお話しを少しずつご紹介しています。

今回ご紹介する9月の誕生石・サファイアも古より

多くの人々に愛され、大切にされてきた石のひとつで様々なエピソードも持っております。

サファイアが誕生石である方も、そうでない方も、

大人のひと息タイムに、のんびりとお楽しみくださいませ。

 

サファイアと言えば、石の中に吸い込まれてしまいそうな程に美しい青が印象的です。

古代ペルシャの人々は、あの青を目にしたとき、

大地は巨大なサファイアの上に乗っていて、

空の青さはサファイアの青が映し出されているのだと感じたのだそうです。

そこから、サファイアは「大地を支える石」だと考えられていたのだそう。

f:id:hiiragi1111:20160830161012j:plain

古の人々も、青の色に魅了されたのでしょうね。

旧約聖書の時代には、「サファイア」という名は今のサファイアを指すものではなく、

ラピスラズリなどの青い石を指す言葉として使われていました。

ですから、旧約聖書に出てくるサファイアは、私たちの知っているサファイアを指しているとは限らないようです。

 

その後は時代を経る中で再び、私たちが知るサファイアの事を指す言葉となり

サファイアは賢者と聖職者の石とされ

ヨーロッパでは聖なるシンボルとして聖職者はサファイアを身に着けるようになりました。

代々ローマ法王や大司教などの手をじっくりと観察してみると、

サファイアの指輪を身に着けていることが分かります。

 

このような歴史を歩んでいる凛とした深みある青色を持つサファイアにも石言葉があります。

それは、誠実、愛情、心理、慈愛、貞操と言ったもの。

石言葉から現在でも永遠の愛を誓う結婚指輪に使う石として選ばれる方も多いのです。

そういえば、今は亡きイギリスのダイアナ王妃が

チャールズ皇太子から贈られた婚約指輪にもサファイアが付いていましたね。

f:id:hiiragi1111:20160830161108j:plain

石言葉だけではなく、パワーストーンとしての作用が働いたのでは?

とも思えるエピソードも残っております。

それは、幸せのレシピ集でも登場したことがある

フランス皇帝ナポレオンの奥様、ジョセフィーヌのお話し。

彼女は浮気者で浪費家だったと言われているのですが、

サファイアを手にした途端に、とても献身的な良妻になったのだとか。

f:id:hiiragi1111:20160830161621j:plain

また、皆さんも一度は読んだことがある

童話オスカー・ワイルドの「幸福の王子」にもサファイアは登場し、

サファイアは永久の平和を願う人が持つにふさわしい宝石だとされています。

このようにサファイアは、人々を幸せに導き、寄り添ってくれる石として大切にされています。

 

まだまだ興味深いエピソードがたくさんあるのですが、

エピソードの続きはまたの機会にして、色について覗いてみませんか?

サファイアと言えば青い石だと思われている方が多いかと思いますが、

サファイアははコランダムと呼ばれる鉱物のことで、

コランダムの中で赤いものをルビー、

青いもの、それ以外の色のものをサファイアと呼んでいます。

ですから、ルビーとサファイアは同じ石ということになります。

 

そして、青いもの以外の色もあるの?と思われた方。

そうなんです、サファイアは青のトーンも様々ですが、

それ以外にもとてもたくさんのカラフルな色を持っている石なのです。

f:id:hiiragi1111:20160830161744j:plain

f:id:hiiragi1111:20160830161809j:plain

コーンフラワーブルー(矢車菊)の花の色をした

上品で優しくて柔らかなブルーをはじめとして、

ロイヤルブルー、カワセミのブルー、インクブルー、ピンクサファイア、

イエローサファイア、バイオレットサファイア、グリーンサファイアとマルチカラーです。

f:id:hiiragi1111:20160830161832j:plain

また、極めて産出が少ないことから、

幻のサファイア、サファイアの王だと言われているものは、

ピンクでもオレンジでもなく、そのちょうど中間の色合いで透明度が高く、

「パパラチア・サファイア」と呼ばれています。

パパラチアとは蓮の花という意味で、

その名のとおりピンクとオレンジの塩梅が絶妙な色をしています。

f:id:hiiragi1111:20160830162006j:plain

色の種類も豊富なサファイアですが、少し個性的なものもあります。

サファイアの表面に3本の光の線が交差し、

それが星のように見えるスターサファイアという石です。

この3本の線には、希望、信頼、運命の意味があり、

スターサファイヤは「運命の石」、「勝利の石」と呼ばれており、不思議な逸話が多く残っています。スターサファイヤはお守りとしての力が大きいと言われており、

石の持ち主が変わったとしてても最初の持ち主のことを忘れることはなく、

ずっと守り続けると言われている献身的な石です。

 

先に挙げた「コーンフラワーブルー」と呼ばれるサファイアですが、

こちたは残念なことに約100年前に鉱脈が枯れてしまい、

その後も新しい鉱脈が発見されていないため、市場では桁違いの値がついています。

きっと、鉱脈が見つからなければ更に貴重な幻の石となっていくでしょうね。

このように、天然石には限りがあります。

サファイアでなくても、お手元にある天然石は大自然からのギフトですので、

可愛がってあげてくださいませ。

 

最後に、サファイアが持っていると言われているパワーストーンとしての効果と

お手入れの注意点も書き添えておきますね。

サファイアは仕事や日常の中での目標を達成する意思や

流されない自分をサポートしてくれたり、

金運、勝利運、カリスマ性、仕事に対して積極的な気持ちをサポートしてくれたり、

集中力や直観力を高めて持ち主に必要なチャンスを掴めるようにサポートしてくれる。

などと言われています。

 

サファイア自体は取り扱いが楽な石なのですが、

硬度が高いため他の石とぶつかってしまうと、

他の石を傷つけてしまうことがあります。

保管する際や、他の石のアクセサリーと重ね付けされる際にはご注意ください。

 

ここへ足を運んでくださっている9月生まれのレディの皆さん、

お誕生日おめでとうございます。

あなたの新しい1年に沢山のHappy & Smileが降り注ぎますように☆彡

f:id:hiiragi1111:20160830154808j:plain

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/