幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

あなたのワキのお肉は大丈夫?薄着になる前に一緒に確認しませんか?

f:id:hiiragi1111:20160208091623j:plain

 

春の陽気に誘われて身も心もふわっと開放的になってしまいそうなのだけれども、

防寒という名のあったかアイテムに守られていたボディーが

薄着に戸惑ってしまうこと、ありませんか?

腕を出す季節までもうワンクッションある今の時期だからこそ、

お風呂に入る前に鏡の前で

自分のワキの辺りについたお肉をチェックをしてみませんか?

 

ワキにお肉がついてしまう原因がいくつかあります。

まずひとつめは、筋肉の衰えです。

これは、避けて通る事はできません。

筋肉の衰えによる「お肉」や「たるみ」をケアしようと思うと

常日頃から運動をして引き締めておかなくてはいけないことは

皆さんもご存知の通りです。

だけれども、突然過度な負荷をかけても

体は直ぐに思うようにはなりませんよね。

 

それならば、どうしてワキの辺りにお肉がついてしまうのか、

自分の原因を知って本格的な運動の一歩手前、

だけれどもとても大切な体質改善のところを見直して

ワキの辺りにお肉がつくことを防いだり、

今ついてしまっているお肉を引き締めたりしてみませんか?

 

それでは、筋肉の衰え以外の原因を探っていきましょうね。

ご自分の日常を振り返りながら確認してみてください。

 

【姿勢は大丈夫ですか?】

ワキにお肉がつく原因の一つに姿勢の悪さがあります。

気づかないうちに猫背になっていたり、

PC作業などで同じ姿勢をとっていたり、

冬の寒さで体がキュッと縮こまっていたり、

これだと、ワキの筋肉が硬くなってしまいす。

ワキにはリンパ節があります。

リンパ節は、老廃物を流してくれる大切な部分なのですが、

ワキが硬くなってしまうと血の巡りが悪くなり

老廃物がワキの周りに溜まってしまいます。

ワキの周りに老廃物が溜まると、

その老廃物を核のようにして脂肪、お肉がついてしまいます。

雪だるまを作る時のイメージに少し似ています。

 

本来流れるべき老廃物まで脂肪として体についてしまっているのはちょっと残念です。

ブラに乗ってしまったり、

はみ出したりしているお肉が気になる場合は、

血流を良くするために姿勢を正すようにしましょう。

胸を張って肩甲骨同士を背中の中央でくっつけるようなイメージです。

※この時に両肘を体の側面にくっつけて、腕ごとそのまま真後ろに引いてみてください。肩甲骨付近にある脂肪燃焼に効果的な細胞の燃焼スイッチが入ります。 

 

【インナー(ブラ)のサイズは合っていますか?】

最近、ブラのサイズを測ったのはいつですか?

自己判断でサイズを変更している場合も含めて、

一度プロにサイズを測ってもらうことをお勧めします。

ワキのお肉がついてしまう原因に、

サイズの合っていないブラをつけている場合があります。

本来のあるべき位置に体のお肉が留まる事ができないと

無理な位置で固定され、記憶されてしまうため

体のラインが崩れてしまいます。

体のラインが崩れるということは、

内臓も正しい位置に留まる事ができませんので

余計な負荷がかかりますので、冷え、その他の不調症状を引き起こす場合もあります。

今の自分にあったサイズのものを身に着けるだけで、

スタイルも体の不調も変化していきますよ。

是非一度、今の自分のサイズを確認しておきましょう。

 

f:id:hiiragi1111:20160208092500j:plain

 

さて、姿勢を正して自分の体にあったインナーを身に着ける。

ここまでの確認はできましたでしょうか?

最後に滞ってしまっているリンパを少しずつ、

だけれども確実に流して老廃物を取り除きましょう。

その方法は、過去記事でもご紹介しているのですが

肩甲骨をグルグル回して天使の羽をほぐすというもの。

ただ回すのではなく

大事なポイントをチェックしてしっかりと回してください。

 

太りにくい体質に改善しながら、

老廃物による浮腫みにもアプローチします。

それだけではなくて、ワキの辺りにお肉が付きにくくなってくると

自然に二の腕のサイズも変わってきます。

二の腕ケアの前に根本的なところを整えておくとケアの効果もアップします。

 

f:id:hiiragi1111:20160208092555j:plain

 

最初にポイントを押さえてしまえば、

ひとつの動作が色々な嬉しい効果を運んできます。

お肉を取るぞ~とか、

痩せるぞ~というのもいいのだけれど、

その前に、肩甲骨をグルグル回したときの気持ち良さを、体感してくださいね。

気持ちのいいことって続きますしね。

 

私もここでお話するだけではなくて、

今年の春夏のために、普段より丁寧に自分の羽をほぐしたいと思います。

さっ、みなさんもよろしければ、ご一緒に!

関連記事:

画像出典:https://jp.pinterest.com/