幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

読書気分で要点だけをつまみ食い|ハロウィンに欠かせないジャック・オー・ランタンが持つお話をご存知ですか?

f:id:hiiragi1111:20161006181845j:plain

先日、「今更なのですが、ハロウィンとは何ぞや?」というタイトルの元、

本来のハロウィンについてご紹介させていただきました。

その時にも登場した、かぼちゃで作るジャック・オー・ランタンのことを覚えていますか?

カボチャにはお守りの意味があり、

カボチャのランタンは悪霊から守ってくれると言われているため

ハロウィンには欠かすことができないアイテムの一つだという、あれです。

実はこのジャック・オー・ランタンの存在は、アイルランドの民話が元になっているのです。

今回は、私と一緒にジャック・オー・ランタンの謎を探りに

民話の世界を覗いてみませんか?

f:id:hiiragi1111:20161006181959j:plain

さてさて。

ある所に口が悪くて行いもよろしくない上に怠け者でズル賢い、

という眉をひそめてしまいたくなるようなジャックという名の男がおりました。

ジャックはある時、悪魔を捕まえる為に罠を仕掛けるのです。

悪魔を捕まえて一体何をしようというのか!?

ジャックは悪魔を捕まえると大胆にも、

「俺を地獄に落とさないと約束するまで、ここからお前を出してやらない」と言い放ち、

悪魔を罠に閉じ込めたのです。

 

どのような罠だったのかは定かではありませんが余程の罠だったのでしょう。

悪魔は観念し、「ジャックの魂は取らない」という契約を交わします。

ジャックは、「やったぜ!俺は死んだとしても地獄へは落ちない!」と浮かれるのです。

 

しばらくしてジャックは死んでしまいます。

人は死ぬと聖ペテロが居る死者の門へたどり着くと言われております。

聖ペテロは、死者の門に辿り着いた者たちのこれまでの行いを見定め、

天国行き、地獄行きを決めるのです。

悪行の数々を行ってきたジャックも死者の門へ辿り着いたのですが、

ズル賢さを使い聖ペテロを騙し、なんと生き返ってしまうのです。

皆さんも、薄々感づかれていることと思いますが、

このジャックが生き返った後に真っ当な道を歩むわけがありません。

反省の色など見せることなく悪行を行い続けて寿命を全うするのです。

 

そして、再び死者の門で聖ペテロと顔を合わせたジャック。

もちろん、全てを知っている聖ペテロがジャックの天国行きを許可するはずもありません。

通常であれば地獄行きが確定するところなのでしょうけれど、

ジャックは悪魔と契約を交わしています。

そう、「悪魔はジャックの魂を取らない」という契約です。

ですから、ジャックは天国へ行くことも、地獄へ行くこと出来ずに、

何もなく、何処でもない、ただ暗いだけの闇の中を彷徨い続ける事になったのです。

 

このような状態のジャックを不憫に思ったのか、

契約を交わした悪魔はほんの少しだけ地獄火をジャックに与えます。

ジャックはくり抜いたカブに地獄火を入れランタンにし、

天国でも地獄でもない場所を永遠に彷徨い続けているのです。

f:id:hiiragi1111:20161006182222j:plain

このお話から、悪魔に自分の魂を取らせずに追い払ったジャックを表すものとして、

ジャック・オー・ランタンがつくられるようになりました。

そして、時代を経る中でそのランタンは悪霊を追い払うものとして使われるようになったようです。

え?カブじゃなくてカボチャの間違いでは?

と思われた方がいらっしゃると思うのですが、

ヨーロッパではこのランタンは、お話の通り、カブで作られていました。

しかし、先日お話した歴史的背景の中でハロウィンが形を変えてアメリカへ伝わった際に

カブもカボチャに替えられ、世界中に広がり、

今ではカボチャで作るジャック・オー・ランタンが主流です。

f:id:hiiragi1111:20161006182501j:plain

我が家は、さりげなくではあるのですが、

リビングやダイニングにハロウィンオブジェを配置し、ハロウィンムードを味わっております。

そして毎年1度は観ているティムバートン原案・原作のミュージカルアニメーション、

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』をどのタイミングで楽しもうかと計画中です。

作品をご覧になったことが無い方でも、

作中のキャラクターは見かけたことがあるのではないでしょうか。

この作品は、ハロウィンからクリスマスまでじっくりと楽しむことができる内容ですので、

興味を持たれた方は、これからクリスマスにかけていかがでしょうか?

ハロウィンも様々な角度から覗き込んでみると、

思わぬストーリーに出会えるものですね。

ジャック・オー・ランタンを見かけた際にはチラリ、

今回のお話を思い出していただけましたら幸いです。

f:id:hiiragi1111:20161006181727j:plain

※音声が出ますので閲覧環境にご注意下さいませ。

出典:YouTube ディズニー・スタジオ公式チャンネル

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/