読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのレシピ集

cawaiiとみんなでつくる幸せのレシピ集。皆様の毎日に幸せや歓びや感動が溢れますように。

誰だって自分だけの魔法の言葉を持つことができるし、育てることができる。

f:id:hiiragi1111:20160823160113j:plain

少し休憩でもしようかしら。

ブルーライトをカットするPC専用の眼鏡を外してぐぐーっと背伸びした。

硬くなった天使の羽を簡単に解し、

シパシパする目に復活の水と勝手に名付けている目薬を点して

スマートフォン片手にリビングへと向かった。

向かう途中、私のお腹の虫がぐぅーと声をあげた。

ここのところ、私の腹時計はとても正確で、そろそろ夕食の支度をする時間。

まぁいっか、とハチミツを入れた甘いルイボスティー片手にソファーへ座った。

お腹の虫と一緒に、しばしのブレイクタイムだ。

こんな何気ないちょっとした瞬間が少し先の私のエネルギーになることを、

私は随分と大人になってから知ったような気がする。

がむしゃらに、体力任せに進むのではなく、

自分を信じて自分を思いやることも、とても大事なことなのだと。

いつだって、決めつけているのは自分自身。

仮に自分以外の誰かに決めつけられたことがあったとして、

それを採用するのか、採用しないのか、最後にそれを決めるのも自分自身。

ただ、「そんなこと知っている、でもそんな時間なんてない。」

と心の中で言い放っていた頃が私にはある。

今思い返すと日常の中の小さなことですら自分の意志で選び取ることが出来ずに、

自分に対して正論をまとったフリをして、

半ば言い訳のようにも聞こえるそのような事を心の中で言い放っていたのだと思う。

ちょっと不器用で、気持ちに余裕をなくしかけていた頃の私を

今は少し懐かしく、むず痒くて、愛おしくもあるのだけれど。

どなたかの言葉を借りるとするならば今の気分は、

思えば遠くへ来たものだ、と言ったところだろうか。

 

今の私の中には、いい意味で使う魔法の言葉、「まぁいっか」が在る。

投げやりでも、無責任でもない「まぁいっか」だ。

余裕を無くしそうな時ほど魔法の言葉と共に敢えてひと息。

今少し休んだって大丈夫。

エネルギー満タンになって気持ちに余裕ができて、きっともっと頑張れる。

だから、今少し休んだって、まぁいっか。という具合に。

 

言葉はいつだって使い方次第。

誰だって自分だけの魔法の言葉を持つことができるし、

育てることができると思うのです。

あなたにはありますか?自分だけの魔法の言葉。

つい自分で自分を追い込んで頑張りすぎてしまう、

そんな頑張り屋さんのあなたこそ、

自分だけの魔法の言葉を育ててみてはいかがでしょう。

今日のあなたに、ほっと一息つける時間がありますように☆彡

 

画像出典:https://jp.pinterest.com/